介護事業所|在宅でのマイナンバー取扱い

投稿日:

在宅ケアの場合は、もちろん利用者さんの自宅に書留にてカードが送られてきます。

カードの管理に関しては後見人の方の判断を仰ぎましょう。


本人や後見人の意向で施設のカードの管理を任せたいということであっても、居所はあくまでも自宅ですので、「マイナンバーのカードは、とても大切なものなので、原則として私達ヘルパーはお預かりできないことになっているのです。取り敢えず貴重品と一緒に保管して頂いて、もしどうしても心配であれば役所に問合せて頂くのがよいでしょう。」と答えて、安易に受け取らないようにしましょう。


基本的には家族の方、後見人の方にカードを保管してもらうことが必要です。もしご家族や後見人の方と連絡が取れなかったりする場合には、やはり「通知カードの入った封を開封することなく、そのままの状態で金庫に入れ保管して」、役所のマイナンバー担当者に状況報告して指示を仰ぐことでトラブルを防ぐことができるでしょう。


(弁護士外岡潤 presents (C) 2015 SotookaJun All Rights Reserved

執筆:ヘルスバンク株式会社 石塚集
監修(後半記事):弁護士 外岡潤

 マイナンバー対策はお済ですか?
「格安・安全・使いやすい」
マイナンバー対策はカイポケにお任せ!
http://www.kaipoke.biz/lp/my_number/

-

関連記事

no image

居宅事業所は今後どうあるべきか!?考える

居宅事業所のあり方は・・・ ご覧のように加算Iを取得しようと思えば主任介護支援専門員が1名→2名必要となっており、加算IIでは常勤の介護支援専門員が2名→3名必要となっています。 このようにハードルが …

no image

看護職員の配置基準の緩和

 介護給付費分科会の資料によると、看護職員の配置数(常勤換算数)の全体平均は「1人以上1.2人未満」が24.5%、「1.2人以上2.0人未満」が22.5%となっています。規模別で配置が0人をみてみると …

no image

障害者生活支援体制加算

  現状の「障害者生活支援員に係る加算」は重度の視覚障害・聴覚障害・言語機能障害・知的障害のある入所者へのケアを評価するものとなっています。いままでは、精神障害のある入所者へのケアは評価の対 …

no image

小規模通所介護が今後打つ手とは?

小規模通所介護だけに固執しない    しかし、個人的におススメしたいのは小規模通所介護だけに固執するのではなく、他事業に積極的に打って出るという考え方をして頂ければと思います。 ここで言う他 …

no image

介護予防支援に係る新総合事業の導入に伴う基本報酬の見直し

 総合事業の導入に伴い、基本報酬が評価されることになりました。指定介護事業者以外の主体者がサービスを行う事も前提とされているため、今後は予防プランにも様々な企画が求められていくでしょう。ボラ …