サービス提供体制強化加算の創設【地域密着型・介護予防を含む】

投稿日:

  特別養護老人ホームにおける入居者制限が要介護度3に限定されたことから特定施設入居者生活介護1(サ高住)の役割拡大が期待されています。要介護1・2で入居した利用者が重度化した場合でも引き続きサービス提供ができる体制を確保している施設が「サービス提供体制強化加算」として評価されることになります。

 
全国有料老人ホーム協会が行った「有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅に関する実態調査研究」によると、平成25年時点での特定施設入居者生活介護の職員配置は、全国平均23.9人で、そのうち社会福祉士は9.9人(41%)となっています。
 
(I)イ (新規) ⇒ 18 単位/日
(I)ロ (新規) ⇒ 12 単位/日
(II)  (新規) ⇒ 6 単位/日
(III) (新規) ⇒ 6 単位/日

 

※ 算定要件等
○ 介護福祉士による強化1 (I)イ
・ 介護職員の総数のうち、介護福祉士の占める割合が100 分の60 以上であること。
○ 介護福祉士による強化2 (I)ロ
・ 介護職員の総数のうち、介護福祉士の占める割合が100 分の50 以上であること。
○ 常勤職員による強化 (II)
・ 看護・介護職員の総数のうち、常勤職員の占める割合が100 分の75 以上であること。
○ 長期勤続職員による強化 (III)
・ 特定施設入居者生活介護を入居者に直接提供する職員の総数のうち、勤続年数3年以上の者の占める割合が100 分の30 以上であること。
 
 

-

関連記事

no image

リハビリテーションの基本理念

 今回の改定において、リハビリテーションに関する大きな見直しが入ったため、基本方針の規定が改定されることになりました。    「リハビリテーションは心身機能、活動、参加などの生活機能の維持・ …

no image

事業開始時支援加算の見直し

 小規模多機能居宅介護における事業開始時支援加算の経過措置は2015年3月31日までとなっていました。予定通り廃止されることになりました。   事業開始時支援加算 500 単位/月 ⇒ 廃止 …

no image

訪問看護ステーションにおけるリハビリテーションの見直し

 訪問看護におけるリハビリテーションは、看護業務の一環として位置づけられていますが、訪問リハビリテーション事業所からのサービス提供と内容が類似しているといった実態報告があります。このような背景を基に、 …

no image

実践!訪問介護における対策ステップ!

 STEP3 売上アップの検討 そして最後に着手すべきは売上をあげることです。 もちろん、最初に売上をあげることに着手して頂いても構わないですが、売上をあげるということはその分の人件費、販促 …

no image

看取り介護加算の充実【地域密着型を含む】

 特定施設入居者生活介護における看取りの質を向上させるため、「看取り介護加算」の要件が強化され、それに伴い点数が加配されます。   (現行)死亡日以前4 日以上30 日以下 80 単位/日 …