介護・障害福祉事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

マイナンバー導入の目的

投稿日:

 マイナンバーの導入目的は、国民1人に1つの番号を付与することによって、税、社会保障、災害対策などの分野で効率的よく情報を管理するためで、社会的効果は大きく3つとされています。

一つは、「公平・公正な社会の実現」です。税や所得などを把握して、社会保障などのサービスを享受しているものと結びつけることによって、税や保険料の負担を不当に免れることを防ぐことができます。


二つめは、「国民の利便性の向上」です。いまで同じような種類の書類を書いていた申請業務が簡素化され、国民の負担が軽減されるといわれています。また、行政機関からサービスのお知らせなどを受け取ることが容易になります。


三つめは、「行政の効率化」です。行政機関や地方公共団体などが毎日のように個人情報の照合、転記、入力などをしている手間が大幅に削減されるそうです。具体値などはでていませんが、行政部門のコストカットが見込めるのだ考えられます。

執筆:ヘルスバンク株式会社 石塚集
監修(後半記事):弁護士 外岡潤

 
マイナンバー対策はお済ですか?
「格安・安全・使いやすい」
マイナンバー対策はカイポケにお任せ!
http://www.kaipoke.biz/lp/my_number/

関連記事

no image

短期集中リハビリテーション加算と個別リハビリテーションの見直し

 「短期集中リハビリテーション実施加算」に見直しが入りました。リハビリテーションマネジメント加算が個別化したことにより、早期かつ集中的な介入を行う部分について評価が平準化されることになります。 &#1 …

no image

布製マスクの洗い方

3月18・19日に通知された「介護保険最新情報 Vol.788・789」の通り、介護施設や介護サービス事業所等に布製マスクが配布されます。配布枚数は職員と利用者に対して「少なくとも1人1枚」とのこと。 …

no image

地域連携の拠点としての機能の充実

 地域で高齢者ケアを支えていくため、通所介護施設は地域の連携拠点となるよう期待されています。生活相談員の相談業務の幅を広げられるように専従要件が緩和されることになりました。事業所内に限った利用者からの …

no image

生活行為向上リハビリテーション実施加算の実施後に通所リハビリテーションを継続した場合の減算(新設)

 新設された「生活行為向上リハビリテーション」のサービスを提供した後、指定リハビリテーションを継続的に実施した場合には、1日につき所定単位数の 15 / 100が減算されます。   ※ 算定 …

no image

介護老人福祉施設における改定のポイント

  昨年の2014年6月18日に「医療・介護総合推進法」が成立し、特別養護老人ホームへの入所が「要介護3」以上に限定されるようになりました。   特別養護老人ホームにおいては、看取 …