独立開業・起業

デイケア事業におけるフランチャイズ加盟って実際どうなの?

投稿日:

機能訓練の重要性がますます高まる中、デイケア事業の立ち上げを検討されている方は多くいらっしゃるかと思いますが、フランチャイズに加盟しての開業を視野に入れたことはありますでしょうか。

フランチャイズ加盟によるデイケアの開業には、多くのメリットがあります。

この記事では、デイケア開業におけるフランチャイズ加盟のメリットから注意点までを詳しく説明していきます。

 

 

 

フランチャイズ加盟によるデイケア開業のメリット 

 

フランチャイズに加盟すれば、介護業界経験の浅い方や経営経験のない方でも、スムーズにデイケアの開業・運営を行うことができるメリットがあります。

これは、フランチャイズ本店の運営ノウハウを活用できたり、開業から事業運営までの一貫したサポートを利用できたりと、環境が整っているためです。

従業員や利用者からのフィードバックや試行錯誤からの学びの蓄積があるため、フランチャイズに加盟すれば、回り道をせずに実践的なノウハウを得ることができます。

 

 

デイケアのフランチャイズ会社の探し方 

 

自分が描くコンセプトに近しい会社をリストアップし、いくつかの観点から比較検討します。

比較するのは、ロイヤリティの割合や加盟金といった費用、実績、バックアップ体制などになります。

 

「ロイヤリティ」とは、加盟による恩恵の対価として利益の一部を支払うものです。

会社によって割合が異なりますが、売上の5〜15%がほとんどです。

ロイヤリティの割合が低くても、加盟金や研修費用が高く設定してある場合もあるので、加盟期間と合わせて、どれ程の期間でペイできるのかを総合的に判断しましょう。

 

 

フランチャイズ加盟によるデイケア開業の手順 

 

  • 問い合わせ、資料請求  

インターネットなどで情報収集し、加盟候補先を比較検討します。

候補を絞り込んだら、資料請求しましょう。

  • 説明会への参加

説明会に参加することで、収支モデルなどの具体的な事例について聞くことができます。

また、本店や既存加盟の事業所を見学することで、イメージが明確になるでしょう。

  • 事業計画を立てる

本店のサポートがあるとはいえ、自分で事業計画を立てることは重要です。

  • 資金計画を立てる

デイケアでは、物件取得費などの初期投資の他、多くの運転資金が必要です。

どのタイミングでどれ程資金が必要で、どれ程売上を見込めるのかを算出しましょう。

自己資金では足りない場合、金融機関からの資金調達を検討しましょう。

  • フランチャイズ加盟

加盟金を支払い、フランチャイズ契約を締結します。

  • 開業地選定

本店のサポートを受けて開業場所を決定し、設備基準を満たせる物件を探しましょう。

  • 研修

本店による研修を受け、ノウハウを得ます。

  • 採用活動

従業員の募集や面接を行います。

理学療法士や言語療法士、作業療法士、看護師などの専門職は採用活動に時間がかかる場合があるので注意しましょう。

  • 指定申請

事業を開始するためには、事業者指定を受けていなければなりません。

フランチャイズ会社によっては、指定申請のサポートを行う場合もあります。

                  

 

フランチャイズ加盟によるデイケア開業の費用 

 

フランチャイズに加盟する場合、一般的な開業費用の他、ロイヤリティや加盟保証金などが必要です。

これらはフランチャイズ会社によって異なるので、事前に確認しておきましょう。

 

  • ロイヤリティ

売り上げの5〜15%が相場です。

  • 加盟金

加盟時の一時金として支払う「加盟金」は、十数万円から一千万円までと幅広いです。

  • 保証金

ロイヤリティの支払が滞ったりする場合に備えて支払っておく、いわば担保のようなものです。

問題なくフランチャイズ契約が満了した際には、返還されます。

  • 開業費用

開業時にはあらゆる費用がかかります。

開業費用をどのようにして抑えれば良いのかを、本店のサポートを受けて専門家へ相談すると良いでしょう。

 

 

 

フランチャイズ加盟によるデイケア開業の注意点

 

  • 契約中に撤退することが困難

フランチャイズ契約は数年に渡ることがほとんどです。

当初の計画通り事業が成長せずとも、契約期間中は簡単に契約を解除することができません。

リスクを想定した、現実的な計画を立てておく必要があります。

また、契約中に撤退する場合には解約金が発生します。

これは、加盟金と契約期間中のロイヤリティを見込んだうえで契約締結し、ノウハウやサポートサービスを本店は提供しているため、契約解除を防ぐ目的もあります。

 

  • フランチャイズ会社の倒産

加盟先のフランチャイズ会社が倒産した場合には、加盟時の契約にあるようなサポートが一切受けられなくなります。

契約満了の際に返還されるはずの保証金も回収できなくなります。

 

  • 介護保険の改正

財政難の中、厚生労働省は膨らみ続ける介護報酬を抑える方向に動いています。

介護報酬が減れば、フランチャイズ会社がモデルケースとして示していた売上より減ることもあり得ます。

今後介護業界がどうなっていくのか、常に最新情報を手に入れることのできる環境をつくっておきましょう。

 

 

まとめ

初めてデイケア事業に参入される方は、ノウハウが効率よく得られ、サポート体制のあるフランチャイズを利用することで、リスクの削減が図れるでしょう。

この記事を参考に、フランチャイズの加盟を検討されてみてはいかがでしょうか。

この記事を評価する

介護の開業を支援してくれる無料サービスを上手く利用することで、ご自身だけでは辛い開業準備も簡単に進められるようになります。 詳しくは、開業支援サービス(無料)の詳細をご覧ください。あなたにあった最適な開業支援をご提案いたします。

-独立開業・起業

執筆者:

関連記事

高齢者住宅

サービス付き高齢者向け住宅の収支計画書とは?資金調達を考えている方は必見

サービス付き高齢者向け住宅を立ち上げるにあたり、多額の資金が必要になりますが、収支計画書についてしっかりと理解されていますでしょうか。 ここでは、サービス付き高齢者向け住宅の収支計画書について説明して …

介護事業を行う会社の定款内の事業目的について

今回の記事では、介護事業を行う会社の定款内の事業目的の書き方に関して、詳しく説明します。 介護事業の開業を考えている方は、ご一読のうえ今後の開業にお役立てください。     目次1 …

小規模デイサービス(地域密着型通所介護)の開業で押えておきたいポイント

地域包括ケアシステム構築の一端を担う小規模デイサービス(地域密着型通所介護)。 地域に根ざした介護サービスを提供したいと開業を検討されている方も多いかと思います。 今回は、小規模デイサービスを開業する …

フランチャイズ

フランチャイズ加盟による介護事業立ち上げの問題点(デメリット)とは?

フランチャイズに加盟しての介護事業の立ち上げを検討されている方もいらっしゃるかと思います。 今回の記事では、フランチャイズ加盟における問題点について解説していきます。 目次1 フランチャイズ加盟で介護 …

デイケアにおけるチラシ制作のポイントとは?

デイケアを開業して利用者を増やしたい方、開業はしたけど利用者数にお悩みの方への内容です。   この記事では手軽に、そして効果的に宣伝できるチラシについて述べていきます。 ご一読の上、今後の経 …