社会保障費の背景にあるもの

投稿日:

  段階世代が後期高齢者になる2025年に焦点を絞って改革が進められています。全体の社会保障費を下げながらケアの質を維持するためには、地域包括ケアシステムの精度を上げながら、医療依存度の高い利用者からサービスを利用する流れになることが予想されます。 

今回の改定でも、一丁目一番地の変更点といえるのは「中重度者・認知症者」への体制強化でした。医療では療養型のベッドを減らす方向性に進んでいます。今後は、そのような方たちが介護保険の方に流れてくることをしっかりと認識することが大切です。

 

また、今回の介護報酬改定において、リハビリのPDCAマネジメントを行なった場合の加算が新設されたり、サービス計画をケアマネに提出するなどの努力義務が発生しています。どのようなサービスを提供したら、在宅での生活を支える源になるのか。今後はアウトカム評価の導入などが議論される方向に進んでいくでしょう。

-

関連記事

no image

延長加算の見直し(通所介護、通所リハビリテーション、認知症対応型通所介護)

 通所介護事業サービスの中で、「所要時間7時間以上9時間未満の通所介護の提供後から、宿泊サービスの前まで時間」に日常生活上の介助をした場合に延長加算が計上できましたが、今回の改定では、通所介護事業所の …

no image

認知症専門ケア加算の創設【地域密着型・介護予防を含む】

 認知症高齢者の増加に対するため、特定施設入居者生活介護でも積極的な受け入れが期待されています。受け入れ促進のために、「認知症専門ケア加算」が創設されます。   特定施設入居者生活介護におい …

no image

小規模多機能型居宅介護のサテライト型事業所への移行に向けた経過措置

 小規模通所介護事業所が小規模多機能型居宅介護のサテライトに移行する際に、通所介護の機能しか持っていない施設が移行しやすいように、平成29年度末まで経過措置が設けられることになりました。しかしながら、 …

no image

福祉用具専門相談員の資質の向上

 現在、指定福祉用具貸与・販売事業所には常勤で2名以上の配置が義務づけられていますが、介護給付費分科会での報告では、実際の事業所における従事者は、近年3.5人前後で推移しています。相談員の資格取得状況 …

no image

意外に難しい!?訪問介護事業所の特定事業所加算(IV)取得

4.前年度または前3ヶ月の利用者総数のうち、要介護3以上、認知症自立度III以上の利用者が60%以上であることもハードルが高い   また、4の利用者総数の60%が要介護3以上か要介護1、要介 …