病院・診療所からの訪問看護の充実

投稿日:

 訪問看護における中重度の利用者対応として、サービス提供体制に新たな加算が設けられました。主な評価ポイントは、「電話等による常時対応や緊急時の訪問看護体制(緊急時訪問看護加算)」、「特別な管理を必要とする利用者に対して計画的な管理を行う体制(特別管理加算)」、「在宅でのターミナルケアを提供する体制(ターミナルケア加算)」が評価されます。
 
看護体制強化加算(新規) ⇒ 300 単位/月
 
 
※ 算定要件等 (次に掲げる基準のいずれにも適合すること)。
 
 (1) 算定日が属する月の前3月において、指定訪問看護事業所における利用者の総数のうち、
緊急時訪問看護加算を算定した利用者の占める割合が100分の50以上 であること。
 (2) 算定日が属する月の前3月において、指定訪問看護事業所における利用者の総数のうち、
特別管理加算を算定した利用者の占める割合が100分の30以上であること。 
(3) 算定日が属する月の前 12 月において、指定訪問看護事業所におけるターミナルケア加算を
算定した利用者が1名以上であること(介護予防を除く)。
 

 

-

関連記事

no image

居宅介護支援事業所とサービス事業所の連携

 居宅サービス計画に沿った介護サービスが提供されるためには、各サービス事業所における個別サービス計画との連動性や整合性が必要との議論から、介護支援専門員は居宅サービス計画に位置付けた指定サービス事業所 …

no image

おさえておきたい医療・医療保険情報 No.4

介護・医療連携の推進に向けておさえておきたい医療・医療保険関連の最近の動きを紹介します。 高額薬剤の費用抑制でオプジーボの薬価引下げ 高額な薬剤の登場が医療保険財政に与える影響が大きくなっており、その …

no image

事業開始時支援加算の見直し

 小規模多機能居宅介護における事業開始時支援加算の経過措置は2015年3月31日までとなっていました。予定通り廃止されることになりました。   事業開始時支援加算 500 単位/月 ⇒ 廃止 …

no image

通所介護と新総合事業における通所事業を一体的に実施する場合の人員等の基準上の取扱い

 通所介護事業者が、新総合事業における第一号通所事業を実施する場合の運営の基準がまとまりました。通所事業の類型に応じて、以下のとおりになります。   ○通所介護と「現行の通所介護相当のサービ …

no image

中重度の要介護者の在宅生活を支える訪問看護体制の評価

 訪問看護における、もうひとつの中重度対応として、病院とクリニックからの訪問看護が促進され、基本報酬が増額されます。今後予想される看護師の不足を補うためにも、病院・クリニックにも訪問看護サービスの提供 …