中重度者と認知症患者への対応強化

投稿日:

 ■認知症対応型共同生活介護

 夜間における利用者の安全確保を更に推進する観点から、現在は評価の対象となっていない宿直職員による夜間の加配を新たに評価。

 

・夜間支援体制加算(I)1ユニット 50単位/日(新設)

・夜間支援体制加算(II)2ユニット以上 25単位/日(新設)

 

 

■定期巡回・随時対応型訪問介護看護、小規模多機能型居宅介護、複合型サービス共通

 利用者が在宅での生活を無理なく継続できるよう、積極的な連携体制整備に係る評価を新たな加算として創設。また、当該加算は、区分支給限度基準額の算定に含めない。

・総合マネジメント体制強化加算:1,000単位/月(新設)

 

 

■定期巡回・随時対応型訪問介護看護

 通所介護等の利用日における定期巡回・随時対応型訪問介護看護費の減算率を緩和。

 定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業所のうち一体型事業所における訪問看護サービスの一部を、他の訪問看護事業所に行わせることを可能とする。(運営基準事項)

・介護・看護利用者(要介護3)

  ▲ 452単位/日  → ▲ 216単位/

 

 

■小規模多機能型居宅介護

 訪問を担当する従業者を一定程度配置し、1月あたり延べ訪問回数が一定数以上の事業所について、新たな加算として創設。また、当該加算は、区分支給限度基準額の算定に含めない。

・訪問体制強化加算:1,000単位/月(新設)

 

 

■複合型サービス(看護小規模多機能型居宅介護)

 中重度の要介護者の医療ニーズに重点的な対応している事業所について、新たな加算として創設。また、当該加算は、区分支給限度基準額の算定に含めない。

サービス内容が具体的にイメージできる「看護小規模多機能型居宅介護」に改称する。(運営基準事項)

 ・ 訪問看護体制強化加算:2,500単位/月(新設)

 

 

■介護老人保健施設

 在宅復帰支援機能を更に高めるため、リハビリテーション専門職の配置等を踏まえ、在宅強化型基本施設サービス費及び在宅復帰・在宅療養支援機能加算について重点的に評価。

 

・ 在宅強化型と通常型の基本サービス費の差(要介護3 多床室)

  59単位/日 → 71単位/

 

・ 在宅復帰・在宅療養支援機能加算

  21単位/日 → 27単位/

-

関連記事

no image

小規模通所介護が今後打つ手とは?

小規模通所介護だけに固執しない    しかし、個人的におススメしたいのは小規模通所介護だけに固執するのではなく、他事業に積極的に打って出るという考え方をして頂ければと思います。 ここで言う他 …

no image

地域との連携の推進

 小規模多機能型居宅介護事業所が新総合事業を行う場合の取り扱いが決まりました。介護サービス(利用者の処遇)に支障がないことを前提として、管理者が新総合事業の訪問型サービスや通所型サービス等の職務と兼務 …

no image

意外に難しい!?訪問介護事業所の特定事業所加算(IV)取得

4.前年度または前3ヶ月の利用者総数のうち、要介護3以上、認知症自立度III以上の利用者が60%以上であることもハードルが高い   また、4の利用者総数の60%が要介護3以上か要介護1、要介 …

no image

短期利用(ショートステイ)の要件緩和【地域密着型を含む】

 利用者のニーズを受け入れられるように、特定施設入居者生活介護における短期利用の要件が緩和されます。現行の入居率80%が撤廃され、開設後3年経過の要件が事業者の経験評価方式に変更され、3年未満の事業者 …

no image

サービス提供体制強化加算の創設【地域密着型・介護予防を含む】

  特別養護老人ホームにおける入居者制限が要介護度3に限定されたことから特定施設入居者生活介護1(サ高住)の役割拡大が期待されています。要介護1・2で入居した利用者が重度化した場合でも引き続 …