意外に難しい!?訪問介護事業所の特定事業所加算(IV)取得

投稿日:

4.前年度または前3ヶ月の利用者総数のうち、要介護3以上、認知症自立度III以上の利用者が60%以上であることもハードルが高い

 
また、4の利用者総数の60%が要介護3以上か要介護1、要介護2であっても認知症自立度III以上。
これもハードルが高いです。
 
この4を満たしている場合の多くの事業所さんは特定事業所加算(III)の要件である、要介護4以上の利用者総数が20%以上を満たしていると思います。
 
 
特定事業所加算(III)においては上記2の人員基準以上のサービス提供責任者は必要ありません。
どっちがいいかは明白ですね。
 
ただし、特定事業所加算を取得する際に気を付けて頂きたいのは、これは区分支給限度額内に組み込まれてしまうということです。
 
例えば、要介護5で単位を100%消化してしまっている場合はサービス回数を減らす必要が出てきます。
 
デイサービスなどのサービス提供体制強化加算が区分支給限度額外になっているのに対しておかしなことですが・・・
 
加算を取ることは一つの戦略ですが要件をよく読み、自社に適合するかどうかを落とし込んで考えましょう!
 
 
佐藤慎也 介護事業研究会 

-

関連記事

no image

訪問介護員2級課程修了者であるサービス提供責任者に係る減算の取扱い

 ヘルパー2級の方がサービス提供責任者の場合には、減算率が引き上げられることになりました。   所定単位数×90/100単位数  →  所定単位数×70/100単位数   …

no image

養護老人ホームにおけるサービス提供のあり方の見直し【介護予防を含む】

 高齢者の増加の伴い、養護老人ホームの役割拡大が期待されています。個別に要介護者に対する訪問介護サービスを提供するだけではなく、施設自体に介護職員等を配置して、効率的なサービス提供ができる「一般型」に …

no image

地域密着型通所介護に係る基準の創設

 平成28年度に地域密着型通所介護が創設されますが、基本報酬については小規模型通所介護が踏襲されることになります。 現在の小規模型通所介護事業所が地域密着型に移行した際には、新たに運営推進会議の設置を …

no image

通所介護向け 無料報酬改定シュミレーションで現状の売上影響を知りましょう。

 2015年度の制度改正にて通所介護では、基本報酬の見直しが大幅に行われます。    ・小規模型  :約9%の減算  ・通常規模型 :約5%の減算  ・大規模型(I) :約5%の減算  ・大 …

no image

20分未満の身体介護の見直し

 在宅における中重度の要介護者の支援促進のために「20分未満の身体介護」に大きな見直しがありました。日中利用についている現状の要件を緩和し、すべての訪問介護事業者において算定が可能(前回の訪問から2時 …