介護事業所|施設でのマイナンバー取扱い

投稿日:

施設における利用者さんのマイナンバー対応をまとめた外岡弁護士の資料を見ながら、具体的な取扱いを確認してみます。

利用者さんの居所が施設の場合は、施設に書留にてカードが送られてきます。居所登録が自宅の場合は自宅に番号カードが届きますので、家族の方が最初に受け取る場合がほとんどでしょう。

カードの管理に関しては後見人の方の判断を仰ぎましょう。

本人や後見人の意向で施設のカードの管理を任せたいということであれば、委任を受けて「通知カードの入った封を開封することなく、そのままの状態で金庫に入れ保管する」ことが望ましいでしょう。


もし利用者の方に認知症があり、ご家族がいらっしゃらない場合は「事務管理」として「通知カードの入った封を開封することなく、そのままの状態で金庫に入れ保管して」、役所のマイナンバー担当者に状況報告して指示を仰ぐことでトラブルを防ぐことができます。役所申し立てで後見人をつけてもらうように行政に要望しましょう。

 

(弁護士外岡潤 presents (C) 2015 SotookaJun All Rights Reserved

執筆:ヘルスバンク株式会社 石塚集
監修(後半記事):弁護士 外岡潤

 マイナンバー対策はお済ですか?
「格安・安全・使いやすい」
マイナンバー対策はカイポケにお任せ!
http://www.kaipoke.biz/lp/my_number/

-

関連記事

no image

在宅・入所相互利用加算

 特別養護老人ホームは、重度者への対応も引き受けながら、地域住民の在宅生活の継続を支援する対応が求められています。今回改定では、「在宅・入所相互利用加算」に見直しが入り、在宅促進のために要件が緩和され …

no image

20分未満の身体介護の見直し

 在宅における中重度の要介護者の支援促進のために「20分未満の身体介護」に大きな見直しがありました。日中利用についている現状の要件を緩和し、すべての訪問介護事業者において算定が可能(前回の訪問から2時 …

no image

公平・中立性の確保の推進

ケアマネジメントの質を確保する観点から、正当な理由のない特定の事業所へのサービスの偏りの割合が80%以上である場合に減算となります。   いままでの要件では90%となっていた割合を80%に引 …

no image

運営推進会議及び外部評価の効率化

 現在、小規模多機能型居宅介護を含む地域密着型サービスは年に1回以上の外部評価が義務付けられていますが、運営推進会議と外部評価は、「第三者による評価」という点で共通していることを踏まえ、事業所が自己評 …

no image

居宅事業所は今後どうあるべきか!?考える

居宅事業所のあり方は・・・ ご覧のように加算Iを取得しようと思えば主任介護支援専門員が1名→2名必要となっており、加算IIでは常勤の介護支援専門員が2名→3名必要となっています。 このようにハードルが …