介護事業所|施設でのマイナンバー取扱い

投稿日:

施設における利用者さんのマイナンバー対応をまとめた外岡弁護士の資料を見ながら、具体的な取扱いを確認してみます。

利用者さんの居所が施設の場合は、施設に書留にてカードが送られてきます。居所登録が自宅の場合は自宅に番号カードが届きますので、家族の方が最初に受け取る場合がほとんどでしょう。

カードの管理に関しては後見人の方の判断を仰ぎましょう。

本人や後見人の意向で施設のカードの管理を任せたいということであれば、委任を受けて「通知カードの入った封を開封することなく、そのままの状態で金庫に入れ保管する」ことが望ましいでしょう。


もし利用者の方に認知症があり、ご家族がいらっしゃらない場合は「事務管理」として「通知カードの入った封を開封することなく、そのままの状態で金庫に入れ保管して」、役所のマイナンバー担当者に状況報告して指示を仰ぐことでトラブルを防ぐことができます。役所申し立てで後見人をつけてもらうように行政に要望しましょう。

 

(弁護士外岡潤 presents (C) 2015 SotookaJun All Rights Reserved

執筆:ヘルスバンク株式会社 石塚集
監修(後半記事):弁護士 外岡潤

 マイナンバー対策はお済ですか?
「格安・安全・使いやすい」
マイナンバー対策はカイポケにお任せ!
http://www.kaipoke.biz/lp/my_number/

-

関連記事

no image

「特別養護老人ホーム」の職員に係る専従要件の緩和

 地域包括ケアシステムの目的の一つである地域貢献活動の実現に向けて、特別養護老人ホームの職員に係る「専従」の要件の解釈通達がでて、地域活動がしやすくなります。   現状の問題点としては、特別 …

no image

事業開始時支援加算の見直し

 小規模多機能居宅介護における事業開始時支援加算の経過措置は2015年3月31日までとなっていました。予定通り廃止されることになりました。   事業開始時支援加算 500 単位/月 ⇒ 廃止 …

no image

短期集中リハビリテーション実施加算と個別リハビリテーション実施加算の見直し

 今回の改定において、個別リハビリテーション実施加算(80単位/回)が無くなる代わりに、基本報酬が加算され、短期集中個別リハビリテーション実施加算が見直しされることになりました。   【基本 …

no image

小規模多機能における改定ポイント

  増える高齢者に対応するために、包括型で複合的なサービスを提供できる小規模多機能居型施設は多くの期待が寄せられています。今回の改定では、多くのサービス事業形態がマイナスになる中で、小規模多 …

no image

訪問看護における改定ポイント

 訪問看護では平成21年以降、要介護1、2の利用者が増加傾向にあります。増加の理由は訪問リハビリの利用やインスリンの自己注射のための管理と考えられます。しかし今後は要介護度の高い利用者にも対応していか …