介護老人福祉施設における改定のポイント

投稿日:

  昨年の2014年6月18日に「医療・介護総合推進法」が成立し、特別養護老人ホームへの入所が「要介護3」以上に限定されるようになりました。

 
特別養護老人ホームにおいては、看取り加算を含め、重度対応がより強化され「終の棲家」としての役割を果たしていくと期待されていますが、一方では重度の方でも在宅復帰できるようなサービス提供体制も論点の一つとなっています。在宅復帰を支援する項目としては、「日常生活継続支援加算」、「在宅・入所相互利用加算」が見直されています。
 
さらに、「地域包括ケアシステム」を構築していく拠点として、特別養護老人ホームには、地域の生活困難者への支援、地域活性化への取り組みなどが期待されています。地域包括支援センターと情報共有を図りつつ地域住民の相談窓口機能を果たしたり、地域住民、NPO、民間企業とのコラボレーションによるサロン開催、見守り・安否確認、生活支援(買い物・調理・掃除)など、今後は地域によってサービスに差がでてくるでしょう。
 

-

関連記事

no image

地域との連携の推進

 小規模多機能型居宅介護事業所が新総合事業を行う場合の取り扱いが決まりました。介護サービス(利用者の処遇)に支障がないことを前提として、管理者が新総合事業の訪問型サービスや通所型サービス等の職務と兼務 …

no image

居宅介護支援事業所とサービス事業所の連携

 居宅サービス計画に沿った介護サービスが提供されるためには、各サービス事業所における個別サービス計画との連動性や整合性が必要との議論から、介護支援専門員は居宅サービス計画に位置付けた指定サービス事業所 …

no image

改定の全体像(ポイント)

 所要時間30分以上1時間未満地域包括ケアシステムの最大の目的は在宅生活の維持です。そして、その在宅生活のケアをサポートする中心は訪問介護事業者です。改定資料の中で「認知症高齢者や重度の要介護者の増加 …

no image

短期集中リハビリテーション実施加算と個別リハビリテーション実施加算の見直し

 今回の改定において、個別リハビリテーション実施加算(80単位/回)が無くなる代わりに、基本報酬が加算され、短期集中個別リハビリテーション実施加算が見直しされることになりました。   【基本 …

no image

おさえておきたい医療・医療保険情報 No.3

介護・医療連携の推進に向けておさえておきたい医療・医療保険関連の最近の動きを紹介します。 来年度の厚労省予算は自然増の圧縮が課題に 厚生労働省は8月31日、12月下旬に決める来年度予算案の概算要求を財 …