独立開業・起業

デイケアにおけるチラシ制作のポイントとは?

投稿日:

デイケアを開業して利用者を増やしたい方、開業はしたけど利用者数にお悩みの方への内容です。

 

この記事では手軽に、そして効果的に宣伝できるチラシについて述べていきます。

ご一読の上、今後の経営に役立てていただけたら幸いです。

 

 

 

デイケアのチラシのポイント

チラシを制作する際は一方的に情報を記載するのではなく、受け手側の立場に立つことが大切です。

また、不当景品類及び不当表示防止法により虚偽・誇大なサービスの宣伝は禁止されています。

それでは、効果的なデイケアのチラシを作成する上でのポイントを説明していきます。

 

読みやすい文字、デザイン、レイアウト

読み手を考慮した文字の大きさ、色、コントラスト、背景色を考えましょう。

デイケアのチラシの場合、想定される読み手は、ケアマネの他、利用者やご家族もあるため、文字を大きくするなど、視認性を高くするようなデザインが望ましいです。

 

説得力のあるキャッチコピー・文章

一番に伝えたい情報や興味を引く情報から載せることで、施設のコンセプトを明確に示します。

その際、良い情報ばかりではなく、例えば「施設は古いですが、いつも掃除が行き届き清潔です、職員のも常に新しい知識を得ています」など、誠実に伝えると信頼が深まるでしょう。

また、「高齢者」という単語の使用はやめ「シニア、シルバー世代」など良いイメージの言葉に言い換えることが望ましいです。

 

写真を多めに効果的に使う

文字ばかりの情報ではなく、写真を活用しましょう。

メインの写真+サブ写真数点配置が効果的です。

施設内部の写真、職員・利用者の写真、それに合わせて体験談・事例があると良いでしょう。

写真はにこやかな、明るさを感じられるものが好感をもたれます。

 

まずは一人で考えたり作ったりするのではなく、複数の人の知恵を集めましょう。

制作会社に依頼する前に、簡単な案を最低でも2パターンほど作っておきます。

利用者の方々に聞いてみることも良いでしょう。

 

 

デイケアのチラシのメリット・デメリット

チラシはただ配ったり施設に置いたりするだけではなく、自社のホームページに載せることやポスティング、新聞折り込みなど様々な活用方法が考えられます。

街中で配る際は道路交通法に違反する場合があるので、事前にチラシを配布する地域の自治体の条例や警察署に確認するのが良いでしょう。

では、チラシのメリット・デメリットを説明していきます

 

メリット 多くの人に周知してもらえる。

インターネット環境がない人に効果的。

ポスティング・新聞折り込みなどある程度地域を絞ることができる。

年代的に新聞を購読している人が多い。

デメリット 本当に必要な人にチラシが届かない可能性がある。

配布に人件費・新聞折り込みなど費用がかかる。

紙媒体なので情報量が限られる。

効果が持続しない。

 

基本的に、チラシ制作および配布には費用がかかります。

地域のことを熟知している信頼できるポスティング業者を選び、利用者が見込める地域に配布してもらうのも良いでしょう。

老人会の会報や地域情報誌と一緒に配布してくれるポスティング業者もあります。

 

施設利用者を増やすキーマンであるケアマネージャーに施設内容・特色を知ってもらうことにも使えますので、大いに活用しましょう。

 

 

デイケアのチラシ制作会社の選び方

料金・価格は掲載されているか?

予算が潤沢にある場合は別ですが、大抵の場合は限りがあります。

チラシ制作にかける予算を明確にして検討しましょう。

テンプレートを使用した画一的なものではなく、利用者のことを考えたチラシを柔軟に作ってもらえるのかが大切です。

 

発注から納品までどれ程の期間がかかるのか?

チラシを制作すると決めてから実際に出来上がるまでは時間がかかります。

必要な日にちに間に合わないと意味がないので、しっかり確認しましょう。

 

デザイン実績、制作実績は?

ホームページでこれまでどのようなチラシを制作してきたか必ずチェックしましょう。

デイケアもしくは福祉・介護系のチラシを制作した経験があるのかも重要です。

 

制作体制はどうなっている?

営業・デザイン・印刷と一社で完結しているのか、デザイン・印刷それぞれ別会社に委託しているのか、色々なパターンがあります。

別会社で行っていても連携がとれていることが大切です。

 

問い合わせ時の対応は?

