独立開業・起業

介護フランチャイズを利用するメリットとは?


投稿日: 更新日:

フランチャイズみたいな横文字は苦手じゃ。フランチャイズに加盟して、経営するのは不安じゃな

そんなことはありませんよ。この記事を読めば、介護フランチャイズを利用するメリットが分かるから。騙されたと思ってでも、良いから読んでみたらどうだい

ふくろうさんがそこまで言うなら、是非読んでみようかな

介護フランチャイズで開業し事業立ち上げを考えている経営者の皆さま。
介護フランチャイズでの開業にあたり、介護フランチャイズのメリットをしっかりと理解ができているでしょうか。
今回は、介護フランチャイズのメリットに関して詳しくご説明していきます。一読し、ぜひ今後の開業にお役立てください。

フランチャイズ

介護フランチャイズとは

介護フランチャイズとは、介護分野で起業や事業を行うためのノウハウを持つ会社と加盟契約を結び、そのサポートを受けながら介護事業を行うものです。支店や子会社とは異なり、事業者がオーナーとなって経営します。
とくに、これまで他の業界で働いてきた人や、介護についての知識はあるけれども、経営者として運営していく知識に乏しい人が開業しようとする際に、介護フランチャイズでの開業はメリットも多いのです。
しかしながら、費用がかかるというデメリットもあります。フランチャイズに加盟すると、まずは数十万円〜数百万円の加盟金を支払います。また、多くは月々の売り上げの数%を本部に支払う契約になっていて、これをロイヤルティと呼びます。これらの金額はフランチャイザーや契約期間などによっても異なります。また、契約期間中にフランチャイズを解除すると、違約金が発生することもあります。
資料請求をすると、個別や少人数での説明会の案内があるので、その際に金額や期間、具体的にどのようなサポートが受けられるのか、しっかり確認しておく必要があります。いくつかのフランチャイザーを比較して、自分に合ったものを選ぶのもよいでしょう。

介護フランチャイズのメリット

低コスト、短期間で開業できる

介護業界においては、開業に向けて指定申請に必要な多くの書類の作成や、登記などの手続きなどを済ませておく必要があります。これらに不備があると、開業までのスケジュールが変わってしまい、予定外の出費や開業の遅れにつながりかねません。
フランチャイズの場合なら、本部からのサポートを指定申請などの準備段階から受けることで、リスクを抑え安定した開業をすることができます。
事業者はほかにも採用活動や物件の確保、必要な設備や備品の購入、広告や営業など、やるべきことがたくさんあります。申請書類作成などをサポートしてもらえるだけでも負担が減り、スムーズに準備できます。

介護事業運営のノウハウ、運営ツール、サポートの提供

フランチャイズに加盟すれば、介護事業運営のノウハウ、運営ツールや介護保険請求ソフトなどが用意されていて、すでに事業環境がパッケージとして整っています。
また、介護事業で気をつけないといけないのは、介護保険法が3年ごとに改正されるという点です。改正により、加算の変更・新設・廃止、報酬の変更、制度の枠組みや対象介護度の変更、基準の変更などが決定されれば、短い期間ののちに実施されます。
これら改正への適応の際には、介護事業では多くの書類や手続きなどが必要になりますが、そのためのツールや情報提供などを随時受けることができます。
また、適切な運営が行われているか確認するための実地指導も行われています。この際に不備や問題を指摘されると、報酬の返還や指定取り消しなどの処分が下される場合もあります。実地指導の対策についてのサポートを受けられることも利点です。
採用や営業活動に関しても、本部のネットワークやブランド力を利用することで、個人で開業した場合よりも容易であるかと思います。
このように、本部のこれまでの知見や経験を享受することができます。

フランチャイズで加盟している会員同士の情報交換ができる

加盟店同士の月の定例オーナー会などで、さまざまな情報交換が可能です。
ケアマネや地域のキーパーソンの紹介、その自治体特有のローカルルール、困難事例の共有や相談など、その地域で介護事業を運営するにあたって非常に有益な情報を得ることができます。
とくに、運営が上手くいき、利益を上げている事業者の工夫している点などは、とても参考になります。

まとめ

このように、介護フランチャイズのデメリットは費用、メリットは主にノウハウやサポートが得られることです。新規に参入する方には頼もしい味方となります。
正式な契約をする前に内容を吟味し、費用に見合ったサービスが得られるのか検討してみてください。
皆さまの介護事業のご成功を願っています。

5/5 (1)

この記事を評価する

介護の開業を支援してくれる無料サービスを上手く利用することで、ご自身だけでは辛い開業準備も簡単に進められるようになります。 詳しくは、開業支援サービス(無料)の詳細をご覧ください。あなたにあった最適な開業支援をご提案いたします。

-独立開業・起業

執筆者:

関連記事

介護事業を行う会社の定款事業目的の記載方法について

「テイカン」ってあんこの味をした寒天のこと? それは、「羊羹」ね… あれ?じゃあ、オレンジ色の柑橘類?? それは、「イヨカン」…定款についてはこの記事は読めば、分かるから読むの …

ポイント

住宅型有料老人ホームを開設する際に知っておきたいこと

:僕、来年から住宅有料老人ホームを開設するんだ!!!気合さえあれば絶対成功するよね!! ・・・ ・・・ ??? やれやれ。ここに、住宅有料老人ホームを開設前に知っておきたいことが書いてあるから読んでみ …

考える女性

デイサービスの設計をする際に考えることは?

  今までの介護知識の経験を活かして、デイサービスで開業したいんだけど、どのような手順で進めればよいか分からないなぁ 大丈夫だよ!この記事を読めば、デイサービスの事業所の設定について学ぶことが出来るよ …

地域介護

地域密着型サービスの開設に必要な人員基準とは?

人員基準って良く分からないんだよね…地域密着型サービスもよく分からないし… そんな時はこの記事じゃ。今の悩みを解決出来るぞ さすが。ふくろうさん!物知りだね! 高齢化が進む今日、内閣府が発表した201 …

備品

介護用備品の購入・設置する際に押さえておきたいこと

利用者も介護スタッフも双方が快適に過ごせる介護事業所作りを目指したいなぁ。 そんなときは、この記事じゃ。介護事業所の備品について載っているんじゃ さすが、ふくろうさん!物知りですね!!早速、読んでみま …