独立開業・起業

介護市場の調査結果を知り、介護ビジネスを進めよう


投稿日: 更新日:

ラーメン屋店主から介護事業へ参入したいけど、失敗したくないなぁ

心配ないわん。この記事を読めば一目瞭然。介護市場についてすぐ理解できるわん

それはありがたい!早速、読んでみよう!

この記事をご覧になっている方の中には、介護業界への新規参入を検討している方や現在すでに介護事業を営んでいる経営者の方もいらっしゃるでしょう。

国内介護市場の市場動向について、どれくらい把握しているでしょうか?

 

今回の記事では、この国内介護市場の市場動向に関してさまざまな介護市場調査の統計にもとづいて詳細にご説明いたします。

ご一読いただき、事業戦略立案、的確な意思決定など今後の介護事業の経営にお役立てください。

 

 

 

介護業界の市場規模

介護の市場規模

介護市場の規模は、介護保険の給付費(利用者負担額を除いた高額介護サービス費、高額医療合算介護サービス費、特定入所者介護サービス費を含む)であると定義されています。

介護市場の規模は、介護保険制度が始まった2000年度には3,6兆円でしたが、その後年々増加し続け、2016年には10,4兆円になっています。

これからさらに高齢者数が増加していくことが予想されるなかで、今後も成長していくことが見込まれる産業です。

介護の市場規模は、高齢者関連のビジネスのなかでも高齢者の生活に密に関わる業界だけに最も大きく、介護サービス利用者の幅広いニーズに対応できるサービスを提供していくことが求められます。

 

2025年問題とは

2025年問題とは、厚生労働省が指摘している高齢者人口の増加による社会保障費の急増に関する問題のことです。

2015年には団塊の世代と言われる人々(1947年~1949年に生まれた人々)が、65歳~74歳までの前期高齢者となりました。

さらに10年後の2025年には、団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となる年であり、日本の高齢者人口は全人口の約25%の約3,500万人に達すると予想されています。

 

2025年問題は、高齢者を支える若い世代の負担がよりいっそう増えることや国家財政、税金など財政的問題などがあります。そして、それと同時に、高齢者人口が増加することによって医療や介護の必要性も高まります。

その利用頻度も高くなることから、これらの分野においていかに体制を整備するかが重要になってきます。

また、今後の高齢者人口の推移と関連して都市部に高齢者世帯が集中して増加することも予想されます。

 

認知症をはじめ複数の疾患を持った患者の数も増えることや、在宅医療・介護システムの構築など高齢者のライフスタイルやニーズに合った適切な医療・介護サービスを提供できるシステムを社会全体で構築することが必要です。

 

⑶高齢者人口の推移

内閣府の調査統計によれば、日本の高齢者人口は、下図のように推計されており、既に超高齢社会へと突入しています。

(出典元: 内閣府 高齢者の状況

 

 

国内介護市場の現状

高齢者人口の増加が続くため、介護市場の規模は拡大傾向にあります。

2014年の8.6兆円から、2025年には18.7兆円程度まで拡大するだろうと予測されています。

日本政府は財政問題を背景として社会保障費を極力抑制するために、高齢者の負担増や在宅介護サービスの充実などを企図しています。

そのため、介護事業者は今後の政府の動向を注視しながら戦略を組み立てる必要があります。

 

介護業界は中小規模の企業や社会福祉法人によって、少数の介護施設の運営が行われていることが多く、ほとんど寡占化が進んでいない業界構造を持っています。

しかし、近年大手企業によるM&Aの事例が増加しており、大資本のもとで安定的な経営を目指す企業が増加しています。

また、市場規模の拡大は見込まれるものの、政府の財政問題を背景として、今後1施設当たりの収益は低下する可能性があります。

 

