どうする?デイサービスにおける看護職員さん配置緩和について

投稿日:

今改定においてデイサービスにおける看護職員さんの配置緩和が決まりました。

 

内容としては、以下のいずれの要件も満たしている場合については、看護職員が確保されているものとするとなっています。

 

・病院、診療所、訪問看護ステーションとの連携により、看護職員が営業日ごとに健康状態の確認を行っていること

・病院、診療所、訪問看護ステーションと指定通所介護事業所が提供時間帯を通じて、密接かつ適切な連携が図られていること

 

この見直しの狙いとしては、

在宅重視をしていく今後の方針のなかで、看護士の役割が拡大していく。地域で不足している看護士についてはその専門性を効果的に活かすことができるようにしたい。だから、デイサービスの看護士さんを病院、診療所、訪問看護ステーションに還元して欲しい。

そこで連携した場合は、人員配置基準を満たしたものとするという形にしているのです。

 

 

皆さんが気になるところは、実際に連携した場合、どの程度の時間居てもらえばいいのか?

ということだと思います。

 

解釈通知等に規程が細かく書かれているのかと思って探してみましたが、特に記載されていなかった為、

直接、厚生労働省の担当官に聞いてみると、

「特にはっきりとした時間等の規程はありません。規模に応じてという形になると思いますので30分であったり、1時間であったり適切な時間居て健康確認をして頂ければよいです」という回答でした。

 

また、連携に際して、業務委託料的なものを病院、診療所、訪問看護ステーションさんにお支払することになるかと思いますが、その解釈で大丈夫ですかという問いに対しては、

「法人同士で契約等を結んで頂く形になると思いますので、おそらくそのような形が多くなると思います。」という回答でした。

 

事業者さんとしては、看護職員さんの配置を緩和することによって、人件費の削減が期待できるかと思いますが、看護職員兼機能訓練士で配置している場合や、新規で創設された中重度者ケア体制加算を取得しようと思えば、結局ははずことが出来ませんのでお気を付け下さい。

 

機能訓練士を単独もしくは、機能訓練士兼介護職員で配置をしている場合や中重度者ケア体制加算を取る予定がないのであれば、連携を模索したほうが良いと思います。

 

 

佐藤慎也 介護事業研究会 

 

http://www.kaigoken.com/

-

関連記事

no image

介護経営の専門家が語る!介護報酬改定後の事業所の動き

地域の中核的な介護事業者になるためには? 石塚 今後、介護保険サービスにおいて、在宅の要素は広がっていくと思いますが、地域の高齢者を包括的にみていくためには、医療と本格的に連携したところが中核になって …

no image

おさえておきたい医療・医療保険情報 No.1

介護・医療連携の推進に向けておさえておきたい医療・医療保険関連の最近の動きを紹介します。 社会保障関係費の抑制で高額療養費など見直しへ 政府は来年度予算編成に向け、社会障関係費を抑制するための議論を進 …

no image

おさえておきたい医療・医療保険情報 No.3

介護・医療連携の推進に向けておさえておきたい医療・医療保険関連の最近の動きを紹介します。 来年度の厚労省予算は自然増の圧縮が課題に 厚生労働省は8月31日、12月下旬に決める来年度予算案の概算要求を財 …

no image

延長加算の見直し(通所介護、通所リハビリテーション、認知症対応型通所介護)

 通所介護事業サービスの中で、「所要時間7時間以上9時間未満の通所介護の提供後から、宿泊サービスの前まで時間」に日常生活上の介助をした場合に延長加算が計上できましたが、今回の改定では、通所介護事業所の …

no image

送迎時における居宅内介助等の評価(通所介護、通所リハビリテーション、認知症対応型通所介護)

 通所介護事業者が送迎を行なうときに、居宅内での介助を行なうことは認識されていましたが、今回の改定では、この介助(電気の消灯・点灯、着替え、ベッドへの移乗、窓の施錠等)が所要時間に含まれることになりま …