生活行為向上リハビリテーション実施加算の実施後に通所リハビリテーションを継続した場合の減算(新設)

投稿日:

 新設された「生活行為向上リハビリテーション」のサービスを提供した後、指定リハビリテーションを継続的に実施した場合には、1日につき所定単位数の 15 / 100が減算されます。
 
※ 算定要件等
○ 生活行為向上リハビリテーション実施加算を算定し、当該加算を算定するために作成したリハビリテーション実施計画書で定めた実施期間の翌月以降に、同一の利用者に対して、指定通所リハビリテーションを行った場合は、6月間に限り減算する。
 
 

 

-

関連記事

no image

リハビリテーションの基本理念

 今回の改定において、リハビリテーションに関する大きな見直しが入ったため、基本方針の規定が改定されることになりました。    「リハビリテーションは心身機能、活動、参加などの生活機能の維持・ …

no image

通所介護向け 無料報酬改定シュミレーションで現状の売上影響を知りましょう。

 2015年度の制度改正にて通所介護では、基本報酬の見直しが大幅に行われます。    ・小規模型  :約9%の減算  ・通常規模型 :約5%の減算  ・大規模型(I) :約5%の減算  ・大 …

no image

介護福祉士の配置率が重要になるサービス提供体制の強化

  介護の質をどのように向上するのか。それは各事業所でも常に課題にあがるテーマです。今回の介護報酬改定では、サービス提供体制において「介護福祉士」の配置割合が大きなポイントになりました。介護 …

no image

訪問介護における改定のポイント

  所要時間30分以上1時間未満地域包括ケアシステムの最大の目的は在宅生活の維持です。そして、その在宅生活のケアをサポートする中心は訪問介護事業者です。改定資料の中で「認知症高齢者や重度の要 …

no image

重度療養管理加算の拡大

 中重度要介護者の積極的受け入れの観点から、重度療養管理加算の要件が見直され、対象者が要介護3まで拡大されます。   ※ 算定要件等(変更点のみ) ○ 対象者を要介護3まで拡大する。&#16 …