介護市場の課題

人材の確保・育成

少子高齢化社会が進むなかで、介護需要の増大に伴い、人材の確保・育成は必然的な課題です。

介護職員の賃金も他業種と比較して相対的に低く、しかも重労働であることが多いため、介護職員の離職率が高くなっています。

これらの課題に対応するためには、育児休業後の転職希望の女性や外国人スタッフの雇用の促進、介護職員の待遇改善などについて検討することが求められます。

 

介護報酬の改定

介護報酬の1割は原則利用者負担で、残りの9割は介護保険料と公費で賄う介護保険から支払われます。

原則として3年に1度見直しが行われ、在宅サービス12種施設サービス3種、ケアプランの作成1種の16種について、それぞれ報酬単位が改定されます。介護報酬の改定は、今後政府の財政状況から見て、その改定率がマイナスになっていくことが懸念されています。

介護事業者は介護報酬改定の内容が直接収益に影響を及ぼすため、その影響をできるだけ減らすべく介護保険外収入の増加や政府の方針に合わせた体制を整備する必要があります。

 

介護事業者の淘汰

介護サービスの提供数は増加し続けていますが、介護事業者の倒産件数も近年増加しています。

地域によっては市場の拡大が見込めないところもあるため、立地やどのように他の介護事業者と差別化を図っていくことができるかが、より重要になっていると言えます。

 

 

国内介護市場の今後の動向

  • 介護保険給付の重点化・効率化
  1. 介護予防給付の地域支援事業への移行
  2. 地域一体となった支援・助け合いへの期待
  • 医療・介護の連携の方向に進んでいくことが予想されています。
  • 介護ロボットの導入により、介護職員等の負担の軽減を図ります。働きやすい職場環境を整備することによって介護従事者を確保することが目的です。厚生労働省は、介護ロボット導入支援事業補助金を支給して介護ロボット導入の促進を図っています。

 

 

まとめ

国内介護市場の規模は今後も拡大が見込まれるものの、介護報酬改定のリスクや人口動態の変化(地域格差)や人材確保・育成等の解決すべき課題が多くあります。

これらの課題に真正面から取り組める介護事業所は、今後継続して成長が期待できるでしょう。

介護の開業を支援してくれる無料サービスを上手く利用することで、ご自身だけでは辛い開業準備も簡単に進められるようになります。 詳しくは、開業支援サービス(無料)の詳細をご覧ください。あなたにあった最適な開業支援をご提案いたします。

-独立開業・起業

執筆者:

関連記事

備品

介護用備品の購入・設置する際に押さえておきたいこと

利用者も介護スタッフも双方が快適に過ごせる介護事業所作りを目指したいなぁ。 そんなときは、この記事じゃ。介護事業所の備品について載っているんじゃ さすが、ふくろうさん!物知りですね!!早速、読んでみま …

比較

サービス付き高齢者向け住宅をフランチャイズ加盟で開設するメリットとデメリットや費用相場

おじいちゃん!サ高住をフランチャイズに加盟して経営しようと考えているんだけどどう思う? うむ。フランチャイズ経営はメリット・デメリット両方あるからの。この記事を読んで、フランチャイズに詳しくなってから …

解説

通所介護(デイサービス)の指定申請を解説!手順から留意点まで

隣県に住んでいる友達から通所介護の指定申請の方法を教えてもらったんだ~ 残念ながら、自治体によって指定基準の申請方法は異なるのじゃ えっ!!そうなの!!知らなかった~!! やれやれ。この記事に通所介護 …

デイケア事業におけるフランチャイズ加盟って実際どうなの?

ふくろうさんよ。最近、カイポチがフランチャイズに加盟して介護事業を開業すると言っているのだが、ふくろうさんはどう思う? うむ。フランチャイズにはメリット・デメリット両方あるからなぁ。しっかり、フランチ …

介護フランチャイズ(FC)で開業するメリット・デメリットを分かりやすく解説!

コンビニや飲食店ではフランチャイズに加盟して開業・経営、介護業界ではなじみの無い言葉のような気がするなぁ 自力で介護事業を開業するより、フランチャイズ経営の方が開業・経営しやすい場合もあるよ。その分、 …