リハビリテーションの基本理念

投稿日:

 今回の改定において、リハビリテーションに関する大きな見直しが入ったため、基本方針の規定が改定されることになりました。
 
 「リハビリテーションは心身機能、活動、参加などの生活機能の維持・向上を図るものでなければならない」という主旨の文言が、訪問・通所リハビリテーションの基本方針に規定されます。

 

-

関連記事

no image

おさえておきたい医療・医療保険情報 No.8

介護・医療連携の推進に向けておさえておきたい医療・医療保険関連の最近の動きを紹介します。 入院、外来、在宅の見直しを総論的に議論  厚生労働省の中央社会保険医療協議会(中医協)が1月11日以降、次期診 …

no image

介護事業所従業員に関するマイナンバーの取り扱い方法

 Q、従業員などのマイナンバー(個人番号)は、いつまでに取得する必要がありますか?A、従業員にマイナンバーが通知されて以降マイナンバーの取得は可能ですが、マイナンバーを記載した法定調書などを …

no image

どうする?新しい総合事業に参入するべきか、否か?

  事業者さんとして気になるところは、以下の2点だと思います。 1.t要支援の方へのサービスが継続できるかどうか 2.t自社として総合事業に参入すべきかどうか   1.現行の要支援 …

no image

おさえておきたい医療・医療保険情報 No.7

介護・医療連携の推進に向けておさえておきたい医療・医療保険関連の最近の動きを紹介します。 29年度政府予算案を提出 社会保障1,400億円抑制 政府は昨年12月22日に平成29年度予算案を閣議決定し、 …

no image

通所介護と新総合事業における通所事業を一体的に実施する場合の人員等の基準上の取扱い

 通所介護事業者が、新総合事業における第一号通所事業を実施する場合の運営の基準がまとまりました。通所事業の類型に応じて、以下のとおりになります。   ○通所介護と「現行の通所介護相当のサービ …