どうする?新しい総合事業に参入するべきか、否か?

投稿日:

 

事業者さんとして気になるところは、以下の2点だと思います。
1.t要支援の方へのサービスが継続できるかどうか
2.t自社として総合事業に参入すべきかどうか
 
1.現行の要支援者へのサービスはそのまま継続できる形となっております。おそらく少なくとも3年間はこの部分は残すと思います。
 
2.自社として総合事業に参入するべきかどうかについては、事業を行っている市町村さん次第です。
介護事業者として参入のチャンスがあるのは、多様なサービスのうち、訪問介護Aのみとなります。どんなに熱望しても市町村さんが事業者指定をしない場合は事業に参入できません。
 
また市町村さんごとに単価や基準が異なります。介護保険事業よりも収益があがる構造を策定してくるかと問わればNOという市町村が多いと思います。事業を行う側として考えれば安易に乗り出すのは危険ですが新規顧客の囲い込みを考えれば出ざるを得ないのではないのでしょうか?
そこで考えるべきはこれ単体だけのビジネスではなくここに何かプラスオンできないかということです。
 
そして、きちんと把握しておかなければならないのは自分が事業を行っている市町村さんはどのような考えを持っているのか、いつから実施するのかです。
実際に27年4月より事業を開始する自治体も多少ならずともあります。
 
2つ以上の市町村にまたがって広域で事業を行っている事業者さんや、営業圏域が隣接市にもかかる事業者さんは自社所在地以外の市町村さんの考えも気にしながら検討するべきです。
 
あくまで個人的な意見ですが、将来的に指定権限の枠が設けられることもあり得るので、いったんは権利だけはとっておき、実際に事業を行うかどうかは様子見することが無難なのではないかと思っております。
 
佐藤慎也 介護事業研究会 
 

-

関連記事

no image

居宅介護支援事業所とサービス事業所の連携

 居宅サービス計画に沿った介護サービスが提供されるためには、各サービス事業所における個別サービス計画との連動性や整合性が必要との議論から、介護支援専門員は居宅サービス計画に位置付けた指定サービス事業所 …

no image

介護予防支援に係る新総合事業の導入に伴う基本報酬の見直し

 総合事業の導入に伴い、基本報酬が評価されることになりました。指定介護事業者以外の主体者がサービスを行う事も前提とされているため、今後は予防プランにも様々な企画が求められていくでしょう。ボラ …

no image

短期集中リハビリテーション実施加算と個別リハビリテーション実施加算の見直し

 今回の改定において、個別リハビリテーション実施加算(80単位/回)が無くなる代わりに、基本報酬が加算され、短期集中個別リハビリテーション実施加算が見直しされることになりました。   【基本 …

no image

看護職員の配置要件、他の訪問看護事業所等との連携

 どこの地域でも看護師の不足には悩まされていると思います。今回の改定では、小規模多機能型居宅介護の看護職員が兼務可能な施設が緩和されます。兼務可能な施設・事業所の範囲として「同一敷地内又は隣接する施設 …

no image

公平・中立性の確保の推進

ケアマネジメントの質を確保する観点から、正当な理由のない特定の事業所へのサービスの偏りの割合が80%以上である場合に減算となります。   いままでの要件では90%となっていた割合を80%に引 …