小規模多機能における改定ポイント

投稿日:

  増える高齢者に対応するために、包括型で複合的なサービスを提供できる小規模多機能居型施設は多くの期待が寄せられています。今回の改定では、多くのサービス事業形態がマイナスになる中で、小規模多機能型では新設された加算が多くありました。

 

在宅介護におけるケアの質向上を目的として、訪問頻度を増やすような訪問体制強化加算の新設、護師などの他職種協働促進を目的とした総合マネジメント体制強化加算などです。

 

また特別養護老人ホームは要介護3以上に限定されますので、施設に入れない高齢者が増えると予測されています。今回の改定から、小規模多機能型にも看取りに関する加算「看取り連携体制加算」が新設されました。看護師と24時間連絡できる体制を確保しておくことが必要で、家族に対して看取りの方針について事前説明が要件となっています。

 

-

関連記事

no image

認知症短期集中リハビリテーションの充実

 現在の認知症集中リハビリテーションでは、身体機能へのアプローチである個別リハビリテーションと同様の体系となっています。今回の改定で、見当識や記憶などの認知機能の状態に合わせた実施内容が評価されるよう …

no image

介護事業所|施設でのマイナンバー取扱い

施設における利用者さんのマイナンバー対応をまとめた外岡弁護士の資料を見ながら、具体的な取扱いを確認してみます。利用者さんの居所が施設の場合は、施設に書留にてカードが送られてきます。居所登録が自宅の場合 …

no image

リハビリテーションの基本理念

 今回の改定において、リハビリテーションに関する大きな見直しが入ったため、基本方針の規定が改定されることになりました。    「リハビリテーションは心身機能、活動、参加などの生活機能の維持・ …

no image

地域ケア会議における関係者間の情報共有

 今後の制度改正で介護保険上に位置づけた地域ケア会議において、個別のケアマネジメントの事例の提供の求めがあった場合には、協力するように求められます。今後は総合事業に関するプラン、認知症利用者 …

no image

訪問介護における改定のポイント

 所要時間30分以上1時間未満地域包括ケアシステムの最大の目的は在宅生活の維持です。そして、その在宅生活のケアをサポートする中心は訪問介護事業者です。改定資料の中で「認知症高齢者や重度の要介護者の増加 …