認知症短期集中リハビリテーションの充実

投稿日:

 現在の認知症集中リハビリテーションでは、身体機能へのアプローチである個別リハビリテーションと同様の体系となっています。今回の改定で、見当識や記憶などの認知機能の状態に合わせた実施内容が評価されるようになり、介入頻度や実施時間も効果のある選択ができるようになります。
 
さらに、認知症短期集中リハビリテーションの提供後の評価(カンファレンス)により、新設する生活行為向上リハビリテーション(仮称)に移行できるようになります。
 
【現行制度】
退院(所)日又は通所開始日から 起算して3 月以内  240 単位/日
 
【改定後】
認知症短期集中リハビリテーション実施加算(I)
退院(所)日又は通所開始日から起算して3 月以内  240 単位/日
認知症短期集中リハビリテーション実施加算(II)
退院(所)日の翌日の属する月又は開始月から起算して3 月以内  1920 単位/月
 
※ 算定要件等
○ 認知症短期集中リハビリテーション実施加算(I)
次に掲げる基準のいずれにも適合すること。
(1) 1 週間に2 日を限度として個別にリハビリテーションを実施すること。
(2) 通所リハビリテーション費におけるリハビリテーションマネジメント加算(I)又は(II)を算定していること。
 
○ 認知症短期集中リハビリテーション実施加算(II)
次に掲げる基準のいずれにも適合すること。
(1) 1 月に4 回以上リハビリテーションを実施すること。
(2) リハビリテーションの実施頻度、実施場所及び実施時間等が記載された通所リハビリテーション計画を作成し、生活機能の向上に資するリハビリテーションを実施すること。
(3) 通所リハビリテーション費におけるリハビリテーションマネジメント加算(II)を算定していること。
○ 認知症短期集中リハビリテーション実施加算(I)と認知症短期集中リハビリテーション実施加算(II)は、短期集中個別リハビリテーション実施加算又は生活行為向上リハビリテーション実施加算を算定している場合は、算定しない。
 
 

 

-

関連記事

no image

看護職員の配置要件、他の訪問看護事業所等との連携

 どこの地域でも看護師の不足には悩まされていると思います。今回の改定では、小規模多機能型居宅介護の看護職員が兼務可能な施設が緩和されます。兼務可能な施設・事業所の範囲として「同一敷地内又は隣接する施設 …

no image

在宅生活の継続に資するサービスを提供している事業所の評価

 介護職員か看護職員を指定基準よりも常勤換算方法で多く配置している事業所に加算がつくようになります。認知症と中重度の要介護者対策の一環として行われています。認知症に対しては日常生活自立度III以上の利 …

no image

看取り介護加算

  特別養護老人ホームにおける看取り介護の質を向上させるため、「看取り介護加算」の要件が強化され、それに伴い点数が加配されます。   (現行)死亡日以前4 日以上30 日以下  8 …

no image

リハビリにおけるマネジメトの強化

 ○ リハビリテーションマネジメント加算(II)  (1) リハビリテーション会議を開催し、利用者の状況等に関する情報を、会議の構成員である医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士 …

no image

おさえておきたい医療・医療保険情報 No.4

介護・医療連携の推進に向けておさえておきたい医療・医療保険関連の最近の動きを紹介します。 高額薬剤の費用抑制でオプジーボの薬価引下げ 高額な薬剤の登場が医療保険財政に与える影響が大きくなっており、その …