介護・障害福祉事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

意外に難しい!?訪問介護事業所の特定事業所加算(IV)取得

投稿日:

更新日:

4.前年度または前3ヶ月の利用者総数のうち、要介護3以上、認知症自立度III以上の利用者が60%以上であることもハードルが高い

 
また、4の利用者総数の60%が要介護3以上か要介護1、要介護2であっても認知症自立度III以上。
これもハードルが高いです。
 
この4を満たしている場合の多くの事業所さんは特定事業所加算(III)の要件である、要介護4以上の利用者総数が20%以上を満たしていると思います。
 
 
特定事業所加算(III)においては上記2の人員基準以上のサービス提供責任者は必要ありません。
どっちがいいかは明白ですね。
 
ただし、特定事業所加算を取得する際に気を付けて頂きたいのは、これは区分支給限度額内に組み込まれてしまうということです。
 
例えば、要介護5で単位を100%消化してしまっている場合はサービス回数を減らす必要が出てきます。
 
デイサービスなどのサービス提供体制強化加算が区分支給限度額外になっているのに対しておかしなことですが・・・
 
加算を取ることは一つの戦略ですが要件をよく読み、自社に適合するかどうかを落とし込んで考えましょう!
 
 
佐藤慎也 介護事業研究会 

関連記事

no image

地域連携の拠点としての機能の充実

>>介護人材不足・採用でお困りの法人担当者様向け、求人掲載(無料)のご案内詳細<<  地域で高齢者ケアを支えていくため、通所介護施設は地域の連携拠点となるよう期待されています。生活相談員の相談業務の幅 …

no image

小規模通所介護が今後打つ手とは?

>>介護人材不足・採用でお困りの法人担当者様向け、求人掲載(無料)のご案内詳細<< 小規模通所介護だけに固執しない    しかし、個人的におススメしたいのは小規模通所介護だけに固執するのでは …

no image

集合住宅に居する利用者へのサービス提供の見直し

>>介護人材不足・採用でお困りの法人担当者様向け、求人掲載(無料)のご案内詳細<<  集合住宅におけるサービス利用に関しては各サービスが包括化の流れにあります。訪問介護においては、訪問介護、訪問入浴介 …

no image

生活機能向上連携加算の拡大

>>介護人材不足・採用でお困りの法人担当者様向け、求人掲載(無料)のご案内詳細<<  介護のおけるリハビリテーションの提供は「高齢者の心身の状況が低下した際、リハビリテーションが適切に提供されることに …

居宅介護支援実地指導対策

居宅介護支援の実地指導・監査対策のポイント 指摘事項・項目の事例①

>>介護人材不足・採用でお困りの法人担当者様向け、求人掲載(無料)のご案内詳細<< 居宅介護支援を経営・管理している皆様は、実地指導・監査の準備はお済でしょうか?ここでは、全国各地の自治体が公表してい …