独立開業・起業

介護市場の調査結果を知り、介護ビジネスを進めよう

投稿日:

この記事をご覧になっている方の中には、介護業界への新規参入を検討している方や現在すでに介護事業を営んでいる経営者の方もいらっしゃるでしょう。

国内介護市場の市場動向について、どれくらい把握しているでしょうか?

 

今回の記事では、この国内介護市場の市場動向に関してさまざまな介護市場調査の統計にもとづいて詳細にご説明いたします。

ご一読いただき、事業戦略立案、的確な意思決定など今後の介護事業の経営にお役立てください。

 

 

 

介護業界の市場規模

介護の市場規模

介護市場の規模は、介護保険の給付費(利用者負担額を除いた高額介護サービス費、高額医療合算介護サービス費、特定入所者介護サービス費を含む)であると定義されています。

介護市場の規模は、介護保険制度が始まった2000年度には3,6兆円でしたが、その後年々増加し続け、2016年には10,4兆円になっています。

これからさらに高齢者数が増加していくことが予想されるなかで、今後も成長していくことが見込まれる産業です。

介護の市場規模は高齢者関連のビジネスのなかでも高齢者の生活に密着しているだけに最も大きく、よりニーズに対応できるサービスを提供していくことが求められます。

 

2025年問題とは

2025年問題とは、厚生労働省が指摘している高齢者人口の増加による社会保障費の急増に関する問題のことです。

2015年には団塊の世代と言われる人々(1947年~1949年に生まれた人々)が、65歳~74歳までの前期高齢者となりました。

さらに10年後の2025には、団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となり、日本の高齢者人口は全人口の約25%の約3,500万人に達すると予想されています。

 

2025年問題は、高齢者を支える若い世代の負担増や国家財政、税金など金銭的問題だけでなく高齢者人口が増加することによって医療や介護の必要性も高まります。

その利用頻度も高くなることから、これらの分野においていかに体制を整備するかが重要になってきます。

また、今後の高齢者人口の推移と関連して都市部に高齢者世帯が集中して増加することも予想されます。

 

認知症をはじめ複数の疾患を持った患者の数も増えることや、在宅医療・介護システムの構築など高齢者のライフスタイルやニーズに合った適切な医療・介護サービスを提供できるシステムを社会全体で構築することが必要です。

 

⑶高齢者人口の推移

内閣府の調査統計によれば、日本の高齢者人口は、下図のように推計されており、既に超高齢社会へと突入しています。

(出典元: 内閣府 高齢者の状況

 

 

国内介護市場の現状

高齢者人口の増加が続くため、介護市場の規模は拡大傾向にあります。

2014年の8.6兆円から、2025年には18.7兆円程度まで拡大するだろうと予測されています。

日本政府は財政問題を背景として社会保障費を極力抑制するために、高齢者の負担増や在宅介護サービスの充実などを企図しています。

そのため、介護事業者は今後の政府の動向を注視しながら戦略を組み立てる必要があります。

 

介護業界は中小規模の企業や社会福祉法人が少数施設を運営しているケースが多く、寡占化がほとんど進んでいない業界です。

しかし、近年大手企業によるM&Aの事例が増加しており、大資本のもとで安定的な経営を目指す企業が増加しています。

また、市場規模の拡大は見込まれるものの、政府の財政問題を背景として1施設当たりの収益は低下する可能性があります。

大資本のもとでコストの共有化や人材採用の共有化を図り、収益を確保することができる体制を整える動きが今後も加速すると想定されています。

 

介護市場の課題

人材の確保・育成

少子高齢化社会が進むなかで、介護需要の増大に伴い、人材の確保・育成は必然的な課題です。

介護職員の賃金も他業種と比較して相対的に低く、しかも重労働であることが多いため、介護職員の離職率が高くなっています。

これらの課題に対応するためには、育児休業後の転職希望の女性や外国人スタッフの雇用の促進、介護職員の待遇改善などについて検討することが求められます。

 

介護報酬の改定

介護報酬の1割は原則利用者負担で、9割は介護保険料と公費で賄う介護保険から支払われます。

原則として3年に1度見直しが行われ、在宅サービス12種施設サービス3種、ケアプランの作成1種の16種について、それぞれ報酬単位が改定されます。介護報酬の改定は、今後政府の財政状況から見て、その改定率がマイナスになっていくことが懸念されています。

介護事業者は介護報酬改定の内容が直接収益に影響を及ぼすため、その影響を極力減らすべく介護保険外収入の増加や政府の方針に合わせた体制を整備する必要があります。

 

介護事業者の淘汰

介護サービスの提供数は増加し続けていますが、介護事業者の倒産件数も近年増加しています。

地域によっては市場の拡大が見込めないところもあるため、立地や差別化戦略がより重要になっていると言えます。

 

 

国内介護市場の今後の動向

  • 介護保険給付の重点化・効率化
  1. 介護予防給付の地域支援事業への移行
  2. 地域一体となった支援・助け合いへの期待
  • 医療・介護の連携の方向に進んでいくことが予想されています。

 

  • 介護ロボットの導入により、介護従事者の負担の軽減を図ります。働きやすい職場環境を整備することによって介護従事者を確保することが目的です。厚生労働省は、介護ロボット導入支援事業補助金を支給して介護ロボット導入の促進を図っています。

 

 

まとめ

国内介護市場の規模は今後も拡大が見込まれるものの、介護報酬改定のリスクや人口動態の変化(地域格差)や人材確保・育成等の解決すべき課題が多くあります。

これらの課題に真正面から取り組める介護事業所は、今後継続して成長が期待できるでしょう。

この記事を評価する

介護の開業を支援してくれる無料サービスを上手く利用することで、ご自身だけでは辛い開業準備も簡単に進められるようになります。 詳しくは、開業支援サービス(無料)の詳細をご覧ください。あなたにあった最適な開業支援をご提案いたします。

-独立開業・起業

執筆者:

関連記事

NPO

介護事業をNPO法人で設立するには?

介護事業の開業時には、法人形態として営利法人(株式会社・合同会社など)と非営利法人(NPOなど)か選べますが、どちらの形態を選んだほうが、あなたが考える事業に適しているか検討したことはありますか? こ …

違反

福祉用具貸与の指定基準とは?基準違反の場合はどうなる?

福祉用具貸与事業の立ち上げを検討されている皆様は、指定基準をしっかりと把握されていますでしょうか。 福祉用具貸与事業は他の介護サービス種と少々毛色が異なりますが、開業には、同じく指定基準を満たした上で …

訪問介護立ち上げ資金

訪問介護を立ち上げる資金の工面方法とは?

介護業界の需要が増えているのになかなか供給が追いついていない現状があるかと思います。 介護事業所の立ち上げを目指している方のお役に立てられるよう、この記事では訪問介護を立ち上げるための必要な資金や、そ …

看護

看護小規模多機能型居宅介護(複合型サービス)の指定基準

効率的かつ効果的なサービスとされている看護小規模多機能型居宅介護。 2015年に名称変更されたことでも注目されていますが、開業を検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 今回は、この看護小 …

高齢者住宅

サービス付き高齢者向け住宅の収支計画書とは?資金調達を考えている方は必見

サービス付き高齢者向け住宅を立ち上げるにあたり、多額の資金が必要になりますが、収支計画書についてしっかりと理解されていますでしょうか。 ここでは、サービス付き高齢者向け住宅の収支計画書について説明して …