独立開業・起業

訪問介護の理念についてご紹介

投稿日: 更新日:

 経営理念が無くても事業所を運営することは可能だと思いますか?
理念が無くても問題が無いならばなぜ多くの企業は経営理念を作成し、掲げているのでしょうか?
今回は訪問介護の理念について詳しく述べていきます。一読し、今後の経営に役立ててください。

理念

訪問介護の理念を作成するメリット

訪問介護の理念とは何か

 理念とは経営者や創業者が定める事業経営を行なう際の基本や企業の存在する目的等を表したものです。訪問介護は介護職員(ホームヘルパー)が利用者のお宅に訪問し、入浴・食事・掃除等の介助や家事を行なうサービスです。介護職員(ホームヘルパー)が利用者の自宅に訪問するので利用者や利用者の家族はより安心・安全の持てる訪問介護の事業所へ介護を依頼したいです。その事業所の安心・安全の示す一つが理念です。理念が利用者、また利用者の家族の心に響けば、事業経営が安定してくるでしょう。

訪問介護の事業所に理念があるメリット

  • 事業所のスタンスを利用者や潜在利用者に対してアピールできる
    潜在利用者やケアマネに事業所の宣伝をする際、パンフレットやチラシを見せながら事業所見学をしてもらうと思います。しかし、訪問介護はサービス提供シーンが伝わりづらいサービス種です。ケアマネや潜在利用者に覚えて欲しいことを端的で伝えたいときは理念が役に立ちます。一見、理念は抽象的ですがそれを利用者に伝えることで、しっかり事業所の目指すべき道が定まっていることが分かるので理念があると便利です。
  • 社内の共通認識として、一体感が出る
    理念が無いとき介護職員(ホームヘルパー)は何を指針として動けばよいか分かりません。普段働いている時は理念に気が付かないかもしれませんが、ふとしたときに支えになるものが理念です。理念があれば、自分が働いている方向性が明確になり、きついときに耐えることが出来ます。
  • 理念に共感する利用者・職員が集まりやすい
    介護業界は慢性的な人手不足なので、人材確保が大変です。人員基準を満たし事業所を経営するため、他の介護業種、事業所に良い人材が流れないようにしなければいけません。その他との差別化要因の1つが理念です。理念に共感を持ってこの事業所に応募しましたという人は多くないかもしれませんが理念を伝えることでしっかりした事業所との印象を与えます。
  • 経営の方向性がぶれない
    事業所の運営が芳しくないとき、「事業を撤退しようか」や「事業所の方針を変えようか」等事業経営者は様々なことを考えると思います。事業を経営しているうちにうまくいかないこと、不調なときは何度も訪れます。そのような時こそ、開業当初、開業に対してプラスのイメージを持っていたときに作成した理念があれば、いつでも初心に返り、事業経営に取り組めるでしょう。

訪問介護事業所の理念の作り方

  • 理念というものは事業者の訪問介護事業に対する気持ちや思いを言語化することが大切ですが、従業員の視点からも考えることが重要です。そうすることで、その事業所に関わっている人の団結感が出てきます。
  • 理念は事業所のコーポレートアイデンティティともなりうるのでポジティブな言葉を使うことで企業の印象が良くなります。
  • 基本的に理念とは事務所が創設されてなくなるまでずっとあり続けるものです。そのため、トレンドなどその時の気分で作るのではなく、長年残り続けても廃れないような理念作りを心がけてください。

訪問介護の理念を事業所内に浸透させる方法

  • 背景を伝える
    理念は一言、二言でまとめられているものが多いですが、それでは抽象的であるために理解しづらく、各々の解釈が異なる場合があります。解釈を統一させるため、どのような事業所を目指していて、どのような経緯でその理念に至ったのかをストーリー化して説明しましょう。また、理念が出来た経緯を映像化することで口頭伝達では無いため、理念の認識の差異が生じにくかったり、視覚で理念を捉えることが出来るので忘れにくかったりと効果があります。
  • 朝礼等で毎日唱和したり、事業所内の目に付くところに理念を書いた紙等を貼る
    理念に触れる回数を増やすことで、反復効果が出るので記憶に残りやすいです。
  • 理念に沿って活躍している人を評価・表彰する
    現場で働いていると褒められれば頑張ろうという気持ちを強くします。それに他の人も褒められている人のように頑張ろうと思います。理念にそって現場で活躍している人を分かりやすく評価すると、どのように行動すれば理念が実践できるのか分かりやすく伝えられるでしょう。表彰を定期的に行うことはおすすめです。

最後に

 訪問介護の理念作成のメリットやデメリット、そして理念を浸透させる方法などについてお伝えしました。
 理念は旗のようなものであり、社内外に事業所の存在をアピールできます。是非、訪問介護の理念の作成を検討してみてはいかがでしょうか?

この記事を評価する

介護の開業を支援してくれる無料サービスを上手く利用することで、ご自身だけでは辛い開業準備も簡単に進められるようになります。 詳しくは、開業支援サービス(無料)の詳細をご覧ください。あなたにあった最適な開業支援をご提案いたします。

-独立開業・起業

執筆者:

関連記事

デイサービス開業資金

デイサービス開業時に必要な資金とは?

介護事業には、訪問介護、通所リハビリテーション、サービス付き高齢者住宅など様々なサービス業種がありますが、その中のひとつに通所介護(デイサービス)があります。介護事業での開業の中で、特にデイサービスで …

書く

デイサービス(通所介護)の事業計画書の書き方をご紹介

 事業計画書は申請書類の一部となる場合もあるので、とても重要な書類です。銀行や日本政策金融公庫から融資を受ける予定がある場合、絶対に作成しなければなりません。 今回は、そちらの事業計画書について解説し …

書く

訪問介護の事業計画書を書く上でのポイントとは?

 在宅介護のニーズ拡大や、設備投資が少なく参入障壁が低いことから、事業所数の増加が著しい訪問介護。  そんな訪問介護の立ち上げを検討されている皆様は、事業計画書の重要性を認識されていますでしょうか。 …

デイサービス

通所介護(デイサービス)の指定基準とは?

2016年(平成28年)に厚生労働省が発表した統計では、全国の通所介護(デイサービス)施設・事業所の軒数は約4万4,000件。 小規模の事業所を中心に右肩上がりで軒数が増加している通所介護ですが、通所 …

開業資金

ケアハウスの開業資金はいくらかかる?資金調達方法とは?

介護事業が増加していく中で、ケアハウスの需要が高まってきています。主に、社会福祉法人や自治体などが運営しているため、信頼があり安心して利用できます。また、月額費用が比較的低いのも人気です。今回は、ケア …