「特別養護老人ホーム」の職員に係る専従要件の緩和

投稿日:

 地域包括ケアシステムの目的の一つである地域貢献活動の実現に向けて、特別養護老人ホームの職員に係る「専従」の要件の解釈通達がでて、地域活動がしやすくなります。
 
現状の問題点としては、特別養護老人ホームの職員に係る「専従」の要件がサービス提供時間以外の地域貢献活動実施を制限するような文章に解釈できてしまうため、地域活動を妨げるものではないことが通達によって明確化されます。
 
※現状の要件
「特別養護老人ホームの職員配置基準を満たす職員として割り当てられた職員について、その勤務表上で割り当てられたサービス提供に従事する時間帯において適用されるものである」 

-

関連記事

no image

通所介護における改定のポイント

  【例3】大規模型通所介護費(I)の場合 要介護1 683 単位/日 t⇒ 要介護1 645 単位/日 要介護2 803 単位/日 t⇒ 要介護2 762 単位/日 要 …

no image

訪問サービスの機能強化

 小規模多機能型居宅介護の利用者の在宅生活の維持・継続する観点から、訪問サービスを強化した加算が導入されます。全国小規模多機能型居宅介護事業者連絡会が調査した結果によると、小規模多機能型居宅介護施設の …

no image

訪問介護における改定のポイント

 所要時間30分以上1時間未満地域包括ケアシステムの最大の目的は在宅生活の維持です。そして、その在宅生活のケアをサポートする中心は訪問介護事業者です。改定資料の中で「認知症高齢者や重度の要介護者の増加 …

no image

小規模多機能型居宅介護のサテライト型事業所への移行に向けた経過措置

 小規模通所介護事業所が小規模多機能型居宅介護のサテライトに移行する際に、通所介護の機能しか持っていない施設が移行しやすいように、平成29年度末まで経過措置が設けられることになりました。しかしながら、 …

no image

介護事業所従業員に関するマイナンバーの取り扱い方法

 Q、従業員などのマイナンバー(個人番号)は、いつまでに取得する必要がありますか?A、従業員にマイナンバーが通知されて以降マイナンバーの取得は可能ですが、マイナンバーを記載した法定調書などを …