介護保険導入までの社会背景

投稿日:

福祉の分野でゴールドプランが策定される

 1973年のオイルショックをきっかけとして、日本の高度経済成長は終焉に向かいます。右肩上がりだった経済も終わり税収にも影響がでてきます。これにより、社会保障制度についても見直しが検討されるようになってきます。現役世代と高齢者の費用負担において公平さを維持するため老人保健制度が導入され、また、保険料の本人負担(1割)も始まりました。
 
 この頃、高齢者福祉の分野では、寝たきり高齢者が社会問題化し始めます。介護保険はまだありませんので、社会福祉の領域において特別養護老人ホームなどの体制づくりが進められてきました。1980年代に入ると、施設でのケアから在宅への以降が進められるようになり、通所介護、短期入所生活介護が制度化されていきました。そして、介護領域において大きな節目となったのが1989年に策定された「高齢者保健福祉推進十カ年戦略(ゴールドプラン)」です。ゴールドプランを円滑に進めるために老人福祉法等が改正されて、全市町村、都道府県で「老人保健福祉計画」を策定することが義務づけられるようになりました。
 
 

時代の変化と介護保険法の成立

 1970年代の後半から高齢化率は課題となっていた日本ですが、1990年には合計特殊出生率が1.57人となるいわゆる1.57ショックがありました。その後も出生率は低い水準で推移して、全体が人口減少する中で高齢化が進む国となりました。
 
 この頃は社会の変化も進み、仕事の内容も、男女の役割も変化していました。いくつかの世帯が一軒家に住むという考えが変わり、核家族向けのファミリータイプのマンションが増加したのもこの頃です。いままで一緒に住んでいなかった両親にケアが必要になったとき、夫婦が共働きなどの家庭では、介護をすることが身体的、精神的に大きな負担となってきたのです。家で高齢者をケアできる環境が減ってきたのです。
 
 いままで福祉の分野や、老人医療の分野で扱われていた高齢者ケアの問題を一部の限られた問題としてとらえるのではなく、国民皆で高齢者ケアを支えていこうという考えの下、1997年に介護保険法が成立し、2000年4月から介護保険制度が施行されました。
 
 
※参考資料
戦後社会保障制度史 厚生労働省

-

関連記事

no image

事業開始時支援加算の見直し

 小規模多機能居宅介護における事業開始時支援加算の経過措置は2015年3月31日までとなっていました。予定通り廃止されることになりました。   事業開始時支援加算 500 単位/月 ⇒ 廃止 …

no image

障害者生活支援体制加算

  現状の「障害者生活支援員に係る加算」は重度の視覚障害・聴覚障害・言語機能障害・知的障害のある入所者へのケアを評価するものとなっています。いままでは、精神障害のある入所者へのケアは評価の対 …

no image

生活機能向上連携加算の拡大

 介護のおけるリハビリテーションの提供は「高齢者の心身の状況が低下した際、リハビリテーションが適切に提供されることにより、機能改善をし、生活が自立できるように支援する」という考え方がベースにあります。 …

no image

心身機能訓練から生活行為向上訓練まで総合的に行う機能の強化

 通所介護においても利用者の居宅生活を考慮したサービス提供が求められるようになります。現在の「個別機能訓練加算」が要件が見直しされ、「居宅を訪問した上で計画を作成すること」が追加されることになります。 …

no image

マイナンバー導入の目的

 マイナンバーの導入目的は、国民1人に1つの番号を付与することによって、税、社会保障、災害対策などの分野で効率的よく情報を管理するためで、社会的効果は大きく3つとされています。一つは、「公平 …