訪問看護における改定ポイント

投稿日:

 訪問看護では平成21年以降、要介護1、2の利用者が増加傾向にあります。増加の理由は訪問リハビリの利用やインスリンの自己注射のための管理と考えられます。しかし今後は要介護度の高い利用者にも対応していかなければなりません。
 
今回の改定では、重度者対応として体制強化に関する評価と、病院やクリニックからの訪問看護の利用促進が見直されました。病院で働いている看護師は、医師を中心としたチームで活動しているため、訪問看護に対する不安感があるという指摘があります。独立している訪問看護ステーションの方たちは地域の勉強会などを通して、病院の看護職に対しても啓発活動が必要とされています。
 
また、利用単価の高い訪問看護を利用せずに、訪問介護を使うといった現象が起きていることから、利用者やケアマネジャーへの訪問看護に対する理解を促す活動が必要と考えられます。
 
 

 

-

関連記事

no image

介護予防支援に係る新総合事業の導入に伴う基本報酬の見直し

 総合事業の導入に伴い、基本報酬が評価されることになりました。指定介護事業者以外の主体者がサービスを行う事も前提とされているため、今後は予防プランにも様々な企画が求められていくでしょう。ボラ …

no image

介護福祉士の配置率が重要になるサービス提供体制の強化

  介護の質をどのように向上するのか。それは各事業所でも常に課題にあがるテーマです。今回の介護報酬改定では、サービス提供体制において「介護福祉士」の配置割合が大きなポイントになりました。介護 …

no image

看護職員の配置要件、他の訪問看護事業所等との連携

 どこの地域でも看護師の不足には悩まされていると思います。今回の改定では、小規模多機能型居宅介護の看護職員が兼務可能な施設が緩和されます。兼務可能な施設・事業所の範囲として「同一敷地内又は隣接する施設 …

no image

質の高いケアマネジメントを実施する事業所の評価の推進

 質の高いケアマネジメントを提供する事業所を評価するため、現在の「特定事業所加算(I) 500単位」、「特定事業所加算(II)300単位」が分割され、「特定事業所加算(I)500単位」、「特定事業所加 …

no image

重度者対応機能の評価

  今回の「介護報酬改定3つのポイント」の1つでもある「中重度要者のケア」に関する加算が通所リハにも新設されます。サービス提供加算として、看護職員又は介護職員を指定基準よりも常勤換算方法で1 …