どうする?新しい総合事業に参入するべきか、否か?

投稿日:

 

事業者さんとして気になるところは、以下の2点だと思います。
1.t要支援の方へのサービスが継続できるかどうか
2.t自社として総合事業に参入すべきかどうか
 
1.現行の要支援者へのサービスはそのまま継続できる形となっております。おそらく少なくとも3年間はこの部分は残すと思います。
 
2.自社として総合事業に参入するべきかどうかについては、事業を行っている市町村さん次第です。
介護事業者として参入のチャンスがあるのは、多様なサービスのうち、訪問介護Aのみとなります。どんなに熱望しても市町村さんが事業者指定をしない場合は事業に参入できません。
 
また市町村さんごとに単価や基準が異なります。介護保険事業よりも収益があがる構造を策定してくるかと問わればNOという市町村が多いと思います。事業を行う側として考えれば安易に乗り出すのは危険ですが新規顧客の囲い込みを考えれば出ざるを得ないのではないのでしょうか?
そこで考えるべきはこれ単体だけのビジネスではなくここに何かプラスオンできないかということです。
 
そして、きちんと把握しておかなければならないのは自分が事業を行っている市町村さんはどのような考えを持っているのか、いつから実施するのかです。
実際に27年4月より事業を開始する自治体も多少ならずともあります。
 
2つ以上の市町村にまたがって広域で事業を行っている事業者さんや、営業圏域が隣接市にもかかる事業者さんは自社所在地以外の市町村さんの考えも気にしながら検討するべきです。
 
あくまで個人的な意見ですが、将来的に指定権限の枠が設けられることもあり得るので、いったんは権利だけはとっておき、実際に事業を行うかどうかは様子見することが無難なのではないかと思っております。
 
佐藤慎也 介護事業研究会 
 

-

関連記事

no image

認知症専門ケア加算の創設【地域密着型・介護予防を含む】

 認知症高齢者の増加に対するため、特定施設入居者生活介護でも積極的な受け入れが期待されています。受け入れ促進のために、「認知症専門ケア加算」が創設されます。   特定施設入居者生活介護におい …

no image

社会参加を維持できるサービス提供体制の評価

 訪問リハビリテーションを利用することにより、利用者のADL・IADLが向上し、社会への復帰や参加を維持できるような、質の高い訪問リハビリテーションを提供した場合、「社会参加支援加算(新設)」として評 …

no image

介護老人福祉施設における改定のポイント

  昨年の2014年6月18日に「医療・介護総合推進法」が成立し、特別養護老人ホームへの入所が「要介護3」以上に限定されるようになりました。   特別養護老人ホームにおいては、看取 …

no image

中重度の要介護者の在宅生活を支える訪問看護体制の評価

 訪問看護における、もうひとつの中重度対応として、病院とクリニックからの訪問看護が促進され、基本報酬が増額されます。今後予想される看護師の不足を補うためにも、病院・クリニックにも訪問看護サービスの提供 …

no image

介護経営の専門家が語る!介護報酬改定後の事業所の動き

地域の中核的な介護事業者になるためには? 石塚 今後、介護保険サービスにおいて、在宅の要素は広がっていくと思いますが、地域の高齢者を包括的にみていくためには、医療と本格的に連携したところが中核になって …