中重度の要介護者の在宅生活を支える訪問看護体制の評価

投稿日:

 訪問看護における、もうひとつの中重度対応として、病院とクリニックからの訪問看護が促進され、基本報酬が増額されます。今後予想される看護師の不足を補うためにも、病院・クリニックにも訪問看護サービスの提供が求められています。
 
【病院又は診療所の場合】
(現行)
20 分未満 ttt         256 単位
30 分未満 ttt         383 単位
30 分以上 1 時間未満 tt       553 単位
1 時間以上 1 時間 30 分未満t       815 単位
 
 
(改定後)
20 分未満 ttt         262 単位
30 分未満 ttt         392 単位
30 分以上 1 時間未満 tt       567 単位
1 時間以上 1 時間 30 分未満t       835 単位
 
 
【訪問看護ステーション】
(現行)
20 分未満 ttt         318 単位
30 分未満 ttt         474 単位
30 分以上 1 時間未満 tt       834 単位
1 時間以上 1 時間 30 分未満t       1144 単位
 

 

関連記事

no image

地域連携の拠点としての機能の充実

 地域で高齢者ケアを支えていくため、通所介護施設は地域の連携拠点となるよう期待されています。生活相談員の相談業務の幅を広げられるように専従要件が緩和されることになりました。事業所内に限った利用者からの …

no image

おさえておきたい医療・医療保険情報 No.6

介護・医療連携の推進に向けておさえておきたい医療・医療保険関連の最近の動きを紹介します。 医療計画の報告書まとまる 来年度中に都道府県が策定 平成30年度からの第7次医療計画の策定に向けた厚生労働省の …

no image

実践!訪問介護における対策ステップ!

 STEP3 売上アップの検討 そして最後に着手すべきは売上をあげることです。 もちろん、最初に売上をあげることに着手して頂いても構わないですが、売上をあげるということはその分の人件費、販促 …

no image

送迎が実施されない場合の評価の見直し(通所介護、通所リハビリテーション、認知症対応型通所介護)

 今回の改定から、「利用者が自ら通う」、「家族が送迎する」などの理由で、通所介護事業者が送迎を実施しない場合には、減算の対象になります。    

no image

看護職員の配置要件、他の訪問看護事業所等との連携

 どこの地域でも看護師の不足には悩まされていると思います。今回の改定では、小規模多機能型居宅介護の看護職員が兼務可能な施設が緩和されます。兼務可能な施設・事業所の範囲として「同一敷地内又は隣接する施設 …