認知症専門ケア加算の創設【地域密着型・介護予防を含む】

投稿日:

 認知症高齢者の増加に対するため、特定施設入居者生活介護でも積極的な受け入れが期待されています。受け入れ促進のために、「認知症専門ケア加算」が創設されます。
 
特定施設入居者生活介護において代表的な有料老人ホームでは、認知症の日常生活自立度『III』以上の入居者が31.8%を占めているという調査結果がでています。(全国有料老人ホーム協会の調査)
 
認知症専門ケア加算(I)  3 単位/日
認知症専門ケア加算(II)  4 単位/日
 
 
※算定要件等
 
(1) 専門的な研修による強化(I)
・ 事業所における利用者の総数のうち、「日常生活に支障を来すおそれのある症状又は行動が認められることから介護を必要とする認知症の者(以下「対象者」という。)」の占める割合が2分の1以上であること。
 
・ 「認知症介護に係る専門的な研修」を終了している者を、以下のとおり配置し、チームとして専門的な認知症ケアを実施していること。
1. 対象者の数が20 人未満 1以上
2. 対象者の数が20 人以上 1に、当該対象者の数が19 を超えて10 又はその端数を増すごとに1を加えて得た数以上
・当該事業所の従業者に対して、認知症ケアに関する留意事項の伝達又は技術的指導に係る会議を定期的に開催していること。

(2) 指導に係る専門的な研修による強化(II)

・(I)の基準のいずれにも適合すること。
・ 「認知症介護の指導に係る専門的な研修」を終了している者を1名以上配置し、事業所全体の認知症ケアの指導等を実施していること。
・ 当該事業所における看護・介護職員ごとの認知症ケアに関する研修計画を作成し、当該計画に従い、研修を実施又は実施を予定していること。
 

 

-

関連記事

no image

居宅介護支援における改定のポイント

 現在の認知症患者は約400万人(推定)ですが、10年後の2025年は700万人を超えるといわれています。このような時代背景を受けて、認知症対応が基本報酬に包括化されたことは居宅介護支援における改定の …

no image

地域連携の拠点としての機能の充実

 地域で高齢者ケアを支えていくため、通所介護施設は地域の連携拠点となるよう期待されています。生活相談員の相談業務の幅を広げられるように専従要件が緩和されることになりました。事業所内に限った利用者からの …

no image

看取り期における評価の充実

 小規模多機能居宅介護の在宅中重度者への対応強化を図るために、看取りに対する新規の加算が導入されます。看護職員配置加算(I)を算定していること、看護師と24 時間連絡できる体制がとれていること、看取り …

no image

意外に難しい!?訪問介護事業所の特定事業所加算(IV)取得

4.前年度または前3ヶ月の利用者総数のうち、要介護3以上、認知症自立度III以上の利用者が60%以上であることもハードルが高い   また、4の利用者総数の60%が要介護3以上か要介護1、要介 …

no image

訪問介護における改定のポイント

 所要時間30分以上1時間未満地域包括ケアシステムの最大の目的は在宅生活の維持です。そして、その在宅生活のケアをサポートする中心は訪問介護事業者です。改定資料の中で「認知症高齢者や重度の要介護者の増加 …