短期利用(ショートステイ)の要件緩和【地域密着型を含む】

投稿日:

 利用者のニーズを受け入れられるように、特定施設入居者生活介護における短期利用の要件が緩和されます。現行の入居率80%が撤廃され、開設後3年経過の要件が事業者の経験評価方式に変更され、3年未満の事業者でもショートステイができるようになります。地域住民にとっては、特定施設入居者生活介護の利用ハードルが下がり、介護サービスの選択肢の一つになっていくでしょう。
 
いままでは、事業者側が入居率80%未満を避けるために、利用者からの申し込みをキャンセルせざるを得ない問題が指摘されていました。

 

-

関連記事

no image

看取り介護加算

  特別養護老人ホームにおける看取り介護の質を向上させるため、「看取り介護加算」の要件が強化され、それに伴い点数が加配されます。   (現行)死亡日以前4 日以上30 日以下  8 …

no image

通所介護向け 無料報酬改定シュミレーションで現状の売上影響を知りましょう。

 2015年度の制度改正にて通所介護では、基本報酬の見直しが大幅に行われます。    ・小規模型  :約9%の減算  ・通常規模型 :約5%の減算  ・大規模型(I) :約5%の減算  ・大 …

no image

リハビリテーションの基本理念

 今回の改定において、リハビリテーションに関する大きな見直しが入ったため、基本方針の規定が改定されることになりました。    「リハビリテーションは心身機能、活動、参加などの生活機能の維持・ …

no image

訪問看護ステーションにおけるリハビリテーションの見直し

 訪問看護におけるリハビリテーションは、看護業務の一環として位置づけられていますが、訪問リハビリテーション事業所からのサービス提供と内容が類似しているといった実態報告があります。このような背景を基に、 …

no image

看護職員の配置要件、他の訪問看護事業所等との連携

 どこの地域でも看護師の不足には悩まされていると思います。今回の改定では、小規模多機能型居宅介護の看護職員が兼務可能な施設が緩和されます。兼務可能な施設・事業所の範囲として「同一敷地内又は隣接する施設 …