短期集中リハビリテーション実施加算と個別リハビリテーション実施加算の見直し

投稿日:

 今回の改定において、個別リハビリテーション実施加算(80単位/回)が無くなる代わりに、基本報酬が加算され、短期集中個別リハビリテーション実施加算が見直しされることになりました。
 
【基本報酬の例 通常規模型リハ 6時間以上8時間未満】
要介護1 677 単位/日 726 単位/日
要介護2 829 単位/日 875 単位/日
要介護3 979 単位/日 1,022 単位/日
要介護4 1,132 単位/日 1,173 単位/日
要介護5 1,283 単位/日 1,321 単位/日
 
 
現行制度の個別リハビリテーョン実施加算と短期集中リハビリテーション実施加算を統合した点数は下記のようになります。1月以上3月以内の点数のみになり、リハビリを主とする通所事業所は、目的を持って短期的に機能改善・社会復帰などを目指すことになります。
 
【現行制度】
退院(所)日又は認定日から起算して1月以内  120単位/日
退院(所)日又は認定日から起算して1月超3月以内  60単位/日
個別リハビリテーション実施加算  80単位/回
 
【改定後】
退院(所)日又は認定日から起算して 3月以内  110単位/日
 
 
※ 算定要件等(変更点のみ)
○ 個別にリハビリテーションを実施すること。
○ 認知症短期集中リハビリテーション実施加算又は生活行為向上リハビリテーション実施加算を算定している場合は、算定しない。
○ 通所リハビリテーション費におけるリハビリテーションマネジメント加算(I)又は(II)を算定していること。
 
 
 
 

 

-

関連記事

no image

地域密着型通所介護に係る基準の創設

 平成28年度に地域密着型通所介護が創設されますが、基本報酬については小規模型通所介護が踏襲されることになります。 現在の小規模型通所介護事業所が地域密着型に移行した際には、新たに運営推進会議の設置を …

no image

集合住宅に居住する利用者へのサービス提供

 集合住宅におけるサービス利用に関しては各サービスが包括化の流れにあります。訪問介護、訪問入浴介護、夜間対応型訪問介護、訪問看護及び訪問リハビリテーションについて、以下の見直しが入りました。 &#16 …

no image

訪問サービスの機能強化

 小規模多機能型居宅介護の利用者の在宅生活の維持・継続する観点から、訪問サービスを強化した加算が導入されます。全国小規模多機能型居宅介護事業者連絡会が調査した結果によると、小規模多機能型居宅介護施設の …

no image

居宅介護支援事業所とサービス事業所の連携

 居宅サービス計画に沿った介護サービスが提供されるためには、各サービス事業所における個別サービス計画との連動性や整合性が必要との議論から、介護支援専門員は居宅サービス計画に位置付けた指定サービス事業所 …

no image

介護事業所|在宅でのマイナンバー取扱い

在宅ケアの場合は、もちろん利用者さんの自宅に書留にてカードが送られてきます。カードの管理に関しては後見人の方の判断を仰ぎましょう。本人や後見人の意向で施設のカードの管理を任せたいということであっても、 …