中重度の要介護者の在宅生活を支える訪問看護体制の評価

投稿日:

 訪問看護における、もうひとつの中重度対応として、病院とクリニックからの訪問看護が促進され、基本報酬が増額されます。今後予想される看護師の不足を補うためにも、病院・クリニックにも訪問看護サービスの提供が求められています。
 
【病院又は診療所の場合】
(現行)
20 分未満 ttt         256 単位
30 分未満 ttt         383 単位
30 分以上 1 時間未満 tt       553 単位
1 時間以上 1 時間 30 分未満t       815 単位
 
 
(改定後)
20 分未満 ttt         262 単位
30 分未満 ttt         392 単位
30 分以上 1 時間未満 tt       567 単位
1 時間以上 1 時間 30 分未満t       835 単位
 
 
【訪問看護ステーション】
(現行)
20 分未満 ttt         318 単位
30 分未満 ttt         474 単位
30 分以上 1 時間未満 tt       834 単位
1 時間以上 1 時間 30 分未満t       1144 単位
 

 

-

関連記事

no image

おさえておきたい医療・医療保険情報 No.7

介護・医療連携の推進に向けておさえておきたい医療・医療保険関連の最近の動きを紹介します。 29年度政府予算案を提出 社会保障1,400億円抑制 政府は昨年12月22日に平成29年度予算案を閣議決定し、 …

no image

中山間地域等における小規模多機能型居宅介護の推進

 小規模多機能型居宅介護は、「通い」「訪問」も実施していることから、中山間地域に住む利用者に対して、通常の事業の実施地域を越えて小規模多機能型居宅介護を提供する場合に、加算が新設されることになりました …

no image

心身機能訓練から生活行為向上訓練まで総合的に行う機能の強化

 通所介護においても利用者の居宅生活を考慮したサービス提供が求められるようになります。現在の「個別機能訓練加算」が要件が見直しされ、「居宅を訪問した上で計画を作成すること」が追加されることになります。 …

no image

介護予防支援に係る新総合事業の導入に伴う基本報酬の見直し

 総合事業の導入に伴い、基本報酬が評価されることになりました。指定介護事業者以外の主体者がサービスを行う事も前提とされているため、今後は予防プランにも様々な企画が求められていくでしょう。ボラ …

no image

活動と参加に焦点を当てた新たな評価体系の導入

  今回の改定により「生活行為向上リハビリテーション実施加算」が新設されます。ケアマネから通所リハビリテーションが必要と判断された場合か、肺炎などの症状があって、医師が認めた利用者に対してサ …