「特別養護老人ホーム」の職員に係る専従要件の緩和

投稿日:

 地域包括ケアシステムの目的の一つである地域貢献活動の実現に向けて、特別養護老人ホームの職員に係る「専従」の要件の解釈通達がでて、地域活動がしやすくなります。
 
現状の問題点としては、特別養護老人ホームの職員に係る「専従」の要件がサービス提供時間以外の地域貢献活動実施を制限するような文章に解釈できてしまうため、地域活動を妨げるものではないことが通達によって明確化されます。
 
※現状の要件
「特別養護老人ホームの職員配置基準を満たす職員として割り当てられた職員について、その勤務表上で割り当てられたサービス提供に従事する時間帯において適用されるものである」 

-

関連記事

no image

通所介護向け 無料報酬改定シュミレーションで現状の売上影響を知りましょう。

 2015年度の制度改正にて通所介護では、基本報酬の見直しが大幅に行われます。    ・小規模型  :約9%の減算  ・通常規模型 :約5%の減算  ・大規模型(I) :約5%の減算  ・大 …

no image

中重度の要介護者の在宅生活を支える訪問看護体制の評価

 訪問看護における、もうひとつの中重度対応として、病院とクリニックからの訪問看護が促進され、基本報酬が増額されます。今後予想される看護師の不足を補うためにも、病院・クリニックにも訪問看護サービスの提供 …

no image

介護保険のメリットとサービスの種類

 介護保険サービスの体系  現在、介護保険のサービス体系は主に長期間の宿泊を伴う施設系サービスから、利用者の自宅でケアをする在宅系に分類することができます。下記の分類のほかには、小規模多機能 …

no image

通所介護と新総合事業における通所事業を一体的に実施する場合の人員等の基準上の取扱い

 通所介護事業者が、新総合事業における第一号通所事業を実施する場合の運営の基準がまとまりました。通所事業の類型に応じて、以下のとおりになります。   ○通所介護と「現行の通所介護相当のサービ …

no image

おさえておきたい医療・医療保険情報 No.7

介護・医療連携の推進に向けておさえておきたい医療・医療保険関連の最近の動きを紹介します。 29年度政府予算案を提出 社会保障1,400億円抑制 政府は昨年12月22日に平成29年度予算案を閣議決定し、 …