介護老人福祉施設における改定のポイント

投稿日:

  昨年の2014年6月18日に「医療・介護総合推進法」が成立し、特別養護老人ホームへの入所が「要介護3」以上に限定されるようになりました。

 
特別養護老人ホームにおいては、看取り加算を含め、重度対応がより強化され「終の棲家」としての役割を果たしていくと期待されていますが、一方では重度の方でも在宅復帰できるようなサービス提供体制も論点の一つとなっています。在宅復帰を支援する項目としては、「日常生活継続支援加算」、「在宅・入所相互利用加算」が見直されています。
 
さらに、「地域包括ケアシステム」を構築していく拠点として、特別養護老人ホームには、地域の生活困難者への支援、地域活性化への取り組みなどが期待されています。地域包括支援センターと情報共有を図りつつ地域住民の相談窓口機能を果たしたり、地域住民、NPO、民間企業とのコラボレーションによるサロン開催、見守り・安否確認、生活支援(買い物・調理・掃除)など、今後は地域によってサービスに差がでてくるでしょう。
 

-

関連記事

no image

看護職員の配置要件、他の訪問看護事業所等との連携

 どこの地域でも看護師の不足には悩まされていると思います。今回の改定では、小規模多機能型居宅介護の看護職員が兼務可能な施設が緩和されます。兼務可能な施設・事業所の範囲として「同一敷地内又は隣接する施設 …

no image

人口減少・高齢化と介護の仕事

減る労働人口と雇用対策 昨年、内閣府が長期の労働力人口予測をまとめました。2013年に6577万人だった労働人口が2030年には5683万人、2060年には3795万人にまで減少すると予測しています。 …

no image

居宅介護支援における改定のポイント

 現在の認知症患者は約400万人(推定)ですが、10年後の2025年は700万人を超えるといわれています。このような時代背景を受けて、認知症対応が基本報酬に包括化されたことは居宅介護支援における改定の …

no image

保険外サービスを考える

 保険外サービスを考える  介護給付費の増加に伴うように、シニア向けの市場は拡大しています。保険を入り口としながらも、事業者として独自の保険外サービスメニューを考え、保険と保険外を組み合わせ …

no image

実践!訪問介護における対策ステップ!

 STEP3 売上アップの検討 そして最後に着手すべきは売上をあげることです。 もちろん、最初に売上をあげることに着手して頂いても構わないですが、売上をあげるということはその分の人件費、販促 …