どうする?新しい総合事業に参入するべきか、否か?

投稿日:

 

事業者さんとして気になるところは、以下の2点だと思います。
1.t要支援の方へのサービスが継続できるかどうか
2.t自社として総合事業に参入すべきかどうか
 
1.現行の要支援者へのサービスはそのまま継続できる形となっております。おそらく少なくとも3年間はこの部分は残すと思います。
 
2.自社として総合事業に参入するべきかどうかについては、事業を行っている市町村さん次第です。
介護事業者として参入のチャンスがあるのは、多様なサービスのうち、訪問介護Aのみとなります。どんなに熱望しても市町村さんが事業者指定をしない場合は事業に参入できません。
 
また市町村さんごとに単価や基準が異なります。介護保険事業よりも収益があがる構造を策定してくるかと問わればNOという市町村が多いと思います。事業を行う側として考えれば安易に乗り出すのは危険ですが新規顧客の囲い込みを考えれば出ざるを得ないのではないのでしょうか?
そこで考えるべきはこれ単体だけのビジネスではなくここに何かプラスオンできないかということです。
 
そして、きちんと把握しておかなければならないのは自分が事業を行っている市町村さんはどのような考えを持っているのか、いつから実施するのかです。
実際に27年4月より事業を開始する自治体も多少ならずともあります。
 
2つ以上の市町村にまたがって広域で事業を行っている事業者さんや、営業圏域が隣接市にもかかる事業者さんは自社所在地以外の市町村さんの考えも気にしながら検討するべきです。
 
あくまで個人的な意見ですが、将来的に指定権限の枠が設けられることもあり得るので、いったんは権利だけはとっておき、実際に事業を行うかどうかは様子見することが無難なのではないかと思っております。
 
佐藤慎也 介護事業研究会 
 

-

関連記事

no image

質の高いケアマネジメントを実施する事業所の評価の推進

 質の高いケアマネジメントを提供する事業所を評価するため、現在の「特定事業所加算(I) 500単位」、「特定事業所加算(II)300単位」が分割され、「特定事業所加算(I)500単位」、「特定事業所加 …

no image

どうする?介護職員処遇改善加算の取り扱い

 今改定において介護人材確保対策の推進の1つとして、「介護職員処遇改善加算の更なる充実」を掲げ、月当たり1.2万円相当 改定率+1.65%という形を打ち出しました。   処遇をされ …

no image

実践!訪問介護における対策ステップ!

 STEP3 売上アップの検討 そして最後に着手すべきは売上をあげることです。 もちろん、最初に売上をあげることに着手して頂いても構わないですが、売上をあげるということはその分の人件費、販促 …

no image

送迎時における居宅内介助等の評価(通所介護、通所リハビリテーション、認知症対応型通所介護)

 通所介護事業者が送迎を行なうときに、居宅内での介助を行なうことは認識されていましたが、今回の改定では、この介助(電気の消灯・点灯、着替え、ベッドへの移乗、窓の施錠等)が所要時間に含まれることになりま …

no image

訪問看護ステーションにおけるリハビリテーションの見直し

 訪問看護におけるリハビリテーションは、看護業務の一環として位置づけられていますが、訪問リハビリテーション事業所からのサービス提供と内容が類似しているといった実態報告があります。このような背景を基に、 …