多床室における居住費負担

投稿日:

  今回の改定では、一定の所得がある方が特養に入所する場合の、居住費負担が見直されることになりました。一定所得者には、現行の光熱水費相当分だけでなく、室料相当分の負担が求められます。

 
特別養護老人ホームは低所得者の終の棲家といわれています。低所得者を守る観点から、利用者負担第1段階から第3段階までの方については、補足給付が支給されて、利用者負担が増加しないよう配慮されます。
 
この見直しは平成27年8月から行われます。
 
※ 算定要件等(変更後の基準費用額と負担限度額の一覧
 
【基準費用額】
食事ttt    1,380
ユニット型個室tt  1,970
ユニット型準個室t    1,640
従来型個室(特養)t  1,150 
従来型個室(老健・療養)1,640
多床質(特養)tt  320+β+α
多床質(老健・療養)t  320+β
 
【負担限度額 利用者負担第 3段階】
食事ttt    650
ユニット型個室tt  1,310
ユニット型準個室t    1,310
従来型個室(特養)t  820 
従来型個室(老健・療養)1,310
多床質(特養)tt  320+β
多床質(老健・療養)t  320+β
 
【負担限度額 利用者負担 第2段階】
食事ttt    390
ユニット型個室tt  820
ユニット型準個室t    490
従来型個室(特養)t  420 
従来型個室(老健・療養)490
多床質(特養)tt  320+β
多床質(老健・療養)t  320+β
 
【負担限度額 利用者負担 第1段階】
食事ttt    300
ユニット型個室tt  820
ユニット型準個室t    490
従来型個室(特養)t  320 
従来型個室(老健・療養)490
多床質(特養)tt  0
多床質(老健・療養)t  0
 
注1:βについては、直近の家計調査における光熱水費の額が現行の基準費用額・
負担限度額を上回っていることを踏まえた見直しで、50円/日。
注2:αについては、多床室の入所者に対して室料相当の負担を求めることに伴う
見直しで、470円/日。(実施は平成27年8月から。) 
 

-

関連記事

no image

人口減少・高齢化と介護の仕事

減る労働人口と雇用対策 昨年、内閣府が長期の労働力人口予測をまとめました。2013年に6577万人だった労働人口が2030年には5683万人、2060年には3795万人にまで減少すると予測しています。 …

no image

公平・中立性の確保の推進

ケアマネジメントの質を確保する観点から、正当な理由のない特定の事業所へのサービスの偏りの割合が80%以上である場合に減算となります。   いままでの要件では90%となっていた割合を80%に引 …

no image

どうする?デイサービスにおける看護職員さん配置緩和について

今改定においてデイサービスにおける看護職員さんの配置緩和が決まりました。   内容としては、以下のいずれの要件も満たしている場合については、看護職員が確保されているものとするとなっています。 …

no image

介護福祉士の配置率が重要になるサービス提供体制の強化

  介護の質をどのように向上するのか。それは各事業所でも常に課題にあがるテーマです。今回の介護報酬改定では、サービス提供体制において「介護福祉士」の配置割合が大きなポイントになりました。介護 …

no image

送迎時における居宅内介助等の評価(通所介護、通所リハビリテーション、認知症対応型通所介護)

 通所介護事業者が送迎を行なうときに、居宅内での介助を行なうことは認識されていましたが、今回の改定では、この介助(電気の消灯・点灯、着替え、ベッドへの移乗、窓の施錠等)が所要時間に含まれることになりま …