居宅事業所は今後どうあるべきか!?考える

投稿日:

居宅事業所のあり方は・・・

ご覧のように加算Iを取得しようと思えば主任介護支援専門員が1名→2名必要となっており、加算IIでは常勤の介護支援専門員が2名→3名必要となっています。
このようにハードルがあがっているので、多くの事業所さんにとっては加算取得の話なんてそもそも関係ないと思っているかもしれません。また、そもそも居宅介護支援事業所の単独黒字が難しい状況となっており悩んでいる経営者さんも多いのではないでしょうか?
 
 そこで提案したいのが自社及び地域にある複数の他事業所を巻き込んで、合同会社を設立し、新設で居宅介護支援事業所を立ち上げ特定事業所加算Iの取得を目指すことです。
1人のケアマネさんが持つプランを35件程度と考えると、居宅介護支援事業所単独での黒字化も見込めますし、集中減算の心配もないのです。
 
 もちろん、単独で居宅介護支援事業所の大規模化を目指すことも一つの方法だと思いますが、その場合は集中減算にひっかからないように気を付けてもらえればと思います。
 
 いずれにせよ、自社単体だけの事業として難しい形となってきているのであれば、このような考えをもって地域を巻き込むことも一つではないかと思います。
 
 
佐藤慎也 介護事業研究会 
 

-

関連記事

no image

訪問介護における改定のポイント

  所要時間30分以上1時間未満地域包括ケアシステムの最大の目的は在宅生活の維持です。そして、その在宅生活のケアをサポートする中心は訪問介護事業者です。改定資料の中で「認知症高齢者や重度の要 …

no image

小規模多機能型居宅介護のサテライト型事業所への移行に向けた経過措置

 小規模通所介護事業所が小規模多機能型居宅介護のサテライトに移行する際に、通所介護の機能しか持っていない施設が移行しやすいように、平成29年度末まで経過措置が設けられることになりました。しかしながら、 …

no image

地域との連携の推進

 小規模多機能型居宅介護事業所が新総合事業を行う場合の取り扱いが決まりました。介護サービス(利用者の処遇)に支障がないことを前提として、管理者が新総合事業の訪問型サービスや通所型サービス等の職務と兼務 …

no image

短期集中リハビリテーション実施加算と個別リハビリテーション実施加算の見直し

 今回の改定において、個別リハビリテーション実施加算(80単位/回)が無くなる代わりに、基本報酬が加算され、短期集中個別リハビリテーション実施加算が見直しされることになりました。   【基本 …

no image

居宅介護支援における改定のポイント

 現在の認知症患者は約400万人(推定)ですが、10年後の2025年は700万人を超えるといわれています。このような時代背景を受けて、認知症対応が基本報酬に包括化されたことは居宅介護支援における改定の …