通所介護向け 無料報酬改定シュミレーションで現状の売上影響を知りましょう。

投稿日:

 2015年度の制度改正にて通所介護では、基本報酬の見直しが大幅に行われます。
 
 ・小規模型  :約9%の減算
 ・通常規模型 :約5%の減算
 ・大規模型(I) :約5%の減算
 ・大規模型(II):約5%の減算
 ・介護予防  :約22%の減算
  ※全ての時間帯、介護度の平均減算率を算出
 
介護マストでは、4月からの法改正に対する最新情報・対策に関する記事を発信していきます。
 
 
まずは制度改正の情報を得て、自事業所への影響を知るために、4月から改変される
「基本報酬で請求した場合、現在の売上額からどれくらい減算されるか」のチェックを行ってみませんか?
 
 
介護マストを運営している株式会社エス・エム・エスのカイポケ経営支援サービスが、
通所介護事業者様向けに無料で提供している「報酬改定のシュミレーション」機能を、
是非ともご利用いただければと思います。
 
 
無料でご利用いただけますので、これを機に
自事業所の、基本報酬部分の具体的な減額幅をイメージしていただければと思います。
 
以下のURLより、無料でシュミレーションのご利用が可能です。
 
 
 
自事業所への影響を理解しておいた上で、
4月以降に、介護マストにて可能な限り、対策案を考える上でお役にたてるような
コンテンツを充実させていきたいと思っております。
 
是非とも、ご活用ください。

 

-

関連記事

no image

公平・中立性の確保の推進

ケアマネジメントの質を確保する観点から、正当な理由のない特定の事業所へのサービスの偏りの割合が80%以上である場合に減算となります。   いままでの要件では90%となっていた割合を80%に引 …

no image

どうする?デイサービスの認知症加算と中重度者ケア体制加算の取得について

今改定において報酬が下がった分を新規創設された「認知症加算」、「中重度者ケア体制加算」を取得することによってカバーをしようと考えている事業者さんも多いかと思います。 しかし、この加算、小規模事業所さん …

no image

小規模多機能型居宅介護のサテライト型事業所への移行に向けた経過措置

 小規模通所介護事業所が小規模多機能型居宅介護のサテライトに移行する際に、通所介護の機能しか持っていない施設が移行しやすいように、平成29年度末まで経過措置が設けられることになりました。しかしながら、 …

no image

複数の福祉用具を貸与する場合の価格の適正化

 現在福祉用具の貸与は指定基準による利用料を都道府県に届出ることになっています。今回の改定では、複数の福祉用具を貸与する場合に通常価格から減額することが可能になります。減額の算定要件は特になく、事前の …

no image

居宅介護支援における改定のポイント

 現在の認知症患者は約400万人(推定)ですが、10年後の2025年は700万人を超えるといわれています。このような時代背景を受けて、認知症対応が基本報酬に包括化されたことは居宅介護支援における改定の …