要支援2の要件見直し

投稿日:

  今回の改定では、特定施設生活介護では、体制強化加算・認知症専門ケア加算が創設され、重度化への対応が期待されています。そのような流れのなかで、要支援2に対する要件が緩和されます。

 
介護職員・看護職員の配置基準について、要支援2の配置基準(3:1)を要支援1の基準(10:1)に揃えられます。その分基本報酬の減額になります。
 
【現行の基本報酬】
要支援1 t197 単位/日
要支援2 t456 単位/日
 
【改定後】
要支援1t179 単位/日
要支援2 t308 単位/日
 

-

関連記事

no image

病院・診療所からの訪問看護の充実

 訪問看護における中重度の利用者対応として、サービス提供体制に新たな加算が設けられました。主な評価ポイントは、「電話等による常時対応や緊急時の訪問看護体制(緊急時訪問看護加算)」、「特別な管理を必要と …

no image

公平・中立性の確保の推進

ケアマネジメントの質を確保する観点から、正当な理由のない特定の事業所へのサービスの偏りの割合が80%以上である場合に減算となります。   いままでの要件では90%となっていた割合を80%に引 …

no image

訪問介護と新総合事業を一体的に実施する場合の人員等の基準上の取扱い

 訪問介護事業所が総合事業を行なう際の人員要件が決まりました。訪問介護事業者が、同一事業所・体制において新総合事業を行なう場合、人員や設備、運営基準は現行の基準と変更せずに参加できるようになりました。 …

no image

おさえておきたい医療・医療保険情報 No.4

介護・医療連携の推進に向けておさえておきたい医療・医療保険関連の最近の動きを紹介します。 高額薬剤の費用抑制でオプジーボの薬価引下げ 高額な薬剤の登場が医療保険財政に与える影響が大きくなっており、その …

no image

小規模多機能における改定ポイント

  増える高齢者に対応するために、包括型で複合的なサービスを提供できる小規模多機能居型施設は多くの期待が寄せられています。今回の改定では、多くのサービス事業形態がマイナスになる中で、小規模多 …