社会保障費の背景にあるもの

投稿日:

  段階世代が後期高齢者になる2025年に焦点を絞って改革が進められています。全体の社会保障費を下げながらケアの質を維持するためには、地域包括ケアシステムの精度を上げながら、医療依存度の高い利用者からサービスを利用する流れになることが予想されます。 

今回の改定でも、一丁目一番地の変更点といえるのは「中重度者・認知症者」への体制強化でした。医療では療養型のベッドを減らす方向性に進んでいます。今後は、そのような方たちが介護保険の方に流れてくることをしっかりと認識することが大切です。

 

また、今回の介護報酬改定において、リハビリのPDCAマネジメントを行なった場合の加算が新設されたり、サービス計画をケアマネに提出するなどの努力義務が発生しています。どのようなサービスを提供したら、在宅での生活を支える源になるのか。今後はアウトカム評価の導入などが議論される方向に進んでいくでしょう。

-

関連記事

no image

社会参加を維持できるサービス提供体制の評価

 訪問リハビリテーションを利用することにより、利用者のADL・IADLが向上し、社会への復帰や参加を維持できるような、質の高い訪問リハビリテーションを提供した場合、「社会参加支援加算(新設)」として評 …

no image

基本報酬の見直し

 介護事業経営実態調査における特別養護老人ホームの収支差をみてみると、平成17年には13.6%、平成20年には3.4%、平成23年には9.3%、平成26年には8.7%と推移しています。新聞一般紙などの …

no image

運営推進会議及び外部評価の効率化

 現在、小規模多機能型居宅介護を含む地域密着型サービスは年に1回以上の外部評価が義務付けられていますが、運営推進会議と外部評価は、「第三者による評価」という点で共通していることを踏まえ、事業所が自己評 …

no image

おさえておきたい医療・医療保険情報 No.6

介護・医療連携の推進に向けておさえておきたい医療・医療保険関連の最近の動きを紹介します。 医療計画の報告書まとまる 来年度中に都道府県が策定 平成30年度からの第7次医療計画の策定に向けた厚生労働省の …

no image

小規模多機能型居宅介護と広域型特別養護老人ホームとの併設

 小規模多機能型居宅介護事業所と広域型の特別養護老人ホームなどの社会福祉施設や介護老人保健施設との併設について、小規模多機能型居宅介護事業所の構造や運営状況等を踏まえた上で、市町村が個別に併設の可否を …