介護保険の財政における課題

投稿日:

利用者の増加と費用の抑制

 税収を担保する方法として、介護保険法の改正により平成27年8月から利用者負担が1割から2割(利用者世帯の収入制限あり)に引き上げられます。医療費の負担が1割だった時代を覚えているでしょうか。その医療費も今や3割負担の時代です。介護保険の利用率も、さらに上がる可能性もあるでしょう。また、来年には消費税が10%になる予定ですが、これも社会保障費に充てられるでしょう。
 
介護保険の費用負担を抑制する方法として、介護予防・日常生活支援総合事業(以下:総合事業)が導入されます。総合事業とは主に要支援の方たちに向けたサービスで、介護認定を受けずに利用できたり、地域のボランティアを活用した住民主体の支援ができるような、保険財源に頼らない仕組みづくりが始められています。

介護事業への影響は

 2015年の介護報酬改定では認知症や重度の方への対応に重点が置かれて、基本報酬といわれるベースの部分が減少傾向にありました。認知症や重度の方への対応、人員配置を満たした質の高いサービス提供体制の構築など、加算がついているものは、全てとりにいくような姿勢がないと、保険の報酬だけで事業を継続していくことが難しくなっていくでしょう。

■参考資料
社会保障・税一体改革について 厚生労働省
 
介護予防・日常生活支援総合事業ガイドライン案(概要) 厚生労働省

-

関連記事

no image

中山間地域等における小規模多機能型居宅介護の推進

 小規模多機能型居宅介護は、「通い」「訪問」も実施していることから、中山間地域に住む利用者に対して、通常の事業の実施地域を越えて小規模多機能型居宅介護を提供する場合に、加算が新設されることになりました …

no image

サービス提供責任者の配置基準等の見直し

 中重度の要介護者等に対する支援の観点から人員基準を上回る常勤のサービス提供責任者を配置した場合に新設される「特定事業所加算IV」によって加算がつきます。現在の加算Iと加算IIの要件である「訪問介護員 …

no image

養護老人ホームにおけるサービス提供のあり方の見直し【介護予防を含む】

 高齢者の増加の伴い、養護老人ホームの役割拡大が期待されています。個別に要介護者に対する訪問介護サービスを提供するだけではなく、施設自体に介護職員等を配置して、効率的なサービス提供ができる「一般型」に …

no image

どうする?新しい総合事業に参入するべきか、否か?

  事業者さんとして気になるところは、以下の2点だと思います。 1.t要支援の方へのサービスが継続できるかどうか 2.t自社として総合事業に参入すべきかどうか   1.現行の要支援 …

no image

保険外サービスを考える

 保険外サービスを考える  介護給付費の増加に伴うように、シニア向けの市場は拡大しています。保険を入り口としながらも、事業者として独自の保険外サービスメニューを考え、保険と保険外を組み合わせ …