サービス提供体制強化加算の創設【地域密着型・介護予防を含む】

投稿日:

  特別養護老人ホームにおける入居者制限が要介護度3に限定されたことから特定施設入居者生活介護1(サ高住)の役割拡大が期待されています。要介護1・2で入居した利用者が重度化した場合でも引き続きサービス提供ができる体制を確保している施設が「サービス提供体制強化加算」として評価されることになります。

 
全国有料老人ホーム協会が行った「有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅に関する実態調査研究」によると、平成25年時点での特定施設入居者生活介護の職員配置は、全国平均23.9人で、そのうち社会福祉士は9.9人(41%)となっています。
 
(I)イ (新規) ⇒ 18 単位/日
(I)ロ (新規) ⇒ 12 単位/日
(II)  (新規) ⇒ 6 単位/日
(III) (新規) ⇒ 6 単位/日

 

※ 算定要件等
○ 介護福祉士による強化1 (I)イ
・ 介護職員の総数のうち、介護福祉士の占める割合が100 分の60 以上であること。
○ 介護福祉士による強化2 (I)ロ
・ 介護職員の総数のうち、介護福祉士の占める割合が100 分の50 以上であること。
○ 常勤職員による強化 (II)
・ 看護・介護職員の総数のうち、常勤職員の占める割合が100 分の75 以上であること。
○ 長期勤続職員による強化 (III)
・ 特定施設入居者生活介護を入居者に直接提供する職員の総数のうち、勤続年数3年以上の者の占める割合が100 分の30 以上であること。
 
 

-

関連記事

no image

意外に難しい!?訪問介護事業所の特定事業所加算(IV)取得

4.前年度または前3ヶ月の利用者総数のうち、要介護3以上、認知症自立度III以上の利用者が60%以上であることもハードルが高い   また、4の利用者総数の60%が要介護3以上か要介護1、要介 …

no image

おさえておきたい医療・医療保険情報 No.3

介護・医療連携の推進に向けておさえておきたい医療・医療保険関連の最近の動きを紹介します。 来年度の厚労省予算は自然増の圧縮が課題に 厚生労働省は8月31日、12月下旬に決める来年度予算案の概算要求を財 …

no image

生活機能向上連携加算の拡大

 介護のおけるリハビリテーションの提供は「高齢者の心身の状況が低下した際、リハビリテーションが適切に提供されることにより、機能改善をし、生活が自立できるように支援する」という考え方がベースにあります。 …

no image

福祉用具における改定のポイント

 介護給付費分科会の中では福祉用具の報酬・基準について下記の2点が論点としてあげられています。   ○介護人材確保の観点から、介護従事者のイメージアップとして、ロボット介護が出来る、テクノジ …

no image

通所介護における改定のポイント

 今回の通所介護における改定で一番の変更点は基本報酬の大幅な減算と小規模型通所介護のサテライト移行です。特に小規模型の基本報酬に関しては約10%の減算となっています。他に加算の少なかったサービス事業者 …