基本報酬の見直し

投稿日:

 介護事業経営実態調査における特別養護老人ホームの収支差をみてみると、平成17年には13.6%、平成20年には3.4%、平成23年には9.3%、平成26年には8.7%と推移しています。新聞一般紙などのメディア報道や、経済財政諮問会議では、公的な役割を担うはずの社会福祉法人の内部留保が問題視されています。
 
財務省からは「内部留保が蓄積しない水準まで介護報酬水準を適正化することが必要」、「地域支援事業など、現に公費や保険料を充てて実施している事業に内部留保を原資として活用すべき」などと指摘されています。
 
このような背景が鑑みられて、基本報酬が見直しされることになりました。
 
【従来型個室】
tt (現行)  t  (27年4月)
要介護度1 t580 単位/日 t547 単位/日
要介護度2 t651 単位/日 t614 単位/日
要介護度3 t723 単位/日 t682 単位/日
要介護度4 t794 単位/日 t749 単位/日
要介護度5 t863 単位/日 t814 単位/日
 
【多床室】(平成24年4月1日以前に整備されたもの)
 tt(現行) t  (27年4月) t  (27年8月)
要介護度1 t634 単位/日 t594 単位/日 t547 単位/日
要介護度2 t703 単位/日 t661 単位/日 t614 単位/日
要介護度3 t775 単位/日 t729 単位/日t682 単位/日
要介護度4 t844 単位/日 t796 単位/日 t749 単位/日
要介護度5 t912 単位/日 t861 単位/日 t814 単位/日
 
【ユニット型個室】
tt (現行) t  (27年4月)
要介護度1 t663 単位/日 t625単位/日
要介護度2 t733 単位/日 t691単位/日
要介護度3 t807 単位/日t762単位/日
要介護度4 t877 単位/日t828単位/日
要介護度5 t947 単位/日 t894単位/日
 

 

-

関連記事

no image

どうなる?市境における小規模デイサービスが地域密着型へと移行した場合の利用者さまの取り扱い

今改定において平成28年度より地域密着型通所介護が創設されることとなりました。 これを受けて、小規模デイサービス(定員18名以下)は平成28年4月より地域密着型事業へ移行することが決まりました。(大規 …

no image

訪問リハビリテーション及び通所リハビリテーションを同一事業者が提供する場合の運営の効率化

 今回の改定において、訪問と通所リハを同一事業者が提供する場合における基準に変更がったために、規定が改定されることになりました。    「リハビリテーション計画、リハビリテーションに関する利 …

no image

中山間地域等における小規模多機能型居宅介護の推進

 小規模多機能型居宅介護は、「通い」「訪問」も実施していることから、中山間地域に住む利用者に対して、通常の事業の実施地域を越えて小規模多機能型居宅介護を提供する場合に、加算が新設されることになりました …

no image

どっちがお得!?小規模デイサービスの地域密着型への移行orサテライト事業への移行

今改定において大きな報酬ダウンとなるデイサービス。 小規模デイサービスにおいては改定後のダウン率が7.6%~9.8%、それ以外のデイサービスにおいてもダウン率が5%前後ある形となっています。 &#16 …

no image

居宅介護支援における改定のポイント

 現在の認知症患者は約400万人(推定)ですが、10年後の2025年は700万人を超えるといわれています。このような時代背景を受けて、認知症対応が基本報酬に包括化されたことは居宅介護支援における改定の …