短期集中リハビリテーション実施加算と個別リハビリテーション実施加算の見直し

投稿日:

 今回の改定において、個別リハビリテーション実施加算(80単位/回)が無くなる代わりに、基本報酬が加算され、短期集中個別リハビリテーション実施加算が見直しされることになりました。
 
【基本報酬の例 通常規模型リハ 6時間以上8時間未満】
要介護1 677 単位/日 726 単位/日
要介護2 829 単位/日 875 単位/日
要介護3 979 単位/日 1,022 単位/日
要介護4 1,132 単位/日 1,173 単位/日
要介護5 1,283 単位/日 1,321 単位/日
 
 
現行制度の個別リハビリテーョン実施加算と短期集中リハビリテーション実施加算を統合した点数は下記のようになります。1月以上3月以内の点数のみになり、リハビリを主とする通所事業所は、目的を持って短期的に機能改善・社会復帰などを目指すことになります。
 
【現行制度】
退院(所)日又は認定日から起算して1月以内  120単位/日
退院(所)日又は認定日から起算して1月超3月以内  60単位/日
個別リハビリテーション実施加算  80単位/回
 
【改定後】
退院(所)日又は認定日から起算して 3月以内  110単位/日
 
 
※ 算定要件等(変更点のみ)
○ 個別にリハビリテーションを実施すること。
○ 認知症短期集中リハビリテーション実施加算又は生活行為向上リハビリテーション実施加算を算定している場合は、算定しない。
○ 通所リハビリテーション費におけるリハビリテーションマネジメント加算(I)又は(II)を算定していること。
 
 
 
 

 

-

関連記事

no image

介護福祉士の配置率が重要になるサービス提供体制の強化

  介護の質をどのように向上するのか。それは各事業所でも常に課題にあがるテーマです。今回の介護報酬改定では、サービス提供体制において「介護福祉士」の配置割合が大きなポイントになりました。介護 …

no image

訪問看護ステーションにおけるリハビリテーションの見直し

 訪問看護におけるリハビリテーションは、看護業務の一環として位置づけられていますが、訪問リハビリテーション事業所からのサービス提供と内容が類似しているといった実態報告があります。このような背景を基に、 …

no image

通所介護(大規模型・通常規模型)のサテライト事業所への移行

 小規模通所介護事業所が大規模型・通常規模型のサテライト事業所へ移行する場合には、 現行のサテライト事業所の取扱いに従って取り扱われることになります。指定居宅サービスに関する基準には、「事業者の指定は …

no image

重度者対応機能の評価

  今回の「介護報酬改定3つのポイント」の1つでもある「中重度要者のケア」に関する加算が通所リハにも新設されます。サービス提供加算として、看護職員又は介護職員を指定基準よりも常勤換算方法で1 …

no image

どうなる?市境における小規模デイサービスが地域密着型へと移行した場合の利用者さまの取り扱い

今改定において平成28年度より地域密着型通所介護が創設されることとなりました。 これを受けて、小規模デイサービス(定員18名以下)は平成28年4月より地域密着型事業へ移行することが決まりました。(大規 …