介護・障害福祉事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

居宅事業所は今後どうあるべきか!?考える

投稿日:

更新日:

居宅事業所のあり方は・・・

ご覧のように加算Iを取得しようと思えば主任介護支援専門員が1名→2名必要となっており、加算IIでは常勤の介護支援専門員が2名→3名必要となっています。
このようにハードルがあがっているので、多くの事業所さんにとっては加算取得の話なんてそもそも関係ないと思っているかもしれません。また、そもそも居宅介護支援事業所の単独黒字が難しい状況となっており悩んでいる経営者さんも多いのではないでしょうか?
 
 そこで提案したいのが自社及び地域にある複数の他事業所を巻き込んで、合同会社を設立し、新設で居宅介護支援事業所を立ち上げ特定事業所加算Iの取得を目指すことです。
1人のケアマネさんが持つプランを35件程度と考えると、居宅介護支援事業所単独での黒字化も見込めますし、集中減算の心配もないのです。
 
 もちろん、単独で居宅介護支援事業所の大規模化を目指すことも一つの方法だと思いますが、その場合は集中減算にひっかからないように気を付けてもらえればと思います。
 
 いずれにせよ、自社単体だけの事業として難しい形となってきているのであれば、このような考えをもって地域を巻き込むことも一つではないかと思います。
 
 
佐藤慎也 介護事業研究会 
 

関連記事

no image

項目別:人員基準・算定要件等の臨時対応

>>介護人材不足・採用でお困りの法人担当者様向け、求人掲載(無料)のご案内詳細<< 1.一時的に人員基準・運営基準等を満たせなくなる場合 該当サービス:各サービス共通 2.運営推進会議等の延期・中止の …

no image

小規模通所介護が今後打つ手とは?

>>介護人材不足・採用でお困りの法人担当者様向け、求人掲載(無料)のご案内詳細<< 小規模通所介護だけに固執しない    しかし、個人的におススメしたいのは小規模通所介護だけに固執するのでは …

no image

活動と参加に焦点を当てた新たな評価体系の導入

>>介護人材不足・採用でお困りの法人担当者様向け、求人掲載(無料)のご案内詳細<<   今回の改定により「生活行為向上リハビリテーション実施加算」が新設されます。ケアマネから通所リハビリテー …

no image

夜間及び深夜のサービスを実施する場合の運営基準の厳格化

>>介護人材不足・採用でお困りの法人担当者様向け、求人掲載(無料)のご案内詳細<<  通所介護事業所の設備を利用して、介護保険制度外の夜間及び深夜のサービス(宿泊サービス)を実施している事業所は、指定 …

no image

認知症対応型共同生活介護事業所との併設型における夜間の職員配置の緩和

>>介護人材不足・採用でお困りの法人担当者様向け、求人掲載(無料)のご案内詳細<<   小規模多機能型居宅介護事業所と認知症対応型共同生活介護事業所が併設している場合、サービスの提供に影響が …