訪問リハビリテーション及び通所リハビリテーションを同一事業者が提供する場合の運営の効率化

投稿日:

 今回の改定において、訪問と通所リハを同一事業者が提供する場合における基準に変更がったために、規定が改定されることになりました。
 
 「リハビリテーション計画、リハビリテーションに関する利用者等の同意書、サービス実施状況の診療記録への記載等を効果的・効率的に実施」する主旨の文言が規定されます。
 

-

関連記事

no image

訪問サービスの機能強化

 小規模多機能型居宅介護の利用者の在宅生活の維持・継続する観点から、訪問サービスを強化した加算が導入されます。全国小規模多機能型居宅介護事業者連絡会が調査した結果によると、小規模多機能型居宅介護施設の …

no image

中重度の要介護者の在宅生活を支える訪問看護体制の評価

 訪問看護における、もうひとつの中重度対応として、病院とクリニックからの訪問看護が促進され、基本報酬が増額されます。今後予想される看護師の不足を補うためにも、病院・クリニックにも訪問看護サービスの提供 …

no image

介護保険のメリットとサービスの種類

 介護保険サービスの体系  現在、介護保険のサービス体系は主に長期間の宿泊を伴う施設系サービスから、利用者の自宅でケアをする在宅系に分類することができます。下記の分類のほかには、小規模多機能 …

no image

通所介護における改定のポイント

 今回の通所介護における改定で一番の変更点は基本報酬の大幅な減算と小規模型通所介護のサテライト移行です。特に小規模型の基本報酬に関しては約10%の減算となっています。他に加算の少なかったサービス事業者 …

no image

看取り期における評価の充実

 小規模多機能居宅介護の在宅中重度者への対応強化を図るために、看取りに対する新規の加算が導入されます。看護職員配置加算(I)を算定していること、看護師と24 時間連絡できる体制がとれていること、看取り …