送迎が実施されない場合の評価の見直し(通所介護、通所リハビリテーション、認知症対応型通所介護)

投稿日:

 今回の改定から、「利用者が自ら通う」、「家族が送迎する」などの理由で、通所介護事業者が送迎を実施しない場合には、減算の対象になります。
 

 

-

関連記事

no image

訪問介護における改定のポイント

 所要時間30分以上1時間未満地域包括ケアシステムの最大の目的は在宅生活の維持です。そして、その在宅生活のケアをサポートする中心は訪問介護事業者です。改定資料の中で「認知症高齢者や重度の要介護者の増加 …

no image

介護事業所従業員に関するマイナンバーの取り扱い方法

 Q、従業員などのマイナンバー(個人番号)は、いつまでに取得する必要がありますか?A、従業員にマイナンバーが通知されて以降マイナンバーの取得は可能ですが、マイナンバーを記載した法定調書などを …

no image

介護事業所|施設でのマイナンバー取扱い

施設における利用者さんのマイナンバー対応をまとめた外岡弁護士の資料を見ながら、具体的な取扱いを確認してみます。利用者さんの居所が施設の場合は、施設に書留にてカードが送られてきます。居所登録が自宅の場合 …

no image

社会参加を維持できるサービス提供体制の評価

 訪問リハビリテーションを利用することにより、利用者のADL・IADLが向上し、社会への復帰や参加を維持できるような、質の高い訪問リハビリテーションを提供した場合、「社会参加支援加算(新設)」として評 …

no image

訪問介護と新総合事業を一体的に実施する場合の人員等の基準上の取扱い

 訪問介護事業所が総合事業を行なう際の人員要件が決まりました。訪問介護事業者が、同一事業所・体制において新総合事業を行なう場合、人員や設備、運営基準は現行の基準と変更せずに参加できるようになりました。 …