意外に難しい!?訪問介護事業所の特定事業所加算(IV)取得

投稿日:

4.前年度または前3ヶ月の利用者総数のうち、要介護3以上、認知症自立度III以上の利用者が60%以上であることもハードルが高い

 
また、4の利用者総数の60%が要介護3以上か要介護1、要介護2であっても認知症自立度III以上。
これもハードルが高いです。
 
この4を満たしている場合の多くの事業所さんは特定事業所加算(III)の要件である、要介護4以上の利用者総数が20%以上を満たしていると思います。
 
 
特定事業所加算(III)においては上記2の人員基準以上のサービス提供責任者は必要ありません。
どっちがいいかは明白ですね。
 
ただし、特定事業所加算を取得する際に気を付けて頂きたいのは、これは区分支給限度額内に組み込まれてしまうということです。
 
例えば、要介護5で単位を100%消化してしまっている場合はサービス回数を減らす必要が出てきます。
 
デイサービスなどのサービス提供体制強化加算が区分支給限度額外になっているのに対しておかしなことですが・・・
 
加算を取ることは一つの戦略ですが要件をよく読み、自社に適合するかどうかを落とし込んで考えましょう!
 
 
佐藤慎也 介護事業研究会 

-

関連記事

no image

おさえておきたい医療・医療保険情報 No.6

介護・医療連携の推進に向けておさえておきたい医療・医療保険関連の最近の動きを紹介します。 医療計画の報告書まとまる 来年度中に都道府県が策定 平成30年度からの第7次医療計画の策定に向けた厚生労働省の …

no image

リハビリテーションを提供する事業者に係る運営基準

 今回の改定において、リハビリテーションの運営基準に大きな見直しが入ったため、規定が改定されることになりました。    「訪問・通所リハビリテーションを提供する事業者は、介護支援専門員や各指 …

no image

マイナンバー介護事業所におけるポイントと本特集について

平成27年10月からマイナンバーの通知が始まりました。 内閣府の知らせによると、原則として、市区町村から住民票に登録されている住所あてにマイナンバー(12桁)が記載された「通知カード」を送られています …

no image

リハビリにおけるマネジメトの強化

 ○ リハビリテーションマネジメント加算(II)  (1) リハビリテーション会議を開催し、利用者の状況等に関する情報を、会議の構成員である医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士 …

no image

心身機能訓練から生活行為向上訓練まで総合的に行う機能の強化

 通所介護においても利用者の居宅生活を考慮したサービス提供が求められるようになります。現在の「個別機能訓練加算」が要件が見直しされ、「居宅を訪問した上で計画を作成すること」が追加されることになります。 …