訪問看護ステーションにおけるリハビリテーションの見直し

投稿日:

 訪問看護におけるリハビリテーションは、看護業務の一環として位置づけられていますが、訪問リハビリテーション事業所からのサービス提供と内容が類似しているといった実態報告があります。このような背景を基に、訪問介護と同じ水準に点数を減算する形になりました。
 
【理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の場合 】
318 単位/回   →  302 単位/回
 

 

-

関連記事

no image

短期集中リハビリテーション加算と個別リハビリテーションの見直し

 「短期集中リハビリテーション実施加算」に見直しが入りました。リハビリテーションマネジメント加算が個別化したことにより、早期かつ集中的な介入を行う部分について評価が平準化されることになります。 &#1 …

no image

心身機能訓練から生活行為向上訓練まで総合的に行う機能の強化

 通所介護においても利用者の居宅生活を考慮したサービス提供が求められるようになります。現在の「個別機能訓練加算」が要件が見直しされ、「居宅を訪問した上で計画を作成すること」が追加されることになります。 …

no image

おさえておきたい医療・医療保険情報 No.1

介護・医療連携の推進に向けておさえておきたい医療・医療保険関連の最近の動きを紹介します。 社会保障関係費の抑制で高額療養費など見直しへ 政府は来年度予算編成に向け、社会障関係費を抑制するための議論を進 …

no image

同一建物に居住する者へのサービス提供に係る評価の見直し

 介護給付費分科会で報告された、サービス提供状況によると、1週間におけるサービスの提供時間は、戸建ての利用者で2,921分、集合住宅で2.501分、サ高住等で1,534分でした。また、利用者1人あたり …

no image

介護事業所|施設でのマイナンバー取扱い

施設における利用者さんのマイナンバー対応をまとめた外岡弁護士の資料を見ながら、具体的な取扱いを確認してみます。利用者さんの居所が施設の場合は、施設に書留にてカードが送られてきます。居所登録が自宅の場合 …