一安心!?居宅介護支援事業所の特定事業所集中減算は平成27年9月1日から適用

投稿日:

居宅介護支援の特定事業所集中減算において、現行のルールから二点変更があるのは皆さんも既にご承知のことでしょう。

 
改定内容は以下の通りです。
1.正当な理由なく、特定の事業所の割合が80%を超える場合に減算する。
(旧要件の適用割合:90%超)
2.対象サービスの範囲については、限定を外す。
(旧要件の対象サービス:訪問介護、通所介護、福祉用具貸与)
 
この変更について平成27年4月から即時適用されると思い慌てて対策を練っている方もいるかもしれませんが、どうぞご安心ください。
 
ルールが適用されるのは平成27年9月1日からであり、ちゃんと半年の猶予があります。
ということは、この期間にしっかりと調整をしてしまいましょう。
そして、減算される場合は平成28年4月からとなります。
 
「報酬告示の改正案」~平成27年4月施行分~
2.指定居宅介護支援に要する費用の額の算定に関する基準の2p~3pにかけて読んでいくと適用時期が最後に(平成二十七年九月一日から適用)と書かれています。
 
ケアマネの皆さんは実務をされているので覚えている方も多いと思いますが、そもそも特定事業所集中減算の判定期間は前期(3/1~8/31)、後期(9/1~2/末)とわかれています。
前期の場合は減算期間が10/1~3/31とされており、後期の場合は4/1~9/30とされております。
 
ということは今回の改定に合わせて4月1日から適用というわけにはいかないので従前どおり前期、後期の判定期間に合わせる形で9月1日からの適用となり、減算期間は平成28年4月からになるというわけです。
 
ちなみに同一法人で複数事業所(訪問介護事業所を2事業所やデイサービスを2事業所等)を抱えており、ケアマネさんが事業所単位で割り振れていると思っていても、その場合は同一とみなされる(いわゆる紹介率最高法人に引っかかる)のでお気を付けください。
 
なんにせよ、半年間準備期間があるのでしっかりと対策ができますね。
 
 
佐藤慎也 介護事業研究会 
 

-

関連記事

no image

居宅介護支援における改定のポイント

 現在の認知症患者は約400万人(推定)ですが、10年後の2025年は700万人を超えるといわれています。このような時代背景を受けて、認知症対応が基本報酬に包括化されたことは居宅介護支援における改定の …

no image

公平・中立性の確保の推進

ケアマネジメントの質を確保する観点から、正当な理由のない特定の事業所へのサービスの偏りの割合が80%以上である場合に減算となります。   いままでの要件では90%となっていた割合を80%に引 …

no image

リハビリテーションを提供する事業者に係る運営基準

 今回の改定において、リハビリテーションの運営基準に大きな見直しが入ったため、規定が改定されることになりました。    「訪問・通所リハビリテーションを提供する事業者は、介護支援専門員や各指 …

no image

集合住宅に居する利用者へのサービス提供の見直し

 集合住宅におけるサービス利用に関しては各サービスが包括化の流れにあります。訪問介護においては、訪問介護、訪問入浴介護、夜間対応型訪問介護、訪問看護及び訪問リハビリテーションについて、以下ような見直し …

no image

通所介護における改定のポイント

 今回の通所介護における改定で一番の変更点は基本報酬の大幅な減算と小規模型通所介護のサテライト移行です。特に小規模型の基本報酬に関しては約10%の減算となっています。他に加算の少なかったサービス事業者 …