人材の採用・育成

介護人材紹介会社を利用する際のポイント

投稿日: 更新日:

従業員が足りないから介護人材紹介会社を使おうと思うんだけど、大丈夫かなぁ

介護業界は採用が難しいから介護人材会社を利用する事は良いが、「ただ依頼するだけ」は危険じゃ。しっかりメリット・デメリットを理解しておこう。

介護事業において開業し事業立ち上げを考えている皆さま。

介護事業開業にあたり、介護人材の採用はできていますか?

事業を経営していくうえで、何よりも大切になってくるのは、“人”というリソースです。

介護業界は人手不足といわれているなかで、いかにして質のよい介護人材を採用できるかが、競合との差別化を図り事業を軌道にのせていくうえで重要になってきます。

そこで今回は、良質な介護人材を採用するために、皆さまが使うであろう「介護人材紹介会社」に関して、そのメリット・デメリットを中心に説明していきます。

一読し、ぜひ今後の経営にお役立てください。

紹介

介護人材紹介会社を探す前に

「人材紹介」と「人材派遣」は混同されがちですが、全く異なるサービスです。まずは各サービスの特徴と違いをおさらいします。

人材紹介

介護職員を採用したい事業者と、人材紹介会社に登録した介護分野での就職を目指す人を、つなぐ役割があります。

職種や経験年数、資格の有無、勤務時間や勤務地などの希望を双方からヒアリングし、お互いの条件に合う求人を紹介します。

ここから面接の調整を行い、採用されれば求職者は、事業者と直接雇用契約を結ぶことになります。

事業者は人材紹介会社に紹介料を支払います。その後に追加で払うことはありません。給与は直接採用した人に支払います。

人材派遣

人材派遣の強みは、基本的に必要な人材を必要な期間のみ利用できるという点にあります。

たとえば、資格を持つ職員が急に離職したことで、適当な人材をじっくり探すために、同じ資格を持つ人を半年間だけ雇用したいということも可能です。

人材派遣会社は自社に登録されて契約を結んでいる人の中から、条件に合う人材を選出し、事業者へ派遣します。

つまり、事業者と派遣会社、派遣会社と派遣されてくる人材が、それぞれ契約を結ぶことになります。

派遣会社には時間給の契約で支払いますが、社会保険料などにかかる費用や派遣会社の取り分もあるので一般の時給よりも高くなり、事業所の利益率は低くなります。

人材紹介会社と人材派遣会社は、どちらも登録している求職者に対し、スキルアップのための講習や、資格取得サポートなどを独自に行っていることが多いです。

介護人材紹介会社を利用するメリット・デメリット

介護事業者が介護人材紹介会社を利用するメリットとデメリットについて説明します。

メリット

ミスマッチを防ぐ

最大のメリットは、介護事業者と応募者のミスマッチを無くすことです。

たとえば、介護福祉士の資格を持ち介護業務経験のある人のみ正社員採用、その他の人はパートとして採用するつもりで広告を出しても、限られた字数のため内容が正確に伝わらず、未経験の人が最初から正社員での就職を希望して応募してくることもあります。

事業者と求職者の優先順位の高い条件などをヒアリングしてくれる人材紹介会社では、こういったミスマッチを防げます。

成功報酬型である

採用が決定した時の成功報酬型のため、費用対効果が確実に得られます。

つまり、紹介された人材を採用しない場合、あるいは採用を辞退された時には、紹介料を払う必要がありません。

採用効率の高さ

忙しい業務の合間をぬって、応募してくる一人ひとりに面接するよりも、採用効率が良くなります。

人材の質の高さ

人材紹介会社が、事業者の希望に沿った内容で、あらかじめ応募者に対してスクリーニングをかけてくれるので、質の高い人材を獲得できる可能性が高いです。

つまり、紹介された時点で予備選考が行われているといえます。また、独自に研修を行ったり、資格取得を奨励しているので、介護知識ゼロの人に一から教える手間が省けます。

スピード

採用を急いでおり、一般募集では間に合わない場合に有利です。早い場合には、1週間ほどで面接、契約をすることもあります。

デメリット

費用

採用が決定した後での紹介料は、自社の直接募集で採用した場合の費用よりも高くなる傾向にあります。採用のための予算が最初から少ない場合には注意が必要です。

登録している人限定

チラシなどで広く広告を出すと、意外な人材に巡り合うこともあります。経験や資格はないけれど事業所の理念や雰囲気にぴったりで、採用してみるとどんどん成長する素質を持っている人などです。

