介護福祉士の配置率が重要になるサービス提供体制の強化

投稿日:

  介護の質をどのように向上するのか。それは各事業所でも常に課題にあがるテーマです。今回の介護報酬改定では、サービス提供体制において「介護福祉士」の配置割合が大きなポイントになりました。介護福祉士の資格登録者数は100万人を超えましたが、実際に介護現場で働いている人は約半数という調査結果がでています。

 

 今回の改定の方針では、介護福祉士の役割を「ケアに対する専門性の高さを活かして、介護職の中核的な役割を担う存在」として位置づけています。介護福祉士の配置がより一層促進されるように、サービス提供体制強化加算の要件に、介護福祉士の配置割合が高くなるように改定が進められました。

 

介護事業者は資格を持ちながら介護現場にいない約50万人の介護福祉士の方たちにどのように現場復帰してもらうかが一つのテーマになるでしょう。

 

■夜間対応型訪問介護

(1)介護福祉士が40%以上配置されていること、又は、介護福祉士及び介護職員基礎研修修了者の合計が60%以上配置されていること。

(2)介護福祉士が30%以上配置されていること、又は、介護福祉士及び介護職員基礎研修修了者の合計が50%以上配置されていること。

 

■通所介護、通所リハビリテーション、認知症対応型通所介護

(1)介護福祉士が50%以上配置されていること。

(2)介護福祉士が40%以上配置されていること。

(3)3年以上の勤続年数のある者が30%以上配置されていること。

■小規模多機能型居宅介護、看護小規模多機能型居宅介護

(1)介護福祉士が50%以上配置されていること。

(2)介護福祉士が40%以上配置されていること。

(3)常勤職員が60%以上配置されていること。

(4)3年以上の勤続年数のある者が30%以上配置されていること。

 

 

■定期巡回・随時対応型訪問介護看護

(1)介護福祉士が40%以上配置されていること、又は、介護福祉士、実務者研修修了者及び介護職員基礎研修修了者の合計が60%以上配置されていること。

(2)介護福祉士が30%以上配置されていること、又は、介護福祉士、実務者研修修了者及び介護職員基礎研修修了者の合計が50%以上配置されていること。

(3)常勤職員が60%以上配置されていること。

(4)3年以上の勤続年数のある者が30%以上配置されていること。

-

関連記事

no image

「特別養護老人ホーム」の職員に係る専従要件の緩和

 地域包括ケアシステムの目的の一つである地域貢献活動の実現に向けて、特別養護老人ホームの職員に係る「専従」の要件の解釈通達がでて、地域活動がしやすくなります。   現状の問題点としては、特別 …

no image

多床室における居住費負担

  今回の改定では、一定の所得がある方が特養に入所する場合の、居住費負担が見直されることになりました。一定所得者には、現行の光熱水費相当分だけでなく、室料相当分の負担が求められます。 &#1 …

no image

重度療養管理加算の拡大

 中重度要介護者の積極的受け入れの観点から、重度療養管理加算の要件が見直され、対象者が要介護3まで拡大されます。   ※ 算定要件等(変更点のみ) ○ 対象者を要介護3まで拡大する。&#16 …

no image

短期集中リハビリテーション実施加算と個別リハビリテーション実施加算の見直し

 今回の改定において、個別リハビリテーション実施加算(80単位/回)が無くなる代わりに、基本報酬が加算され、短期集中個別リハビリテーション実施加算が見直しされることになりました。   【基本 …

no image

訪問介護における改定のポイント

  所要時間30分以上1時間未満地域包括ケアシステムの最大の目的は在宅生活の維持です。そして、その在宅生活のケアをサポートする中心は訪問介護事業者です。改定資料の中で「認知症高齢者や重度の要 …