通所介護における改定のポイント

投稿日:

 今回の通所介護における改定で一番の変更点は基本報酬の大幅な減算と小規模型通所介護のサテライト移行です。特に小規模型の基本報酬に関しては約10%の減算となっています。他に加算の少なかったサービス事業者にとっては10%の減算の影響をそのまま受けることになります。
 
 今回の改定ポイントの柱でもある「認知症・中重度者ケア」に対応するように新しく「認知症加算」、「中重度者ケア体制加算」が新設されました。通所介護においても認知症利用者に対する体制づくりが求められる時代になってきました。
 
 この改定を機に小規模型の事業者が通常規模型に移行するケースがあるようですが、施設要件である看護師の配置基準に関しては、病院、診療所、訪問看護ステーションと連携して、ケアをした場合には人員配置基準を満たしたものとして扱われます。看護師不足は多くの通所介護事業者の課題でもあるようです。看護職員の獲得は今後のテーマになるでしょう。
 
リハビリテーションに関しては、基本報酬が上がるものの、個別リハビリテーション実施加算が基本報酬に包括化されることになりました。また、訪問介護と同じようにリハビリテーションマネジメント加算が見直され加算IIが新設されています。これに伴い、短期集中リハビリテーション実施加算の要件であって1月以内が廃止されて、3月以内に統一されることになりました。
 

基本報酬の見直し (所要時間7時間以上9時間未満の場合)

【例1】小規模型通所介護費の場合
要介護1 815 単位/日 t⇒ 要介護1 735 単位/日
要介護2 958 単位/日 t⇒ 要介護2 868 単位/日
要介護3 1,108 単位/日 t⇒ 要介護3 1,006 単位/日
要介護4 1,257 単位/日 t⇒ 要介護4 1,144 単位/日
要介護5 1,405 単位/日 t⇒ 要介護5 1,281 単位/日
 
【例2】通常規模型通所介護費の場合
要介護1 695 単位/日 t⇒ 要介護1 656 単位/日
要介護2 817 単位/日 t⇒ 要介護2 775 単位/日
要介護3 944 単位/日 t⇒ 要介護3 898 単位/日
要介護4 1,071 単位/日 t⇒ 要介護4 1,021 単位/日
要介護5 1,197 単位/日 t⇒ 要介護5 1,144 単位/日
 
【例3】大規模型通所介護費(I)の場合
要介護1 683 単位/日 t⇒ 要介護1 645 単位/日
要介護2 803 単位/日 t⇒ 要介護2 762 単位/日
要介護3 928 単位/日 t⇒ 要介護3 883 単位/日
要介護4 1,053 単位/日 t⇒ 要介護4 1,004 単位/日
要介護5 1,177 単位/日 t⇒ 要介護5 1,125 単位/日
 
【例4】大規模型通所介護費(II)の場合
要介護1 665 単位/日 t⇒ 要介護1 628 単位/日
要介護2 782 単位/日 t⇒ 要介護2 742 単位/日
要介護3 904 単位/日 t⇒ 要介護3 859 単位/日
要介護4 1,025 単位/日 t⇒ 要介護4 977 単位/日
要介護5 1,146 単位/日 t⇒ 要介護5 1,095 単位/日

 

-

関連記事

no image

どうする?介護職員処遇改善加算の取り扱い

 今改定において介護人材確保対策の推進の1つとして、「介護職員処遇改善加算の更なる充実」を掲げ、月当たり1.2万円相当 改定率+1.65%という形を打ち出しました。   処遇をされ …

no image

質の高いケアマネジメントを実施する事業所の評価の推進

 質の高いケアマネジメントを提供する事業所を評価するため、現在の「特定事業所加算(I) 500単位」、「特定事業所加算(II)300単位」が分割され、「特定事業所加算(I)500単位」、「特定事業所加 …

no image

地域との連携の推進

 小規模多機能型居宅介護事業所が新総合事業を行う場合の取り扱いが決まりました。介護サービス(利用者の処遇)に支障がないことを前提として、管理者が新総合事業の訪問型サービスや通所型サービス等の職務と兼務 …

no image

障害者生活支援体制加算

  現状の「障害者生活支援員に係る加算」は重度の視覚障害・聴覚障害・言語機能障害・知的障害のある入所者へのケアを評価するものとなっています。いままでは、精神障害のある入所者へのケアは評価の対 …

no image

事業開始時支援加算の見直し

 小規模多機能居宅介護における事業開始時支援加算の経過措置は2015年3月31日までとなっていました。予定通り廃止されることになりました。   事業開始時支援加算 500 単位/月 ⇒ 廃止 …