人材紹介では即戦力となる人材を紹介してくれる反面、意外性のある求職者に出会うことはないかもしれません。

介護人材紹介会社を利用した際にかかる費用

介護人材紹介会社に紹介された人との契約が上手くいくと、その費用として紹介手数料を支払います。

1回のみの支払いで、想定される年収の20〜30%ほどが相場になります。人材紹介会社によってはもっと高い場合もあり、職種や資格などの条件によって変わることもあります。

金額が大きくなるので、事前に詳しく確認しておくことが望ましいです。

また、紹介会社の中には、最初は派遣として様子をみて、数か月後に紹介料を払って正社員の契約を結ぶことが可能な会社もあります。

その場合には、派遣期間中の派遣料+紹介料となります。

介護人材紹介会社の選び方

介護に特化した会社か

人材紹介会社の中には、幅広くさまざまな業種や職種を取り扱っている会社もあります。

しかし、介護、あるいは介護と医療に特化した介護人材紹介会社では、ネットワークや情報をたくさん持っているので、登録している人と事業者とのマッチングがしやすくなります。

また、介護業界に詳しく仕事の内容もよく理解してくれているので、全体の動向を把握しており、現実的な視点から人材を紹介してくれます。

料金

紹介料には幅があるため、事業所の採用活動の予算内に収まるかということは、事業を立ち上げる際にはとても大切なポイントです。

また、高額な紹介料を払って採用しても、すぐに辞められてしまっては意味がありません。

そのためのマッチングなのですが、突然の病気や事情が変わったなど、避けられないこともあります。

紹介会社によっては、早期退職の場合には返金制度があるので、調べてみることをお勧めします。

研修の有無

とくに、資格のない登録者の質を高くするために、独自に事前に研修をしていたり、資格取得のためのコースを開催している会社もあります。

登録者のスキルアップに真剣に取り組んでいる会社からは、レベルの高い人を紹介してもらえる可能性が高くなります。

まとめ

紹介料が高額なため、とくに中小規模の事業所の場合には、利用するかを躊躇してしまう介護人材紹介会社ですが、長期にわたって優秀な人材が働いてくれれば、何度も採用活動をして時間と費用をかける必要がなくなります。

また、開業に向けて準備をしている事業者であれば、チームを引っ張っていける資格や経験を持つリーダーにふさわしい人を採用する必要があるかもしれません。

そのような時に、介護人材紹介会社というのは、頼もしい味方ではないでしょうか。

5/5 (1)

この記事を評価する

-人材の採用・育成

執筆者:

関連記事

解決策

介護業界の人員不足への対策とは?

どうすれば、僕の事業所に介護スタッフが集まってくれるんだろう… 一番は介護スタッフが働きやすい環境を提供することじゃ。 なるほど~キャリアパス要件とかもう一度見直してみよう 少子高齢化に伴い、介護分野 …

ベトナム人

ベトナム人介護人材を受け入れる際に知っておきたいこと

僕の事業所でもベトナム人の介護スタッフ採用に興味があるんだけど、情報が少ないから悩んでいるんだよね… 確かに、ベトナム人の介護スタッフを採用している介護事業所は少ないからね。この記事を読めば、悩みを解 …

採用を求める人

介護事業の新卒採用についてお悩みの方へ

僕の事業所、人員基準ぎりぎりで毎日大変だよ… ならば、新卒採用をしてみてはどうじゃ?新卒採用についてこの記事を読めば、悩みも解決すると思うぞ 確かに、新卒採用は良く分からなかったから悩んでいたんだ、よ …

人材教育

介護現場のキーとなる「人材教育」がもたらす効果

事業所内での教育って意味あるのかな? そんなこと言わないの!カイポチ君!事業所内での教育は会社の利益につながるんだよ! 事業所内教育がどんどん活発になるとよいのぉ 人材教育は様々な企業で実施されていま …

節約

必見!知らないと損する介護人材の採用時に使える助成金

助成金受けるのって、申請とか面倒くさそうだな 利用できる助成金はしっかり活用して、その分スタッフの処遇を改善していかないと! やっぱり、行動しないといけないよね!よし、申請するぞ~! 介護事業を新規に …