訪問介護における改定のポイント

投稿日:

  所要時間30分以上1時間未満地域包括ケアシステムの最大の目的は在宅生活の維持です。そして、その在宅生活のケアをサポートする中心は訪問介護事業者です。改定資料の中で「認知症高齢者や重度の要介護者の増加と対応」が繰り返される中で、訪問介護は在宅での限界点がどこまで高められるのか期待されています。

t
 在宅ケアのサポート体制の強化として、特徴的だった改定内容としては、24時間365日体制を構築した定期巡回・随時対応型訪問介護・看護による「総合マネジメント体制強化加算(1000単位/月)」の新設があげられます。地域の見守りをするための体制強化が進められようとしています。また、今回の制度改正で全体的に基本報酬が下げられ、訪問介護においても下記のような身体介護、生活援助などについて下記のような見直しが入りました。
 
 
(身体介護中心)
・所要時間20分未満t
   171単位 → 165単位
 
・所要時間20分以上30分未満
t255単位 → 245単位
t404単位 → 388単位
 
 
(生活援助中心)
・所要時間20分以上45分未満
t191単位 → 183単位
 
・所要時間45分以上t
t236単位 → 225単位
 
 
(通院等乗降介助)tt
t101単位 → 97単位
 
 
しかし、これに対応するように日中の20分未満の身体介護における要件緩和があります。将来的には定期巡回への移行重度の方に対応するよう、できるだけこまめに訪問できるような改定となっています。この他には生活機能維持・向上、家族介護者の負担軽減などが評価の対象になっています。 

-

関連記事

no image

福祉用具専門相談員の資質の向上

 現在、指定福祉用具貸与・販売事業所には常勤で2名以上の配置が義務づけられていますが、介護給付費分科会での報告では、実際の事業所における従事者は、近年3.5人前後で推移しています。相談員の資格取得状況 …

no image

認知症短期集中リハビリテーションの充実

 現在の認知症集中リハビリテーションでは、身体機能へのアプローチである個別リハビリテーションと同様の体系となっています。今回の改定で、見当識や記憶などの認知機能の状態に合わせた実施内容が評価されるよう …

no image

人口減少・高齢化と介護の仕事

減る労働人口と雇用対策 昨年、内閣府が長期の労働力人口予測をまとめました。2013年に6577万人だった労働人口が2030年には5683万人、2060年には3795万人にまで減少すると予測しています。 …

no image

マイナンバー介護事業所におけるポイントと本特集について

平成27年10月からマイナンバーの通知が始まりました。 内閣府の知らせによると、原則として、市区町村から住民票に登録されている住所あてにマイナンバー(12桁)が記載された「通知カード」を送られています …

no image

リハビリテーションの基本理念

 今回の改定において、リハビリテーションに関する大きな見直しが入ったため、基本方針の規定が改定されることになりました。    「リハビリテーションは心身機能、活動、参加などの生活機能の維持・ …