送迎時における居宅内介助等の評価(通所介護、通所リハビリテーション、認知症対応型通所介護)

投稿日:

 通所介護事業者が送迎を行なうときに、居宅内での介助を行なうことは認識されていましたが、今回の改定では、この介助(電気の消灯・点灯、着替え、ベッドへの移乗、窓の施錠等)が所要時間に含まれることになります。
 
※ 算定要件等
○ 居宅サービス計画と個別サービス計画に位置付けた上で実施するものとし、所要時間に含めることができる時間は 30 分以内とする。
 
○ 居宅内介助等を行う者は、介護福祉士、介護職員初任者研修修了者等とする。 

 

-

関連記事

no image

病院・診療所からの訪問看護の充実

 訪問看護における中重度の利用者対応として、サービス提供体制に新たな加算が設けられました。主な評価ポイントは、「電話等による常時対応や緊急時の訪問看護体制(緊急時訪問看護加算)」、「特別な管理を必要と …

no image

通所介護と新総合事業における通所事業を一体的に実施する場合の人員等の基準上の取扱い

 通所介護事業者が、新総合事業における第一号通所事業を実施する場合の運営の基準がまとまりました。通所事業の類型に応じて、以下のとおりになります。   ○通所介護と「現行の通所介護相当のサービ …

no image

認知症短期集中リハビリテーションの充実

 現在の認知症集中リハビリテーションでは、身体機能へのアプローチである個別リハビリテーションと同様の体系となっています。今回の改定で、見当識や記憶などの認知機能の状態に合わせた実施内容が評価されるよう …

no image

小規模多機能型居宅介護と広域型特別養護老人ホームとの併設

 小規模多機能型居宅介護事業所と広域型の特別養護老人ホームなどの社会福祉施設や介護老人保健施設との併設について、小規模多機能型居宅介護事業所の構造や運営状況等を踏まえた上で、市町村が個別に併設の可否を …

no image

介護予防支援に係る新総合事業の導入に伴う基本報酬の見直し

 総合事業の導入に伴い、基本報酬が評価されることになりました。指定介護事業者以外の主体者がサービスを行う事も前提とされているため、今後は予防プランにも様々な企画が求められていくでしょう。ボラ …