介護事業所|在宅でのマイナンバー取扱い

投稿日:

在宅ケアの場合は、もちろん利用者さんの自宅に書留にてカードが送られてきます。

カードの管理に関しては後見人の方の判断を仰ぎましょう。


本人や後見人の意向で施設のカードの管理を任せたいということであっても、居所はあくまでも自宅ですので、「マイナンバーのカードは、とても大切なものなので、原則として私達ヘルパーはお預かりできないことになっているのです。取り敢えず貴重品と一緒に保管して頂いて、もしどうしても心配であれば役所に問合せて頂くのがよいでしょう。」と答えて、安易に受け取らないようにしましょう。


基本的には家族の方、後見人の方にカードを保管してもらうことが必要です。もしご家族や後見人の方と連絡が取れなかったりする場合には、やはり「通知カードの入った封を開封することなく、そのままの状態で金庫に入れ保管して」、役所のマイナンバー担当者に状況報告して指示を仰ぐことでトラブルを防ぐことができるでしょう。


(弁護士外岡潤 presents (C) 2015 SotookaJun All Rights Reserved

執筆:ヘルスバンク株式会社 石塚集
監修(後半記事):弁護士 外岡潤

 マイナンバー対策はお済ですか?
「格安・安全・使いやすい」
マイナンバー対策はカイポケにお任せ!
http://www.kaipoke.biz/lp/my_number/

-

関連記事

no image

介護予防支援に係る新総合事業の導入に伴う基本報酬の見直し

 総合事業の導入に伴い、基本報酬が評価されることになりました。指定介護事業者以外の主体者がサービスを行う事も前提とされているため、今後は予防プランにも様々な企画が求められていくでしょう。ボラ …

no image

社会参加を維持できるサービス提供体制の評価

 訪問リハビリテーションを利用することにより、利用者のADL・IADLが向上し、社会への復帰や参加を維持できるような、質の高い訪問リハビリテーションを提供した場合、「社会参加支援加算(新設)」として評 …

no image

介護経営の専門家が語る!介護報酬改定後の事業所の動き

地域の中核的な介護事業者になるためには? 石塚 今後、介護保険サービスにおいて、在宅の要素は広がっていくと思いますが、地域の高齢者を包括的にみていくためには、医療と本格的に連携したところが中核になって …

no image

看取り介護加算

  特別養護老人ホームにおける看取り介護の質を向上させるため、「看取り介護加算」の要件が強化され、それに伴い点数が加配されます。   (現行)死亡日以前4 日以上30 日以下  8 …

no image

訪問介護と新総合事業を一体的に実施する場合の人員等の基準上の取扱い

 訪問介護事業所が総合事業を行なう際の人員要件が決まりました。訪問介護事業者が、同一事業所・体制において新総合事業を行なう場合、人員や設備、運営基準は現行の基準と変更せずに参加できるようになりました。 …