どっちがお得!?小規模デイサービスの地域密着型への移行orサテライト事業への移行

投稿日:

今改定において大きな報酬ダウンとなるデイサービス。

小規模デイサービスにおいては改定後のダウン率が7.6%~9.8%、それ以外のデイサービスにおいてもダウン率が5%前後ある形となっています。
 
中には複数のデイサービスを展開されている法人さんもあると思いますが、そういった方々は小規模デイサービスをどのように移行すべきか検討されている方が多いかと思います。
 
ご存知のように今回の改定によって小規模デイサービスには3つの行き先があります。
(1)大規模型/通常規模型のサテライト型事業所
(2)地域密着型通所介護 利用定員18人以下
(3)小規模多機能型居宅介護のサテライト型事業所
 
選択肢がある多くの法人さんが、(1)か(2)の選択で悩んでいるかと思いますが、
((3)を選択される方もおられるかもしれませんがほとんどないのではと思っています。)
私の個人的独断で言わせて頂ければ(2)の地域密着型通所介護にするべきだと思います。
 
理由は簡単。単位が全然違うからです。
 
7-9時間  (1)(通常) (2)(地域)   差率
要介護1  656      735     12.05%
要介護2  775      868     12.00%
要介護3  898      1006     12.02%
要介護4  1021      1144         12.04%
要介護5  1144      1281       11.19%
 
これだけの差率があることに対して大規模/通常に移行するメリットがあまり感じられないからです。
 
むろん、大規模/通常に移行することにより経費部分を軽くできる部分はあるかもしれませんが、10%以上の効果を上げることができるかどうかがポイントになると思います。
 
また、定員規模が18名以上~22名程度で実際の稼働率が18名程度なら、思いきって定員18名の地域密着型通所介護にしてしまってしっかりと実を取る戦略を立てるべきかもしれません。
 
例 20人×週5日×4週×775単位(通常規模・要介護2)×10円(その他級地)=3,100,000円
   18人×週5日×4週×868単位(地域密着型・要介護2)×10円(その他級地)=3,124,800円
 
ここで述べさせて頂くのはあくまで一般論であり法人さんごとに検討するべき見地が異なるので絶対とは言えないが多くの事業所さんは移行を検討する際にはしっかりと数字に落として考える必要があるでしょう。
 
 
佐藤慎也 介護事業研究会 
 

-

関連記事

no image

居宅介護支援事業所とサービス事業所の連携

 居宅サービス計画に沿った介護サービスが提供されるためには、各サービス事業所における個別サービス計画との連動性や整合性が必要との議論から、介護支援専門員は居宅サービス計画に位置付けた指定サービス事業所 …

no image

短期利用(ショートステイ)の要件緩和【地域密着型を含む】

 利用者のニーズを受け入れられるように、特定施設入居者生活介護における短期利用の要件が緩和されます。現行の入居率80%が撤廃され、開設後3年経過の要件が事業者の経験評価方式に変更され、3年未満の事業者 …

no image

生活機能向上連携加算の拡大

 介護のおけるリハビリテーションの提供は「高齢者の心身の状況が低下した際、リハビリテーションが適切に提供されることにより、機能改善をし、生活が自立できるように支援する」という考え方がベースにあります。 …

no image

訪問サービスの機能強化

 小規模多機能型居宅介護の利用者の在宅生活の維持・継続する観点から、訪問サービスを強化した加算が導入されます。全国小規模多機能型居宅介護事業者連絡会が調査した結果によると、小規模多機能型居宅介護施設の …

no image

訪問サービスの機能強化

 小規模多機能型居宅介護の利用者の在宅生活の維持・継続する観点から、訪問サービスを強化した加算が導入されます。全国小規模多機能型居宅介護事業者連絡会が調査した結果によると、小規模多機能型居宅介護施設の …