最後は人対人の問題になります。

こちらの要望を細かく汲み上げ対応してくれる会社か見極めましょう。

メールの対応が迅速か、電話での対応が適切かなど、感覚的に自分と合うかどうかも重要です。

 

 

 

デイケアのチラシ制作の流れ 

チラシ制作会社の決定

複数社リストアップしておくといいでしょう。

どういうチラシにしたいのかをイメージしておきます。

問い合わせ・相談・注文

メール、電話、FAXで問い合わせ、細かい料金・内容について相談し、見積書を出してもらいます。

業者選定後に依頼を行いますが、着手金が必要な場合もあります。

デザイン決定・制作

デザインについて打ち合わせをし、決定、制作と進んでいきます。

プロのアドバイスを聞きながら、希望のチラシデザインを決めます。

チラシに掲載する原稿や画像の用意をしておきます。

原稿修正

希望のデザインになっているか原稿をチェックし、直してほしいところは修正してもらいます。

ここでも一人ではなく複数人でチェックし、納得のいく原稿を迅速に完成させましょう。

印刷

印刷工程に進みます。

配達・入金

完成品を配送、もしくは持参してもらい、確認したら残金を入金します。

 

 

デイケアのチラシの費用

デイケアにおけるチラシの費用は会社・種類(カラー・白黒/片面・両面/サイズ)によって様々です。

別途で、修正料金や配送料などがかかる場合もあるので、各チラシ制作会社のホームページを確認しましょう。

 

チラシ制作にかかる費用を表にしてみました。

部数によっていろいろですが、ここでは1,000部で比較しています。

 

A4片面カラー1,000部 A4両面カラー1,000部
A社 56,000円~ 90,000円~
B社 58,000円~ 90,000円~
C社 32,000円~ 43,000円~
D社 16,000円~ 27,000円~
E社 27,000円~ 47,000円~

※価格はデザイン、印刷料金、用紙代込みで概算(配送料・修正料金はそれぞれ無料・有料あり。用紙の種類・出荷日により価格に幅あり)

 

デザイン部分の料金で差があるようで、各社とも部数が大きくなるほど価格は割安に設定されています。

インターネットのみでの対応や訪問して制作をすすめるなど、対応によっても料金が異なります。

 

 

まとめ

デイケアをこれから開業するという方、問い合わせしたくなる、または利用したくなるようなオンリーワンのチラシを作ってみませんか?

参考になった方はぜひシェアをお願いします。

この記事を評価する

介護の開業を支援してくれる無料サービスを上手く利用することで、ご自身だけでは辛い開業準備も簡単に進められるようになります。 詳しくは、開業支援サービス(無料)の詳細をご覧ください。あなたにあった最適な開業支援をご提案いたします。

-独立開業・起業

執筆者:

関連記事

デイサービス開業資金

デイサービス開業時に必要な資金とは?

介護事業には、訪問介護、通所リハビリテーション、サービス付き高齢者住宅など様々なサービス業種がありますが、その中のひとつに通所介護(デイサービス)があります。介護事業での開業の中で、特にデイサービスで …

看護

看護小規模多機能型居宅介護(複合型サービス)の指定基準

効率的かつ効果的なサービスとされている看護小規模多機能型居宅介護。 2015年に名称変更されたことでも注目されていますが、開業を検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 今回は、この看護小 …

介護老人保健施設を設計する上で考慮することは?

介護老人保健施設を開業しようと思っても、設計に関する情報が少なく、具体的にどうしたらよいか戸惑うこともあると思います。 今回は、介護老人保健施設をこれから開業しようとする皆様に向けた、設計にまつわる情 …

描いている人

デイサービス(通所介護)のロゴの簡単な作成方法

本記事は、新たにデイサービスの開業を目指している事業者や事業所のロゴのデザインを変更しようとしている事業者を対象としています。 その意図は、 デイサービスのロゴの伝わるデザインを知りたい デイサービス …

会社設立

訪問介護の会社設立!方法とプロセスをご紹介

孫のかいポチが訪問介護事業を始めるといっていたが心配だなぁ 大丈夫だよ!!この記事に訪問介護事業を立ち上げるプロセスが書いてあるから、僕でも出来るよ!! なんと!いまどきは記事を読めば、事業立ち上げの …