独立開業・起業

デイサービスのネーミングについてご紹介

投稿日:

この記事では、デイサービスのネーミングについて解説します。

これからデイサービスを開業しようと考えている方はご一読のうえ、お役立て頂けたらと思います。

 

 

デイサービスのネーミングのポイント

 

  • 覚えやすく、親しみやすい

事業所名を見た時、一回で覚えてもらえることが理想です。

難しい英語表記など、パッと見て理解しづらいものは印象に残らないため、避けたほうがいいでしょう。

  • どういう会社なのか分かる

介護事業を運営する企業であれば、「○○ケア」とするなど、事業内容を想起させる文言を入れることで、どういう会社なのかが分かりやすくなります。

 

 

ネーミングの外注先の選定ポイント

自ら会社名のネーミングを行うことが理想ではありますが、外注することも1つです。

ネーミングの外注先を選定するにあたり、着目すべきポイントが2つあります。

 

  • 実績

過去の実績についても確認します。

デイサービスのネーミング実績があれば、意見のすり合わせも行いやすいでしょう。

  • 再提案の有無

制作会社やデザイナーによっては、再提案などを行う場合に別途料金がかかることがあります。

事前に確認しておきましょう。

 

 

デイサービスのネーミングに関する法律

 

ネーミングを行うにあたり、同業で似た名前がないかを事前に確認しておきましょう。

外注でネーミングを行う場合、外注先が特許庁・法務局へ確認してくれることもありますが、念のため自分でも調べることをおすすめします。

ネーミングを行う際は、下記のことに法律面で注意する必要があります。

 

  • 公益に反するネーミング

例えば卑猥な文字を使用している、人種差別用語を使用しているなど、公序良俗を害すると判断されるネーミングについては公益に反します。

また、商品やサービス内容について誤解させるネーミングなど、道徳的に反するようなものも同様です。

デイサービスはじめ、介護事業は公益性の高い事業であるため、より注意しましょう。

 

  • 類似している商標

既存の登録商標と同じまたは類似しているネーミングは他者権利の侵害として指摘を受ける可能性があります。

また商標登録されていなくとも、同一地域同一業種で同様のネーミングを利用する企業がある場合には慎重な判断が必要です。

 

 

デイサービスのネーミングに必要な費用

 

  • ネーミング制作の費用

デザイン会社を例に挙げて説明します。

参考にしてください。

・低コストのプラン 16万円(提案ネーミング数20案前後、再提案は不可)

・標準プラン 32万円(提案ネーミング数20案前後、再提案は1回のみ)

・上位プラン 相談にて決定(提案ネーミング数20案前後、再提案1回のみ、商標登録も行う)

 

  • 商標登録を行う場合に必要な費用

商標登録は必須ではありませんが、ブランディングにも有効なので検討しましょう。

商標登録に必要な費用としては、以下のものが挙げられます。

・商標出願料 3,400円+(8,600円×区分数)

・商標登録料 28,200円×区分数(分納16,400円・5年分)

・更新登録申請料 38,800円×区分数(分納22,600円・5年分)

 

また書面で手続きを行う場合は、電子化の手数料が必要になることがあります。

電子化手数料は、1件につき1,200円と、書面1枚につき700円を加えた額となります。

 

 

まとめ

今回は、デイサービスのネーミングについて説明してきました。

ポイントを押さえ、費用や法律などよく理解した上で、事業所に合ったネーミングを行っていきましょう。

この記事を評価する

介護の開業を支援してくれる無料サービスを上手く利用することで、ご自身だけでは辛い開業準備も簡単に進められるようになります。 詳しくは、開業支援サービス(無料)の詳細をご覧ください。あなたにあった最適な開業支援をご提案いたします。

-独立開業・起業

執筆者:

関連記事

ショートステイ用のチラシを作るには?

高齢化で需要が高まる一方で、新しい施設は知名度が低かったり信用が足りなかったりすることで開業当初は利用者を増やすことが中々難しいです。 そのため、広報・営業活動が利用者獲得の鍵となってきます。 今回の …

訪問介護

訪問介護の指定基準とは?手順から注意点まで解説

介護事業を開業する上で気をつけなければならないのは、指定基準です。 指定基準を満たしていなければ、指定を受けることもできません。 今回の記事では、訪問介護の指定基準に関して解説していきます。 目次1 …

比較

サービス付き高齢者向け住宅をフランチャイズ加盟で開設するメリットとデメリットや費用相場

 介護事業に参入したいけれど、どの介護事業に参入したら良いか迷っている方必見!  サービス付き高齢者向け住宅は介護難民と呼ばれている人を減らす場所として注目されています。この事業は他の介護事業より開業 …

パンフレット

訪問介護のパンフレットを作るときに大切なこと

 高齢化社会呼ばれる今日、一人暮らしの方も増加傾向にあります。それに伴い、訪問介護の事業所も増えてきました。 数ある事業所の中から、目にとまり心に届くパンフレットとは、いったいどんなものなのでしょうか …

土地

介護商圏調査の実態について解説!

介護事業の開業を考えている皆様。 介護事業を立ち上げる際に最も重要なことの一つに「どこに立ち上げるか」があるかと思います。 商圏には、その地域の人口動態などさまざまな要因が絡んできますので、適切な商圏 …