介護・障害福祉事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

介護老人福祉施設における改定のポイント

投稿日:

  昨年の2014年6月18日に「医療・介護総合推進法」が成立し、特別養護老人ホームへの入所が「要介護3」以上に限定されるようになりました。

 
特別養護老人ホームにおいては、看取り加算を含め、重度対応がより強化され「終の棲家」としての役割を果たしていくと期待されていますが、一方では重度の方でも在宅復帰できるようなサービス提供体制も論点の一つとなっています。在宅復帰を支援する項目としては、「日常生活継続支援加算」、「在宅・入所相互利用加算」が見直されています。
 
さらに、「地域包括ケアシステム」を構築していく拠点として、特別養護老人ホームには、地域の生活困難者への支援、地域活性化への取り組みなどが期待されています。地域包括支援センターと情報共有を図りつつ地域住民の相談窓口機能を果たしたり、地域住民、NPO、民間企業とのコラボレーションによるサロン開催、見守り・安否確認、生活支援(買い物・調理・掃除)など、今後は地域によってサービスに差がでてくるでしょう。
 

関連記事

no image

新型コロナウイルス関連の介護保険最新情報・事務連絡一覧(更新順)

「新型コロナウイルス感染症に係る介護サービス事業所等に対するサービス継続支援事業」及び「新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業」等の国民健康保険団体連合会への業務委託について (7月2日介護保険最新 …

no image

地域密着型通所介護に係る基準の創設

 平成28年度に地域密着型通所介護が創設されますが、基本報酬については小規模型通所介護が踏襲されることになります。 現在の小規模型通所介護事業所が地域密着型に移行した際には、新たに運営推進会議の設置を …

no image

養護老人ホームにおけるサービス提供のあり方の見直し【介護予防を含む】

 高齢者の増加の伴い、養護老人ホームの役割拡大が期待されています。個別に要介護者に対する訪問介護サービスを提供するだけではなく、施設自体に介護職員等を配置して、効率的なサービス提供ができる「一般型」に …

no image

多床室における居住費負担

  今回の改定では、一定の所得がある方が特養に入所する場合の、居住費負担が見直されることになりました。一定所得者には、現行の光熱水費相当分だけでなく、室料相当分の負担が求められます。 &#1 …

no image

地域との連携の推進

 小規模多機能型居宅介護事業所が新総合事業を行う場合の取り扱いが決まりました。介護サービス(利用者の処遇)に支障がないことを前提として、管理者が新総合事業の訪問型サービスや通所型サービス等の職務と兼務 …