介護・障害福祉事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

リハビリテーションを提供する事業者に係る運営基準

投稿日:

 今回の改定において、リハビリテーションの運営基準に大きな見直しが入ったため、規定が改定されることになりました。
 
 「訪問・通所リハビリテーションを提供する事業者は、介護支援専門員や各指定居宅サービス事業所の担当者等がリハビリテーション会議の場に参画し、リハビリテーションの観点から利用者主体の日常生活に着目した支援方針や目標、計画を共有する」といった主旨の文言が運営基準に規定されます。
 

関連記事

となりの自治体の実地指導まとめ~実地指導・監査の指導事例をご紹介~

>>介護人材不足・採用でお困りの法人担当者様向け、求人掲載(無料)のご案内詳細<< 介護事業所を経営・管理している皆様は、実地指導・監査の準備はお済でしょうか?この特集では、全国各地の自治体が公表して …

no image

福祉用具における改定のポイント

>>介護人材不足・採用でお困りの法人担当者様向け、求人掲載(無料)のご案内詳細<<  介護給付費分科会の中では福祉用具の報酬・基準について下記の2点が論点としてあげられています。   ○介護 …

no image

延長加算の見直し(通所介護、通所リハビリテーション、認知症対応型通所介護)

>>介護人材不足・採用でお困りの法人担当者様向け、求人掲載(無料)のご案内詳細<<  通所介護事業サービスの中で、「所要時間7時間以上9時間未満の通所介護の提供後から、宿泊サービスの前まで時間」に日常 …

no image

訪問看護ステーションにおけるリハビリテーションの見直し

>>介護人材不足・採用でお困りの法人担当者様向け、求人掲載(無料)のご案内詳細<<  訪問看護におけるリハビリテーションは、看護業務の一環として位置づけられていますが、訪問リハビリテーション事業所から …

no image

在宅生活の継続に資するサービスを提供している事業所の評価

>>介護人材不足・採用でお困りの法人担当者様向け、求人掲載(無料)のご案内詳細<<  介護職員か看護職員を指定基準よりも常勤換算方法で多く配置している事業所に加算がつくようになります。認知症と中重度の …