養護老人ホームにおけるサービス提供のあり方の見直し【介護予防を含む】

投稿日:

 高齢者の増加の伴い、養護老人ホームの役割拡大が期待されています。個別に要介護者に対する訪問介護サービスを提供するだけではなく、施設自体に介護職員等を配置して、効率的なサービス提供ができる「一般型」にすることができるようになります。 

-

関連記事

no image

どうする?デイサービスにおける看護職員さん配置緩和について

今改定においてデイサービスにおける看護職員さんの配置緩和が決まりました。   内容としては、以下のいずれの要件も満たしている場合については、看護職員が確保されているものとするとなっています。 …

no image

保険外サービスを考える

 保険外サービスを考える  介護給付費の増加に伴うように、シニア向けの市場は拡大しています。保険を入り口としながらも、事業者として独自の保険外サービスメニューを考え、保険と保険外を組み合わせ …

no image

おさえておきたい医療・医療保険情報 No.2

介護・医療連携の推進に向けておさえておきたい医療・医療保険関連の最近の動きを紹介します。 地域医療構想を織り込み 次期医療計画に向け議論 平成30年度からの次期医療計画に向けた議論が、厚生労働省で進ん …

no image

多床室における居住費負担

  今回の改定では、一定の所得がある方が特養に入所する場合の、居住費負担が見直されることになりました。一定所得者には、現行の光熱水費相当分だけでなく、室料相当分の負担が求められます。 &#1 …

no image

通所介護における改定のポイント

 今回の通所介護における改定で一番の変更点は基本報酬の大幅な減算と小規模型通所介護のサテライト移行です。特に小規模型の基本報酬に関しては約10%の減算となっています。他に加算の少なかったサービス事業者 …