介護福祉士の配置率が重要になるサービス提供体制の強化

投稿日:

  介護の質をどのように向上するのか。それは各事業所でも常に課題にあがるテーマです。今回の介護報酬改定では、サービス提供体制において「介護福祉士」の配置割合が大きなポイントになりました。介護福祉士の資格登録者数は100万人を超えましたが、実際に介護現場で働いている人は約半数という調査結果がでています。

 

 今回の改定の方針では、介護福祉士の役割を「ケアに対する専門性の高さを活かして、介護職の中核的な役割を担う存在」として位置づけています。介護福祉士の配置がより一層促進されるように、サービス提供体制強化加算の要件に、介護福祉士の配置割合が高くなるように改定が進められました。

 

介護事業者は資格を持ちながら介護現場にいない約50万人の介護福祉士の方たちにどのように現場復帰してもらうかが一つのテーマになるでしょう。

 

■夜間対応型訪問介護

(1)介護福祉士が40%以上配置されていること、又は、介護福祉士及び介護職員基礎研修修了者の合計が60%以上配置されていること。

(2)介護福祉士が30%以上配置されていること、又は、介護福祉士及び介護職員基礎研修修了者の合計が50%以上配置されていること。

 

■通所介護、通所リハビリテーション、認知症対応型通所介護

(1)介護福祉士が50%以上配置されていること。

(2)介護福祉士が40%以上配置されていること。

(3)3年以上の勤続年数のある者が30%以上配置されていること。

■小規模多機能型居宅介護、看護小規模多機能型居宅介護

(1)介護福祉士が50%以上配置されていること。

(2)介護福祉士が40%以上配置されていること。

(3)常勤職員が60%以上配置されていること。

(4)3年以上の勤続年数のある者が30%以上配置されていること。

 

 

■定期巡回・随時対応型訪問介護看護

(1)介護福祉士が40%以上配置されていること、又は、介護福祉士、実務者研修修了者及び介護職員基礎研修修了者の合計が60%以上配置されていること。

(2)介護福祉士が30%以上配置されていること、又は、介護福祉士、実務者研修修了者及び介護職員基礎研修修了者の合計が50%以上配置されていること。

(3)常勤職員が60%以上配置されていること。

(4)3年以上の勤続年数のある者が30%以上配置されていること。

-

関連記事

no image

居宅介護支援における改定のポイント

 現在の認知症患者は約400万人(推定)ですが、10年後の2025年は700万人を超えるといわれています。このような時代背景を受けて、認知症対応が基本報酬に包括化されたことは居宅介護支援における改定の …

no image

夜間及び深夜のサービスを実施する場合の運営基準の厳格化

 通所介護事業所の設備を利用して、介護保険制度外の夜間及び深夜のサービス(宿泊サービス)を実施している事業所は、指定権者へ届出が義務付けられます。また、宿泊サービスの提供による事故が発生した場合にも、 …

no image

小規模多機能における改定ポイント

  増える高齢者に対応するために、包括型で複合的なサービスを提供できる小規模多機能居型施設は多くの期待が寄せられています。今回の改定では、多くのサービス事業形態がマイナスになる中で、小規模多 …

no image

看護職員の配置要件、他の訪問看護事業所等との連携

 どこの地域でも看護師の不足には悩まされていると思います。今回の改定では、小規模多機能型居宅介護の看護職員が兼務可能な施設が緩和されます。兼務可能な施設・事業所の範囲として「同一敷地内又は隣接する施設 …

no image

地域密着型通所介護に係る基準の創設

 平成28年度に地域密着型通所介護が創設されますが、基本報酬については小規模型通所介護が踏襲されることになります。 現在の小規模型通所介護事業所が地域密着型に移行した際には、新たに運営推進会議の設置を …