特定施設入居者生活介護における改定ポイント

投稿日:

  昨年の2014年6月18日に「医療・介護総合推進法」が成立しました。法律の内容は来たる2025年問題を見据えた内容となっていて、特別養護老人ホームへの入所が「要介護3」以上に限定されるようになることは一般的にも大きなニュースとして取り上げられました。

 
今後は、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)の重度対応がより進んでいき、介護施設の差別化がより進むでしょう。特定施設入居者生活介護等(サ高住)は全体として重度対応を迫られながらも、要介護1・2にも幅広く対応することが求められていくと予想されます。
 
今回、基本報酬はかなりの減額がありましたが、改定のポイントである認知症対応、看取り、サービス提供体制に加算がついています。施設として高齢化に対応力できるところは加算がとれる状況になっています。
 
【現行の基本報酬】
要支援1 t197 単位/日
要支援2 t456 単位/日
要介護1 t564 単位/日(居宅)
t t562 単位/日(地域密着)
要介護2 t632 単位/日(居宅)
t t631 単位/日(地域密着)
要介護3 t705 単位/日(居宅)
t t703 単位/日(地域密着)
要介護4 t773 単位/日(居宅)
t t771 単位/日(地域密着)
要介護5 t844 単位/日(居宅)
t t842 単位/日(地域密着)
↓ 
【改定後】
要支援1t179 単位/日
要支援2 t308 単位/日
要介護1 t533 単位/日(居宅)(地域密着)
要介護2 t597 単位/日(居宅)(地域密着)
要介護3 t666 単位/日(居宅)(地域密着)
要介護4 t730 単位/日(居宅)(地域密着)
要介護5 t798 単位/日(居宅)(地域密着)
 

-

関連記事

no image

生活機能向上連携加算の拡大

 介護のおけるリハビリテーションの提供は「高齢者の心身の状況が低下した際、リハビリテーションが適切に提供されることにより、機能改善をし、生活が自立できるように支援する」という考え方がベースにあります。 …

no image

訪問リハビリテーション及び通所リハビリテーションを同一事業者が提供する場合の運営の効率化

 今回の改定において、訪問と通所リハを同一事業者が提供する場合における基準に変更がったために、規定が改定されることになりました。   「リハビリテーション計画、リハビリテーションに関する利用 …

no image

小規模通所介護が今後打つ手とは?

小規模通所介護だけに固執しない    しかし、個人的におススメしたいのは小規模通所介護だけに固執するのではなく、他事業に積極的に打って出るという考え方をして頂ければと思います。 ここで言う他 …

no image

法定代理受領の同意書の廃止【地域密着型・介護予防を含む】

 現行制度では、有料老人ホームが介護報酬を代理受領する要件として「入居者からの同意書」が必要でしたが、老人福祉法の改正によってこの要件が撤廃されました。 

no image

生活行為向上リハビリテーション実施加算の実施後に通所リハビリテーションを継続した場合の減算(新設)

 新設された「生活行為向上リハビリテーション」のサービスを提供した後、指定リハビリテーションを継続的に実施した場合には、1日につき所定単位数の 15 / 100が減算されます。   ※ 算定 …