人材の採用・育成

介護事業における営業職の求人のコツとは?


投稿日: 更新日:

介護事業において営業人材の確保は利用者を多く獲得することになり、事業所の利益にもつながります。

今回は、営業職の重要性や営業職の人材確保のための求人のコツについてなどを書いていきたいと思います。

これから介護事業所を立ち上げようとされている方々には是非この記事を参考にしてください。

求人

介護事業における営業職とは何か

介護事業における営業職とは何か?を考えていきましょう。

介護事業に民間の介護施設が乱立し、ケアプランを立てて利用者さん自身が、もしくは家族がサービスを選べるようになった今、事業所の利用者確保の為に必要な人材、それが介護事業における営業職です。

つまりは事業所に利益をもたらすという重要な役割を担う人材なのです。

それでは介護事業における営業職の仕事について触れていきます。

地域包括支援センターや居宅介護支援事業所のケアマネージャー(以下ケアマネ)と良好な関係をもつ

そもそも地域包括支援センターとは地域に暮らす人の介護や介護予防に関する相談、家族のレスパイトケア(家族の介護疲れ予防とケア)など地域の人々の様々な要望を叶える為事業所と利用者さんを橋渡ししてくれるところです。

また、居宅介護支援事業所のケアマネは新しく介護サービスの利用を検討している人のケアプランを作成する立場にあります。

地域包括支援センターや居宅介護支援事業所に配置されているケアマネに覚えてもらうことで、利用者さんのリハビリに対する要望にはここが対応してくれそう!などと利用者さんを紹介してもらえることにもつながります。

病院の地域連携室とつながりをもつ

そもそも地域連携室とは患者さんが病院から退院する際に介護事業所や他の病院へ紹介移動できるようにするなどの役割をもっていて(役割はそれだけではないです)、事業所の営業職が病院の地域連携室とつながりをもつことは事業所に利用者さんを紹介してもらえやすくなる可能性があります。

これらと良好な関係を築くことのできる営業職を採用することができたら、利用者さんの獲得、ひいては事業所の利益にも繋がります。

介護事業における営業職の採用方法

ここでは実際の営業職の採用方法について説明していきます。

ヘッドハンティング

これは文字通り他の事業所で働いている有力な営業職の人材をより良い条件で雇い入れ、獲得するという最も手っ取り早い方法です。

もちろんこの方法で獲得した人材は経験もあり、知識も豊富で、地域との連携もとることができるので、事業所の利益になります。

他業種からの採用

これもヘッドハンティングと一緒なのですが、保険ショップの営業職など人の話を聞くことに慣れた人材をより良い条件で雇い入れ獲得する方法です。

この方法で獲得した人材は介護については素人でも、人の話を聞く手法、傾聴の姿勢などには一日の長があり、新卒で営業職を雇い入れるよりも有益な場合があります。

新卒からの採用

経験などを重視せず、新しく人材を育てていきたい時などに検討する方法です。

面接などを通して人柄などを見て採用することで営業職に向いた人材を確保することができます。

ただしこの方法は指導者がいる場合に限ります。

何故ならこの方法で採用した人材だけがいる事業所(そのようなところはないと思いますが)では営業のノウハウや知識もないので、利用者さんの確保に苦労するからです。

中途採用

これは営業職の経験者など、営業職として優れた実力を持った人材を募集する方法です。

主に転職サイトに求人をだすことで営業職にあったスキルを持つ人材を募集することができます。

介護事業における求人を掲載すべき媒体

介護事業所は介護職員のみならず、営業職の人材確保も大切だということはここまで説明した通りです。

それでは人材を獲得する為に求人を掲載すべき媒体について知っておきましょう。

介護人材の転職サイト

転職サイトに掲載すれば、営業や介護スタッフとして有力なスキルをもった人材を募集することができます。

もちろん転職する=今の職場より待遇が良い!やりがいがある!などの好条件が必要となりますので事業所の利益を考えすぎて魅力のない募集をだしても応募はきませんので注意が必要です。

新卒求人サイト

こちらは大学卒業や専門学校卒業などの新卒業生向けの求人サイトへの掲載です。

このサイトに登録することで前途有望な人材を確保することができます。
(もちろんその後の人材育成が必須になります。)

