どうする?新しい総合事業に参入するべきか、否か?

投稿日:

 

事業者さんとして気になるところは、以下の2点だと思います。
1.t要支援の方へのサービスが継続できるかどうか
2.t自社として総合事業に参入すべきかどうか
 
1.現行の要支援者へのサービスはそのまま継続できる形となっております。おそらく少なくとも3年間はこの部分は残すと思います。
 
2.自社として総合事業に参入するべきかどうかについては、事業を行っている市町村さん次第です。
介護事業者として参入のチャンスがあるのは、多様なサービスのうち、訪問介護Aのみとなります。どんなに熱望しても市町村さんが事業者指定をしない場合は事業に参入できません。
 
また市町村さんごとに単価や基準が異なります。介護保険事業よりも収益があがる構造を策定してくるかと問わればNOという市町村が多いと思います。事業を行う側として考えれば安易に乗り出すのは危険ですが新規顧客の囲い込みを考えれば出ざるを得ないのではないのでしょうか?
そこで考えるべきはこれ単体だけのビジネスではなくここに何かプラスオンできないかということです。
 
そして、きちんと把握しておかなければならないのは自分が事業を行っている市町村さんはどのような考えを持っているのか、いつから実施するのかです。
実際に27年4月より事業を開始する自治体も多少ならずともあります。
 
2つ以上の市町村にまたがって広域で事業を行っている事業者さんや、営業圏域が隣接市にもかかる事業者さんは自社所在地以外の市町村さんの考えも気にしながら検討するべきです。
 
あくまで個人的な意見ですが、将来的に指定権限の枠が設けられることもあり得るので、いったんは権利だけはとっておき、実際に事業を行うかどうかは様子見することが無難なのではないかと思っております。
 
佐藤慎也 介護事業研究会 
 

-

関連記事

no image

延長加算の見直し(通所介護、通所リハビリテーション、認知症対応型通所介護)

 通所介護事業サービスの中で、「所要時間7時間以上9時間未満の通所介護の提供後から、宿泊サービスの前まで時間」に日常生活上の介助をした場合に延長加算が計上できましたが、今回の改定では、通所介護事業所の …

no image

認知症加算及び独居高齢者加算の基本報酬への包括化

 認知症加算及び独居高齢者加算が基本報酬に包括されることになりました。 認知症加算と独居高齢者加算は、個人の心身の状況や家族の状況等に応じたケアマネジメントの提供であり、当該業務が介護支援専門員の基本 …

no image

居宅事業所は今後どうあるべきか!?考える

居宅事業所のあり方は・・・ ご覧のように加算Iを取得しようと思えば主任介護支援専門員が1名→2名必要となっており、加算IIでは常勤の介護支援専門員が2名→3名必要となっています。 このようにハードルが …

no image

介護保険のメリットとサービスの種類

 介護保険サービスの体系  現在、介護保険のサービス体系は主に長期間の宿泊を伴う施設系サービスから、利用者の自宅でケアをする在宅系に分類することができます。下記の分類のほかには、小規模多機能 …

no image

どっちがお得!?小規模デイサービスの地域密着型への移行orサテライト事業への移行

今改定において大きな報酬ダウンとなるデイサービス。 小規模デイサービスにおいては改定後のダウン率が7.6%~9.8%、それ以外のデイサービスにおいてもダウン率が5%前後ある形となっています。 &#16 …