介護老人福祉施設における改定のポイント

投稿日:

  昨年の2014年6月18日に「医療・介護総合推進法」が成立し、特別養護老人ホームへの入所が「要介護3」以上に限定されるようになりました。

 
特別養護老人ホームにおいては、看取り加算を含め、重度対応がより強化され「終の棲家」としての役割を果たしていくと期待されていますが、一方では重度の方でも在宅復帰できるようなサービス提供体制も論点の一つとなっています。在宅復帰を支援する項目としては、「日常生活継続支援加算」、「在宅・入所相互利用加算」が見直されています。
 
さらに、「地域包括ケアシステム」を構築していく拠点として、特別養護老人ホームには、地域の生活困難者への支援、地域活性化への取り組みなどが期待されています。地域包括支援センターと情報共有を図りつつ地域住民の相談窓口機能を果たしたり、地域住民、NPO、民間企業とのコラボレーションによるサロン開催、見守り・安否確認、生活支援(買い物・調理・掃除)など、今後は地域によってサービスに差がでてくるでしょう。
 

-

関連記事

no image

送迎時における居宅内介助等の評価(通所介護、通所リハビリテーション、認知症対応型通所介護)

 通所介護事業者が送迎を行なうときに、居宅内での介助を行なうことは認識されていましたが、今回の改定では、この介助(電気の消灯・点灯、着替え、ベッドへの移乗、窓の施錠等)が所要時間に含まれることになりま …

no image

介護事業所|施設でのマイナンバー取扱い

施設における利用者さんのマイナンバー対応をまとめた外岡弁護士の資料を見ながら、具体的な取扱いを確認してみます。利用者さんの居所が施設の場合は、施設に書留にてカードが送られてきます。居所登録が自宅の場合 …

no image

どうなる?市境における小規模デイサービスが地域密着型へと移行した場合の利用者さまの取り扱い

今改定において平成28年度より地域密着型通所介護が創設されることとなりました。 これを受けて、小規模デイサービス(定員18名以下)は平成28年4月より地域密着型事業へ移行することが決まりました。(大規 …

no image

運営推進会議及び外部評価の効率化

 現在、小規模多機能型居宅介護を含む地域密着型サービスは年に1回以上の外部評価が義務付けられていますが、運営推進会議と外部評価は、「第三者による評価」という点で共通していることを踏まえ、事業所が自己評 …

no image

認知症加算及び独居高齢者加算の基本報酬への包括化

 認知症加算及び独居高齢者加算が基本報酬に包括されることになりました。 認知症加算と独居高齢者加算は、個人の心身の状況や家族の状況等に応じたケアマネジメントの提供であり、当該業務が介護支援専門員の基本 …