多床室における居住費負担

投稿日:

  今回の改定では、一定の所得がある方が特養に入所する場合の、居住費負担が見直されることになりました。一定所得者には、現行の光熱水費相当分だけでなく、室料相当分の負担が求められます。

 
特別養護老人ホームは低所得者の終の棲家といわれています。低所得者を守る観点から、利用者負担第1段階から第3段階までの方については、補足給付が支給されて、利用者負担が増加しないよう配慮されます。
 
この見直しは平成27年8月から行われます。
 
※ 算定要件等(変更後の基準費用額と負担限度額の一覧
 
【基準費用額】
食事ttt    1,380
ユニット型個室tt  1,970
ユニット型準個室t    1,640
従来型個室(特養)t  1,150 
従来型個室(老健・療養)1,640
多床質(特養)tt  320+β+α
多床質(老健・療養)t  320+β
 
【負担限度額 利用者負担第 3段階】
食事ttt    650
ユニット型個室tt  1,310
ユニット型準個室t    1,310
従来型個室(特養)t  820 
従来型個室(老健・療養)1,310
多床質(特養)tt  320+β
多床質(老健・療養)t  320+β
 
【負担限度額 利用者負担 第2段階】
食事ttt    390
ユニット型個室tt  820
ユニット型準個室t    490
従来型個室(特養)t  420 
従来型個室(老健・療養)490
多床質(特養)tt  320+β
多床質(老健・療養)t  320+β
 
【負担限度額 利用者負担 第1段階】
食事ttt    300
ユニット型個室tt  820
ユニット型準個室t    490
従来型個室(特養)t  320 
従来型個室(老健・療養)490
多床質(特養)tt  0
多床質(老健・療養)t  0
 
注1:βについては、直近の家計調査における光熱水費の額が現行の基準費用額・
負担限度額を上回っていることを踏まえた見直しで、50円/日。
注2:αについては、多床室の入所者に対して室料相当の負担を求めることに伴う
見直しで、470円/日。(実施は平成27年8月から。) 
 

関連記事

no image

社会参加を維持できるサービス提供体制の評価

 訪問リハビリテーションを利用することにより、利用者のADL・IADLが向上し、社会への復帰や参加を維持できるような、質の高い訪問リハビリテーションを提供した場合、「社会参加支援加算(新設)」として評 …

no image

養護老人ホームにおけるサービス提供のあり方の見直し【介護予防を含む】

 高齢者の増加の伴い、養護老人ホームの役割拡大が期待されています。個別に要介護者に対する訪問介護サービスを提供するだけではなく、施設自体に介護職員等を配置して、効率的なサービス提供ができる「一般型」に …

no image

小規模通所介護が今後打つ手とは?

小規模通所介護だけに固執しない    しかし、個人的におススメしたいのは小規模通所介護だけに固執するのではなく、他事業に積極的に打って出るという考え方をして頂ければと思います。 ここで言う他 …

no image

重度者対応機能の評価

  今回の「介護報酬改定3つのポイント」の1つでもある「中重度要者のケア」に関する加算が通所リハにも新設されます。サービス提供加算として、看護職員又は介護職員を指定基準よりも常勤換算方法で1 …

no image

要支援2の要件見直し

  今回の改定では、特定施設生活介護では、体制強化加算・認知症専門ケア加算が創設され、重度化への対応が期待されています。そのような流れのなかで、要支援2に対する要件が緩和されます。 &#16 …