多床室における居住費負担

投稿日:

  今回の改定では、一定の所得がある方が特養に入所する場合の、居住費負担が見直されることになりました。一定所得者には、現行の光熱水費相当分だけでなく、室料相当分の負担が求められます。

 
特別養護老人ホームは低所得者の終の棲家といわれています。低所得者を守る観点から、利用者負担第1段階から第3段階までの方については、補足給付が支給されて、利用者負担が増加しないよう配慮されます。
 
この見直しは平成27年8月から行われます。
 
※ 算定要件等(変更後の基準費用額と負担限度額の一覧
 
【基準費用額】
食事ttt    1,380
ユニット型個室tt  1,970
ユニット型準個室t    1,640
従来型個室(特養)t  1,150 
従来型個室(老健・療養)1,640
多床質(特養)tt  320+β+α
多床質(老健・療養)t  320+β
 
【負担限度額 利用者負担第 3段階】
食事ttt    650
ユニット型個室tt  1,310
ユニット型準個室t    1,310
従来型個室(特養)t  820 
従来型個室(老健・療養)1,310
多床質(特養)tt  320+β
多床質(老健・療養)t  320+β
 
【負担限度額 利用者負担 第2段階】
食事ttt    390
ユニット型個室tt  820
ユニット型準個室t    490
従来型個室(特養)t  420 
従来型個室(老健・療養)490
多床質(特養)tt  320+β
多床質(老健・療養)t  320+β
 
【負担限度額 利用者負担 第1段階】
食事ttt    300
ユニット型個室tt  820
ユニット型準個室t    490
従来型個室(特養)t  320 
従来型個室(老健・療養)490
多床質(特養)tt  0
多床質(老健・療養)t  0
 
注1:βについては、直近の家計調査における光熱水費の額が現行の基準費用額・
負担限度額を上回っていることを踏まえた見直しで、50円/日。
注2:αについては、多床室の入所者に対して室料相当の負担を求めることに伴う
見直しで、470円/日。(実施は平成27年8月から。) 
 

-

関連記事

no image

短期利用(ショートステイ)の要件緩和【地域密着型を含む】

 利用者のニーズを受け入れられるように、特定施設入居者生活介護における短期利用の要件が緩和されます。現行の入居率80%が撤廃され、開設後3年経過の要件が事業者の経験評価方式に変更され、3年未満の事業者 …

no image

地域連携の拠点としての機能の充実

 地域で高齢者ケアを支えていくため、通所介護施設は地域の連携拠点となるよう期待されています。生活相談員の相談業務の幅を広げられるように専従要件が緩和されることになりました。事業所内に限った利用者からの …

no image

おさえておきたい医療・医療保険情報 No.6

介護・医療連携の推進に向けておさえておきたい医療・医療保険関連の最近の動きを紹介します。 医療計画の報告書まとまる 来年度中に都道府県が策定 平成30年度からの第7次医療計画の策定に向けた厚生労働省の …

no image

介護老人福祉施設における改定のポイント

  昨年の2014年6月18日に「医療・介護総合推進法」が成立し、特別養護老人ホームへの入所が「要介護3」以上に限定されるようになりました。   特別養護老人ホームにおいては、看取 …

no image

通所介護と新総合事業における通所事業を一体的に実施する場合の人員等の基準上の取扱い

 通所介護事業者が、新総合事業における第一号通所事業を実施する場合の運営の基準がまとまりました。通所事業の類型に応じて、以下のとおりになります。   ○通所介護と「現行の通所介護相当のサービ …