アルバイト・パート採用媒体

こちらでは訳あって介護業界を去ってしまった人材を時間指定のパートとして雇い入れるなどの即戦力を期待することも可能です。

もちろんスキルをもっている人の給金は高くなるでしょうが、フルでは働くことができなくても有力な人材が確保できるかもしれません。

このような求人サイトには求人掲載の広告費用が発生することが多いですが中には求人掲載が無料のサイトなどもあります。

SNSなどで魅力をアピールし人材確保

個人情報を保護しなくてはいけない介護事業所においては難しいですが、事業所の魅力についてSNSで拡散することでも人材募集ができます。

この方法のメリットは情報発信にお金がかからないことです。

但し、上記のように個人情報の保護に気をつけて情報発信することが必須になります。

専門学校などに求人を貼り出してもらう

介護系の専門学校などは就職率を売りにしているところも多く、卒業前になると求人を貼り出し興味のあるところに連絡、面接、試験に行くというところもあります。

介護事業における営業職の求人票の書き方

職を探したことのある人に聞いてみるとよく分かるのですが求人票の説明不足のために募集するのをためらったという方は多いです。

ここでは介護事業における営業職の募集に関して、求職者が何を重視しどこを見るのかを考えながら書いていきます。

この項目を見れば求人票の書き方がいかに重要かを理解してもらえるよう書きますので御一読ください。

なお、職業安定法が改正され(2018年1月から施行)、労働条件の明示事項の拡充、求人票の内容に安易な変更等を行ってはならないことなどの指針が示されています。

採用した後に「話が違う」などというトラブルにならないよう、十分な注意が必要です。

まず重要視されるのが

勤務時間、休日等

当たり前ですが人間仕事ばかりはできません。遊ぶ時間や家族と過ごす時間、自分の自由になる時間を持てるかは重要です。

また、適正な勤務時間は仕事の能率、やる気にもつながります。特に介護事業所ではシフト制など変則的な勤務形態も多いため、求職者にとっては気になるところではないでしょうか。

残業時間・残業手当

残業が多いか少ないかは重要な情報です。大前提として法令に則り正しく残業代が支払われることがあります。

またこれらの事が明記されていれば就職し、もし残業することになっても頑張ろうという気にもなります。

給料体系・昇給などについて

最も気になる点がこれではないでしょうか。賞与、退職金制度の有無なども明記しましょう。

また、半年に一回、年に一回など昇給についての記載が明記されていれば、長く働こうと思っている求職者にとっては大いに励みになり、先を見据えて就職することが可能になります。

社会保険について

「雇用保険」「労災保険」「健康保険」「厚生年金保険」これら4種類の保険がセットで完備されていることを社会保険完備といいます。

社会保険が完備されている事業所なら安心して働けるという求職者も多く、求人票で社会保険完備と出すと多くの求職者は安心して応募することができます。

もちろん勤務時間数によっては適用されないケースもあるかと思います。そちらの説明も詳しく記載しておくと親切で、なおいいと思われます。

仕事内容について

当たり前ですが求職者は自らのスキルや人格に適したやりがいのある仕事を求めています。

また、就職してからどのようにステップアップできるかを明記していると何年後かの自らを意識しやすく求職者も安心して募集することができます。

それでは求人票の書き方についてですが、下記の点に注意して書いてください。

  • 中学生や小学生高学年の子供達が読んでも理解できるような文章で書かれているか
  • 求職者が就職後の未来をイメージできるように書かれているか
  • 就職するとどのような仕事が待っているか、この仕事のやりがいをしっかりアピールできているか
  • 事業所は〜のような人材を待っています。求人のターゲットを明確にできているか
    これには求職者がみてこの求人は私のことだと思えるような書き方が望まれます。
  • どのような職場でどのような会社でどのような理念をもってケアにあたっているかを明記できているか

これら5つの点に注意して求人票をだすことで、求職者も業務について理解でき、やりがいをもって仕事に挑めると考えた上で、応募してくれることが増えるでしょう。

最後に

利用者さんを獲得することで事業所の利益に貢献する介護の営業職について理解してもらえたでしょうか?

人材確保は難しいかと思いますが、事業所の魅力、やりがいについてしっかりと明記し求人もしくはヘッドハンティングすることで良い人材を確保できることを願っています。

この記事が参考になった方は是非シェアをお願いします。

この記事を評価する

-人材の採用・育成

執筆者:

関連記事

解決策

介護業界の人員不足への対策とは?

どうすれば、僕の事業所に介護スタッフが集まってくれるんだろう… 一番は介護スタッフが働きやすい環境を提供することじゃ。 なるほど~キャリアパス要件とかもう一度見直してみよう 少子高齢化に伴い、介護分野 …

人材紹介

介護人材紹介会社を介護事業者側が利用する際のメリット・デメリット

僕の介護事業所人手がぎりぎりなんだよね…何かよい方法ないかな… そんな時は介護人材紹介会社を利用してみてはどうじゃ?ただ、利用の際にメリット・デメリットがあるから注意が必要じゃ なるほど!早速、僕介護 …

紹介

介護人材紹介会社を利用する際のポイント

従業員が足りないから介護人材紹介会社を使おうと思うんだけど、大丈夫かなぁ 介護業界は採用が難しいから介護人材会社を利用する事は良いが、「ただ依頼するだけ」は危険じゃ。しっかりメリット・デメリットを理解 …

採用を求める人

介護事業の新卒採用についてお悩みの方へ

僕の事業所、人員基準ぎりぎりで毎日大変だよ… ならば、新卒採用をしてみてはどうじゃ?新卒採用についてこの記事を読めば、悩みも解決すると思うぞ 確かに、新卒採用は良く分からなかったから悩んでいたんだ、よ …

比較する男性

介護人材派遣会社のメリット・デメリット!良い人材を確保できる?

介護人材派遣会社を利用すれば介護人材たくさん入るよね いや!そうとも限らんぞ!介護人材派遣会社を利用するメリット・デメリットがあるから注意が必要じゃ やっぱり、楽して経営する事は難しいか…勉強します …