マイナンバー介護事業所におけるポイントと本特集について

投稿日:

平成27年10月からマイナンバーの通知が始まりました。
内閣府の知らせによると、原則として、市区町村から住民票に登録されている住所あてにマイナンバー(12桁)が記載された「通知カード」を送られています。このマイナンバーは漏えいして、不正に使われるおそれがある場合を除いて、一生変更されないことが原則です。そのため収集や保管に関する取扱いのめんどくささやリスクが先行して話題になっています。

運用当初は事業主から、様々な疑問点や問題点がでてくると予想されます。特に介護事業者は利用者の方に要介護申請を支援するときなど、マイナンバーを書かなくてはいけないのか、それは義務なのか、罰則があるのか、とても気になるポイントです。

本特集では介護業界に詳しい介護・福祉系法律事務所 おかげさまの外岡潤弁護士の話を交えながら、マイナンバー制度をどのように運用していけばよいのかポイントをまとめています。

執筆:ヘルスバンク株式会社 石塚集
監修(後半記事):弁護士 外岡潤

マイナンバー対策はお済ですか?
「格安・安全・使いやすい」
マイナンバー対策はカイポケにお任せ!
 

-

関連記事

no image

居宅介護支援事業所とサービス事業所の連携

 居宅サービス計画に沿った介護サービスが提供されるためには、各サービス事業所における個別サービス計画との連動性や整合性が必要との議論から、介護支援専門員は居宅サービス計画に位置付けた指定サービス事業所 …

no image

通所介護(大規模型・通常規模型)のサテライト事業所への移行

 小規模通所介護事業所が大規模型・通常規模型のサテライト事業所へ移行する場合には、 現行のサテライト事業所の取扱いに従って取り扱われることになります。指定居宅サービスに関する基準には、「事業者の指定は …

no image

居宅介護支援における改定のポイント

 現在の認知症患者は約400万人(推定)ですが、10年後の2025年は700万人を超えるといわれています。このような時代背景を受けて、認知症対応が基本報酬に包括化されたことは居宅介護支援における改定の …

no image

集合住宅に居住する利用者へのサービス提供

 集合住宅におけるサービス利用に関しては各サービスが包括化の流れにあります。訪問介護、訪問入浴介護、夜間対応型訪問介護、訪問看護及び訪問リハビリテーションについて、以下の見直しが入りました。 &#16 …

no image

看護職員の配置基準の緩和

 介護給付費分科会の資料によると、看護職員の配置数(常勤換算数)の全体平均は「1人以上1.2人未満」が24.5%、「1.2人以上2.0人未満」が22.5%となっています。規模別で配置が0人をみてみると …