延長加算の見直し(通所介護、通所リハビリテーション、認知症対応型通所介護)

投稿日:

 通所介護事業サービスの中で、「所要時間7時間以上9時間未満の通所介護の提供後から、宿泊サービスの前まで時間」に日常生活上の介助をした場合に延長加算が計上できましたが、今回の改定では、通所介護事業所の設備を利用して宿泊する場合には算定不可になります。しかし、家族への負担軽減の観点から、延長加算の対象範囲が拡大されることになりました。
 
 【例】通所介護における延長加算
 12 時間以上 13 時間未満(新規) ⇒ 200 単位/日
 13 時間以上 14 時間未満(新規) ⇒ 250 単位/日
 
※ 算定要件
○ 所要時間7時間以上9時間未満の指定通所介護の前後に日常生活上の世話を行った場合。
○ 指定通所介護の所要時間と指定通所介護の前後に行った日常生活上の世話の所要時間を通算した時間が9時間以上となるとき。 
 

 

-

関連記事

no image

介護福祉士の配置率が重要になるサービス提供体制の強化

  介護の質をどのように向上するのか。それは各事業所でも常に課題にあがるテーマです。今回の介護報酬改定では、サービス提供体制において「介護福祉士」の配置割合が大きなポイントになりました。介護 …

no image

リハビリテーションの基本理念

 今回の改定において、リハビリテーションに関する大きな見直しが入ったため、基本方針の規定が改定されることになりました。    「リハビリテーションは心身機能、活動、参加などの生活機能の維持・ …

no image

短期集中リハビリテーション実施加算と個別リハビリテーション実施加算の見直し

 今回の改定において、個別リハビリテーション実施加算(80単位/回)が無くなる代わりに、基本報酬が加算され、短期集中個別リハビリテーション実施加算が見直しされることになりました。   【基本 …

no image

看取り介護加算の充実【地域密着型を含む】

 特定施設入居者生活介護における看取りの質を向上させるため、「看取り介護加算」の要件が強化され、それに伴い点数が加配されます。   (現行)死亡日以前4 日以上30 日以下 80 単位/日 …

no image

マイナンバー介護事業所におけるポイントと本特集について

平成27年10月からマイナンバーの通知が始まりました。 内閣府の知らせによると、原則として、市区町村から住民票に登録されている住所あてにマイナンバー(12桁)が記載された「通知カード」を送られています …