マイナンバー介護事業所におけるポイントと本特集について

投稿日:

平成27年10月からマイナンバーの通知が始まりました。
内閣府の知らせによると、原則として、市区町村から住民票に登録されている住所あてにマイナンバー(12桁)が記載された「通知カード」を送られています。このマイナンバーは漏えいして、不正に使われるおそれがある場合を除いて、一生変更されないことが原則です。そのため収集や保管に関する取扱いのめんどくささやリスクが先行して話題になっています。

運用当初は事業主から、様々な疑問点や問題点がでてくると予想されます。特に介護事業者は利用者の方に要介護申請を支援するときなど、マイナンバーを書かなくてはいけないのか、それは義務なのか、罰則があるのか、とても気になるポイントです。

本特集では介護業界に詳しい介護・福祉系法律事務所 おかげさまの外岡潤弁護士の話を交えながら、マイナンバー制度をどのように運用していけばよいのかポイントをまとめています。

執筆:ヘルスバンク株式会社 石塚集
監修(後半記事):弁護士 外岡潤

マイナンバー対策はお済ですか?
「格安・安全・使いやすい」
マイナンバー対策はカイポケにお任せ!
 

-

関連記事

no image

認知症対応型共同生活介護事業所との併設型における夜間の職員配置の緩和

  小規模多機能型居宅介護事業所と認知症対応型共同生活介護事業所が併設している場合、サービスの提供に影響がないことを前提として以下の要件において、兼務が認められることになります。 &#160 …

no image

在宅・入所相互利用加算

 特別養護老人ホームは、重度者への対応も引き受けながら、地域住民の在宅生活の継続を支援する対応が求められています。今回改定では、「在宅・入所相互利用加算」に見直しが入り、在宅促進のために要件が緩和され …

no image

サービス提供体制強化加算の創設【地域密着型・介護予防を含む】

  特別養護老人ホームにおける入居者制限が要介護度3に限定されたことから特定施設入居者生活介護1(サ高住)の役割拡大が期待されています。要介護1・2で入居した利用者が重度化した場合でも引き続 …

no image

地域との連携の推進

 小規模多機能型居宅介護事業所が新総合事業を行う場合の取り扱いが決まりました。介護サービス(利用者の処遇)に支障がないことを前提として、管理者が新総合事業の訪問型サービスや通所型サービス等の職務と兼務 …

no image

通所介護(大規模型・通常規模型)のサテライト事業所への移行

 小規模通所介護事業所が大規模型・通常規模型のサテライト事業所へ移行する場合には、 現行のサテライト事業所の取扱いに従って取り扱われることになります。指定居宅サービスに関する基準には、「事業者の指定は …