中重度の要介護者の在宅生活を支える訪問看護体制の評価

投稿日:

 訪問看護における、もうひとつの中重度対応として、病院とクリニックからの訪問看護が促進され、基本報酬が増額されます。今後予想される看護師の不足を補うためにも、病院・クリニックにも訪問看護サービスの提供が求められています。
 
【病院又は診療所の場合】
(現行)
20 分未満 ttt         256 単位
30 分未満 ttt         383 単位
30 分以上 1 時間未満 tt       553 単位
1 時間以上 1 時間 30 分未満t       815 単位
 
 
(改定後)
20 分未満 ttt         262 単位
30 分未満 ttt         392 単位
30 分以上 1 時間未満 tt       567 単位
1 時間以上 1 時間 30 分未満t       835 単位
 
 
【訪問看護ステーション】
(現行)
20 分未満 ttt         318 単位
30 分未満 ttt         474 単位
30 分以上 1 時間未満 tt       834 単位
1 時間以上 1 時間 30 分未満t       1144 単位
 

 

-

関連記事

no image

小規模通所介護が今後打つ手とは?

小規模通所介護だけに固執しない    しかし、個人的におススメしたいのは小規模通所介護だけに固執するのではなく、他事業に積極的に打って出るという考え方をして頂ければと思います。 ここで言う他 …

no image

質の高いケアマネジメントを実施する事業所の評価の推進

 質の高いケアマネジメントを提供する事業所を評価するため、現在の「特定事業所加算(I) 500単位」、「特定事業所加算(II)300単位」が分割され、「特定事業所加算(I)500単位」、「特定事業所加 …

no image

福祉用具における改定のポイント

 介護給付費分科会の中では福祉用具の報酬・基準について下記の2点が論点としてあげられています。   ○介護人材確保の観点から、介護従事者のイメージアップとして、ロボット介護が出来る、テクノジ …

no image

要支援2の要件見直し

  今回の改定では、特定施設生活介護では、体制強化加算・認知症専門ケア加算が創設され、重度化への対応が期待されています。そのような流れのなかで、要支援2に対する要件が緩和されます。 &#16 …

no image

「特別養護老人ホーム」の職員に係る専従要件の緩和

 地域包括ケアシステムの目的の一つである地域貢献活動の実現に向けて、特別養護老人ホームの職員に係る「専従」の要件の解釈通達がでて、地域活動がしやすくなります。   現状の問題点としては、特別 …