どうする?デイサービスにおける看護職員さん配置緩和について

投稿日:

今改定においてデイサービスにおける看護職員さんの配置緩和が決まりました。

 

内容としては、以下のいずれの要件も満たしている場合については、看護職員が確保されているものとするとなっています。

 

・病院、診療所、訪問看護ステーションとの連携により、看護職員が営業日ごとに健康状態の確認を行っていること

・病院、診療所、訪問看護ステーションと指定通所介護事業所が提供時間帯を通じて、密接かつ適切な連携が図られていること

 

この見直しの狙いとしては、

在宅重視をしていく今後の方針のなかで、看護士の役割が拡大していく。地域で不足している看護士についてはその専門性を効果的に活かすことができるようにしたい。だから、デイサービスの看護士さんを病院、診療所、訪問看護ステーションに還元して欲しい。

そこで連携した場合は、人員配置基準を満たしたものとするという形にしているのです。

 

 

皆さんが気になるところは、実際に連携した場合、どの程度の時間居てもらえばいいのか?

ということだと思います。

 

解釈通知等に規程が細かく書かれているのかと思って探してみましたが、特に記載されていなかった為、

直接、厚生労働省の担当官に聞いてみると、

「特にはっきりとした時間等の規程はありません。規模に応じてという形になると思いますので30分であったり、1時間であったり適切な時間居て健康確認をして頂ければよいです」という回答でした。

 

また、連携に際して、業務委託料的なものを病院、診療所、訪問看護ステーションさんにお支払することになるかと思いますが、その解釈で大丈夫ですかという問いに対しては、

「法人同士で契約等を結んで頂く形になると思いますので、おそらくそのような形が多くなると思います。」という回答でした。

 

事業者さんとしては、看護職員さんの配置を緩和することによって、人件費の削減が期待できるかと思いますが、看護職員兼機能訓練士で配置している場合や、新規で創設された中重度者ケア体制加算を取得しようと思えば、結局ははずことが出来ませんのでお気を付け下さい。

 

機能訓練士を単独もしくは、機能訓練士兼介護職員で配置をしている場合や中重度者ケア体制加算を取る予定がないのであれば、連携を模索したほうが良いと思います。

 

 

佐藤慎也 介護事業研究会 

 

http://www.kaigoken.com/

-

関連記事

no image

社会参加を維持できるサービス等へ移行する体制の評価

 生活行為向上リハビリテーション加算と同様に、ADL・IADL の向上を促進する体制が整っている事業所には社会参加支援加算(新設)がつきます。   介護給付費分科会で提示された「通所サービス …

no image

小規模通所介護が今後打つ手とは?

小規模通所介護だけに固執しない    しかし、個人的におススメしたいのは小規模通所介護だけに固執するのではなく、他事業に積極的に打って出るという考え方をして頂ければと思います。 ここで言う他 …

no image

短期利用(ショートステイ)の要件緩和【地域密着型を含む】

 利用者のニーズを受け入れられるように、特定施設入居者生活介護における短期利用の要件が緩和されます。現行の入居率80%が撤廃され、開設後3年経過の要件が事業者の経験評価方式に変更され、3年未満の事業者 …

no image

一安心!?居宅介護支援事業所の特定事業所集中減算は平成27年9月1日から適用

居宅介護支援の特定事業所集中減算において、現行のルールから二点変更があるのは皆さんも既にご承知のことでしょう。   改定内容は以下の通りです。 1.正当な理由なく、特定の事業所の割合が80% …

no image

看取り介護加算の充実【地域密着型を含む】

 特定施設入居者生活介護における看取りの質を向上させるため、「看取り介護加算」の要件が強化され、それに伴い点数が加配されます。   (現行)死亡日以前4 日以上30 日以下 80 単位/日 …